雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 保険等を使って直したいですよね。

保険等を使って直したいですよね。

できることなら保険等を使って直したいですよね

火災保険や瑕疵担保責任保険についてのご相談、修理等も承ります。

屋根雨漏りのお医者さんに安心してお任せ下さい。 台風や大風、ヒョウ等で
・屋根の一部が飛ばされた、
・何かが飛んできて穴が空いてしまった
・樋が飛ばされた

等々、
自然災害でおきたトラブルに対しては、火災保険を使うことができます。
私たち「屋根雨漏りのお医者さん」は、 火災保険を使った工事に関しても、多くの事例を経験しています。
一言ご相談いただけましたら、 私たち「屋根雨漏りのお医者さん」が、これまでの事例、経験を元に、アドバイスさせていただきます。

専門家が責任を持ってアドバイスいたします。

また、築10年までの住居で不具合が生じた場合、瑕疵担保責任保険を使えることがあります。
また、平成21年10月以降に引き渡された物件に関しては、必ず保険にはいるか、建築業者によって供託金が積まれていますので、保険等によって直せる可能性が高くなります。

基本的には、建築した業者が存在している場合には、その業者が責任をもって修理をすることになるのですが、 どうしてもその業者を信頼できなかったり、その業者がすでに倒産してしまっている場合には、
まず、屋根雨漏りのお医者さんへご相談下さい。

こういったことに関しても、責任をもってアドバイスさせていただきます。

保険適用に関して、保険を使う側にとって非常に嬉しいこと

・保険を使っても保険料は変わらない。
・保険は2年前にまでさかのぼって請求できる

火災保険を使う者にとって、こんなに嬉しいことが2つもあります。
なので、もちろん使えるかもしれない場合には、保険を使うことをお勧めしますし、
我々としても、使うことをお勧めする場合が結構あります。
気を付けたいのが、20万円以下の工事では適用されない! という保険が多いことです。
そのへんはきちんと火災保険の書類を確認するか、
まずは、書類を準備した上で、私たち屋根雨漏りのお医者さんへご相談下さい。

雨漏りを火災保険でゼロ円で直します!ということについて

「火災保険でゼロ円で直します!」と謳っているところがありますが、
どうしても、ちょっとグレーな感じだな~という感覚が拭えません。

確かに、適応できるケースであれば問題なくそのとおりの場合もあるのですが、
サイトによっては、そこに載っている修理されたあとの家を見るかぎりでは、
その保険適用になった箇所以外を直しているにもかかわらず、
「ゼロ円で修理しました!」
と言っているのではないかな、と思うようなものが結構あるのです。

それをするためには、見積もりを相当高く保険屋さんに出して、
実際には安い工事をして、その残りで保険適用以外の部分をまかなう、
そうしなければ、ゼロ円で修理するのは難しいはずです。

もちろん、工事を依頼する方としては、お金がかからず、
今までお金を出して入っていた保険を使って修理ができるのですから、
どういう形であろうと嬉しいには間違いないのですが、
そこにちょっと胡散臭さを感じてしまいます。

また、もしそれが保険金詐欺の1つとして訴えられるようなことがあれば、
それを仕組んだところだけでなく、お客様も巻き込んでしまうかもしれない。
そんなところにも、ちょっとつらい気持ちを感じるのです。

とにかく、見に来てもらう業者をきちんと選定して信頼出来る業者を選んで下さい。
もし、どんな業者がいいのか分からなければ、資格、会員証等を見せてもらって下さい。

そして、その業者ときちんと相談をして、一番いい形で、屋根を修理されることを
私たちとしては願うばかりです。

どうしてもその業者を信頼できなかったり、信頼出来る業者をお探しであれば、
まず、屋根雨漏りのお医者さんへご相談下さい。
屋根雨漏りのお医者さん フリーダイヤル
clear