雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 群馬県の雨漏りドクター 木村です。「雨漏りしにくい家とは?-2」

群馬県の雨漏りドクター 木村です。「雨漏りしにくい家とは?-2」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

群馬県の雨漏りドクター 木村です。「雨漏りしにくい家とは?-2」

■「雨漏りしにくい家とは?-2」
もしこれから新築を建てられるのであれば、私の経験上、平板の瓦などは
あまりお薦めはしません。最近一般的になってきた太陽光発電ですが、当然のことながら、
太陽光を乗せても雨漏りをより少なくできる屋根材にした方がいいと思うんですね。
そういう意味では、平板の瓦ですと、屋根自体に直接ビスを打たないと設置できない
ですので、どうしても雨漏りの原因になってしまうケースが多々見られるんです。

今は新築の時に太陽光を設置しないとしても、後々すべての家に太陽光を設置する
時代が来てしまった時に、屋根を替えなければならないということになると、
費用もかかりますから、できれば最初からそういった屋根を選ばないことをお勧めします。
普通の洋瓦や板金の屋根などがお勧めです。

その他、天窓から雨漏りするというケースも結構多いです。その場合、天窓の周りの
屋根から漏るよりも、天窓のサッシ自体から雨漏りをしていることが多いんです。
サッシは工場で作られているため、漏れないと思われがちですが、
天窓のサッシの留め口が甘かったりなどして、雨漏りした例が何件もありました。
そういった場合、多くのお客様から、天窓はもういらないので塞いで欲しいと言われますね。

屋根のことでお困りの際には、是非ご連絡くださいね!
屋根雨漏りのお医者 お問い合わせ
clear