雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 愛知県の雨漏りドクター 蟹江です。「最初に屋根に上がったころ」

愛知県の雨漏りドクター 蟹江です。「最初に屋根に上がったころ」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

愛知県の雨漏りドクター 蟹江です。「最初に屋根に上がったころ」

■「最初に屋根に上がったころ」
私が最初に屋根に登ったのは、小学校低学年の頃のことです。
私の家は代々、110年続く屋根・壁の業者なのですが、夏休みになると、現場についていくのが好きで、よく職人さんと一緒に現場に行き、毎回足場の上に登るなどして遊んでいました。

現場だけでなく、自宅の3階建ての倉庫の上にも、よく登って遊んでいました。横の壁についていたはしごを使って屋根に登るんですよ。すると近所の人から「小学生の子どもが屋根に登って遊んでいる」と通報され、母にひどく怒られたのを覚えています。階段で簡単に登れるような屋根ではなく、はしごをつたって登らなければならないような屋根でしたから、近所の人が驚かれたのだと思いますが、小学生の頃から高いところは平気でしたし、屋根の上で遊ぶのが大好きな少年でした。

こんなに小さい頃から現場についていく、というのも珍しいかもしれませんが、私は小さい頃からものづくりが好きだったんですね。ですので、現場でなくても、加工工場などにも一緒について行っていました。ステンレスの板を加工してナイフを作ったりして遊んでいました。子どもの頃はチャンバラごっこなどをして遊ぶと思うのですが、実際に切れる刀を使って遊んでいたんです! いい思い出です。

このように、子どもの頃からの興味と経験を生かして、今は屋根雨漏りの修理という大好きな仕事をさせていただいています。きっと、屋根雨漏りでお困りのお客様のお役に立てると思いますので、ぜひ一度ご相談ください。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear