雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 兵庫県の雨漏りドクター 江端です。「雨漏り対策(築15年位の家の場合)」

兵庫県の雨漏りドクター 江端です。「雨漏り対策(築15年位の家の場合)」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

兵庫県の雨漏りドクター 江端です。「雨漏り対策(築15年位の家の場合)」

■「雨漏り対策(築15年位の家の場合)」
築15年くらいの家の雨漏り対策を行うとしたら、屋根の種類にもよりますが、
まずは点検ですね。例えば、瓦屋根でしたら、瓦自体と漆喰の状態を見てもらい、
特に問題がなければ今すぐに工事などをする必要はないと思います。

点検で瓦を部分的にめくってみると、わかることがあるんです。
今は漏っていなくても、風の強い時などに多少の雨は入ってきているんですね。
その水が流れた跡がルーフィングという防水紙の上にできるんです。

その水の跡が発見されれば、要注意です。漏れていなくても、屋根の下地の木材に
雨がしみ込んでいて、部屋の中までは落ちてきていなくても多少は入ってきていることが
考えられます。それが漏れ始めてからでしたら、下地の木材が腐食している可能性も
ありますので、まずは点検を専門業者に依頼されるのが良いと思います。

また、カラーベストの瓦の場合は、立地条件にもよりますが、大体10年くらい経つと
漏れていなくても色あせてきますので、塗装されるお客様が多いんですね。

ですが、下手に塗装をしてしまうと、見た目にはきれいになるのですが、
重ね部分の瓦の継ぎ目まで埋めてしまって水が外に出なくなり、逆に雨漏りを
させてしまうということがあるんです。ですので、やはりカラーベストの場合も、
まずは点検をされた方が良いです。

特に現時点で漏れていないということでしたら、そのままでも大丈夫な場合もありますが、
例えば、屋根の塗装がはげてきて見栄えが悪いのでどうにかしたい、また今後できるだけ
屋根を長持ちさせたいという場合は、カバー工法のように屋根を覆ってしまう工法を
検討されることをお勧めいたします。

雨漏り対策でご不明な点がありましたら、遠慮なくご相談ください。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear