雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「自分が一人前になったと感じたのは?」

埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「自分が一人前になったと感じたのは?」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

埼玉県の雨漏りドクター 加藤です。「自分が一人前になったと感じたのは?」

■「自分が一人前になったと感じたのは?」
私は21歳の時に弟子入りして、親方から独立させてもらったのが5年後の26歳の時です。
約6年近く修行をして、独立させていただきました。そのときには、自分も一人前になれたと
思ったのですが、後になって考えると、その当時は全く一人前とは言えなかったですね。
まだまだ半人前でした。

ようやく自分自身が一人前になれたと感じたのは、その後、結婚して30歳を過ぎた頃です。
独立してちょうど5年後くらい、この仕事を始めてから10年経った頃でしたね。

1つのところでやれる仕事というのはどうしても幅が狭く、限られた内容になってしまいます。
独立してからは、現場も含めてそれまではやってこなかったさまざまな仕事もするように
なりました。そうした中でいろいろな屋根の仕事を数多く経験しましたし、独立してから
覚えた仕事もたくさんあります。
それで初めて、ようやく一人前になれたと感じることができたように思いますね。

今では自分の仕事に誇りと自信を持っています。屋根雨漏りでお困りの際には、ぜひ一度、
私にご相談ください。きっとお役に立てると思います。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear