雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 愛知県の雨漏りドクター 蟹江です。「カラーベスト[カバー工法]の様子」

愛知県の雨漏りドクター 蟹江です。「カラーベスト[カバー工法]の様子」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

愛知県の雨漏りドクター 蟹江です。「カラーベスト[カバー工法]の様子」

■「カラーベスト[カバー工法]の様子」
カラーベストの屋根に複数のひびが入っていて、そこからの雨漏りを心配されていたお客様宅の施工事例を挙げて、当社が行っているカラーベストのカバー工法についてご説明します。

皆さんご存知の通り、カラーベストにはアスベストが含まれています。塗装の際に高圧洗浄をしたりすると、アスベストが舞って近隣にご迷惑をかけることもあるため、敬遠する方も多いかと思います。ですが当社では、その有害物質を完全に封じ込めることのできる封印工法を採用しています。

まず、カラーベストの上に粘着シートを一面に貼ります。これは屋根の防水処理剤も兼ねており、これを貼ることで、アスベストの飛び散りを完全に防止することが可能となります。この下地処理が、アスベストを封印する上で最も大切な工程なんです。
その上に新しい屋根材を張っていきました。この時に使用したのは、裏に断熱材が付いている屋根材です。カラーベストはどうしても天井裏に熱い空気を伝えてしまいますが、これにより断熱効果を向上させることができました。

そして当社の一番の特徴と言えるのが、棟を止める木です。昔は木材を使っていたのですが、腐ってしまい台風のときに棟が飛んでしまうという風害があるので、当社では樹脂の棟木を使用しているんです。それによって台風の際にも棟が飛んでいく心配がないわけです。その後棟材をかぶせて、のし材をかぶせて終了です。
まるで新築のようにきれいになりました。良い屋根材を使用した場合、おそらく家が存続する間はずっと屋根のメンテナンスは不要ですね。

実はこのお客様は、インターネットでいろいろな業者さんを探されていて、当初は値段勝負というお話をされていたのですが、この屋根材の耐久性や当社の工法など、当社にご依頼いただくメリットについてお話をさせて頂いたところ、通常より値段は高くなったのですが、結局このカラーベストのカバー工法での施工を選択されました。
施工後の出来上がりをご覧頂いたところ、大変満足して頂き、その他のメンテナンスのお仕事も任せていただいております。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear