雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 大分県の雨漏りドクター 松下です。「仕事を始めた頃の話」

大分県の雨漏りドクター 松下です。「仕事を始めた頃の話」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

大分県の雨漏りドクター 松下です。「仕事を始めた頃の話」

■「仕事を始めた頃の話」
私は高校を卒業して、父のところではなく、紹介して頂いた板金屋さんの
見習いとしてこの仕事を始めました。

最初は、はさみもうまく使う事が出来ず、先輩達の姿を見て、
よくこんなに上手にはさみを使えるなあと感心していました。
自分も早く上手に使えるようになりたくて、夜、仕事が終わった後で
練習したりもしましたね。

当時は、仕事も忙しく夜まで仕事がありましたので、
その後10時、11時頃からこっそり練習していました。

その後一度、父の所に戻ったのですが、父と衝突してしまい、また他にすぐに移りました。
その事業所で5年くらいお世話になりまして、そして最終的に父のところに戻り、
平成12年4月から、また一緒に仕事を始めました。

現在は、独立して代表者として1人でやらせていただいています。
これまでに、たくさんの屋根雨漏りを修理させていただきました。
そのおかげで、他の方には負けない豊富な経験、そしてスキルを身に付けることができました。

雨漏りでお悩みのお客様、ご相談をお待ちしております!
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear