雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「雨漏りの応急処置」

埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「雨漏りの応急処置」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「雨漏りの応急処置」

■「雨漏りの応急処置」
雨漏りの応急処置は、基本的には屋根の種類によって違ってきます。
金属屋根や瓦屋根の場合は、原因となる部分の修理がしやすいです。
しかし、コロニアルやカラーベストの場合には、基本的に応急処置はできません。

屋根の下に防水シートが釘止めしてありますので、防水シート自体に屋根がくっついて
いるパターンが多いため、熱の影響を受けやすくなり、防水シートが傷みやすいという
傾向があるんです。ですので、防水シートが切れたりひび割れたりしている事が
非常に多いのですが、下の方から葺き上げて、かつ釘で固定していますので、
その一部分だけを交換するということができないんです。

見えている範囲だけが雨漏りしているわけではなく、何枚も重なっていますので、
その隙間から雨水が入り込み、上の方に吸い上げられて中に入ってくるという場合も
ありますので。

ブルーシートで屋根全体を覆うという応急処置はありますが、屋根の構造等によっては、
はしごで上れない場合もありますので、そのような時は足場をかける必要があります。
足場をかけるだけでもお金がかかってしまいますので、応急処置だけのために
それをやるのは現実的ではないと思います。

ですので、コロニアルやカラーベスト屋根で雨漏りしてしまった際には、本格的に
工事をすることを覚悟された方がいいかと思います。

お客様自身で行う応急処置については、やはり屋根の上は危ないですので、基本的には
ご自身ではやらずに、我々のような専門業者に依頼されるのが一番良いと思います。
屋根に上られて、ケガでもされたら大変です。
埼玉県内のお客様でしたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear