雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 岐阜県の雨漏りドクター 加藤です。「雨漏りの原因」

岐阜県の雨漏りドクター 加藤です。「雨漏りの原因」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

岐阜県の雨漏りドクター 加藤です。「雨漏りの原因」

■「雨漏りの原因」
あまり知識のない業者さんが雨漏り修理を行った場合、水の出口まで塞いでしまい、中に入った水の出口がなくなって室内にひどく漏るというケースがありました。

たとえば、瓦屋根のコーキング工事で全部を埋めてしまったケースです。この工事自体は悪いものではなく、瓦のズレを防止できて、瓦の浮きもなくなりますので、風に乗って雨が入るということを防げます。ただ、全部埋めても水が完全に入らないようにすることは不可能で、必ずどこからか入ってくるものなんですね。ですので、全部埋めてしまうと、今度は入った水の出口がなくなってしまい、結局室内に漏れてしまったというわけです。
私が相談を受けて屋根に登って見てみると、すぐに原因が分かりました。
昨年はこのケースが2件ほどありました。

瓦の隙間は、水を抜くためのものでもあるのです。瓦の縦横すべてにきちんとコーキングをしたとしても、いずれは水が入るようになります。その際に、本来ならば隙間があって水が抜けていくはずなのに、たまってしまうんです。ある一定量以上たまると、建物側に水が流れてしまうということです。

カラーベストでも同様です。縦にスリットが入っていますので、そこからの水の浸入はいかにうまくコーキングをしても防げません。雨が漏るからと、横の重ね部分にまでコーキングが打たれている場合があるのですが、逆に水の出口を塞ぐことになり、最終的に抜けるところが建物の中になってしまいます。
これが屋根やカラーベストで一番多い雨漏りの原因です。

入った水をいかに逃がすか、これが屋根雨漏り修理の基本ですね。それをわかっているかどうかが、屋根雨漏りを修理できるかどうかに関わってきますから、業者さんを選ばれる際には、確かな知識と技術を持った専門業者を選んでくださいね。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear