雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「埼玉県桶川市の雨漏り修理事例」

埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「埼玉県桶川市の雨漏り修理事例」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「埼玉県桶川市の雨漏り修理事例」

■「埼玉県桶川市の雨漏り修理事例」
今回は、埼玉県桶川市での雨漏り修理事例をご紹介します。

雨漏りをして数日経ってからお伺いしたのですが、画像をご覧いただくとわかるとおり、
屋根の真裏に白く跡が残っていました。この事例のように、乾いた状態でも、雨漏りした
箇所を確認することができる場合もあります。
こちらのお宅は、雨が強い時には洗面器で受ける必要があるくらい、家の中は雨漏りを
していたそうです。

また、ベランダ部分の防水にもひびが入って、そこからも雨漏りしてしまっていました。
下地から完全に剥がれてしまっていたため中を確認したところ、下の木が完全に腐って
しまって穴が開いていました。

この場合の雨漏りのメカニズムをご説明すると、まず防水層が紫外線による劣化で傷んで
ひび割れを起こし、それが大きくなり、恐らく太陽熱などの影響もあるのでしょうが、
割れた部分が下地から剥離してしまい、そこから水が入って染みるようになってしまったんです。
そして何年もかかって木材が腐ってしまって、穴が開くまでの状態になったということです。

このお宅の場合は、コスト的にも状態的にも部分補修の方がよいという判断で、
傷んだ部分のみを合板で補修をさせていただき、雨漏りを止めてさし上げました。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear