雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「コロニアル・カラーベスト屋根の修理事例」

埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「コロニアル・カラーベスト屋根の修理事例」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「コロニアル・カラーベスト屋根の修理事例」

■「コロニアル・カラーベスト屋根の修理事例」
今回は、埼玉県ふじみ野市での雨漏り修理事例をご紹介します。

雨が降るたびに、量は少ないけれども毎回必ず雨漏りしてしまうということで
お問い合わせをいただき、修理にお伺いしたお宅です。

こちらは、コロニアル/カラーベストの屋根だったのですが、画像をご覧いただくと
わかるように、屋根材の重なった部分の隙間に、長年の間にたくさんの土埃が溜まり、
詰まってしまっていました。見た目では傷みがない状態の屋根なのですが、
溜まった土埃が雨水を吸い上げてしまって、雨漏りにつながってしまったんですね。
つまり、屋根には損傷はないけれど雨漏りをしてしまうというケースでした。

屋根は何十段にも重ねて葺いてありますので、たとえば1枚の屋根材がたった1滴の
雨水を吸い上げただけだとしても、全体的にはそれなりの量になってしまうのでは
ないかと思います。

この土埃をきれいに掃除すれば雨漏り自体は直るのですが、そのためには屋根を
はがさなければなりません。屋根材は釘止めがしてありまして、釘を抜くと
どうしても割れてしまう屋根材なので、一度はがしてしまうと再使用は出来ないんです。
また、屋根をはがさずに掃除することは物理的に不可能ですので、修理方法としては
新しい屋根に張り替えるしかありませんでした。

金属製の屋根に葺き替えさせていただきましたので、今後は一切、雨漏りの心配は
ないと思います。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear