雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 大分県の雨漏りドクター 松下です。「初めて屋根に上ったとき」

大分県の雨漏りドクター 松下です。「初めて屋根に上ったとき」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

大分県の雨漏りドクター 松下です。「初めて屋根に上ったとき」

■「初めて屋根に上ったとき」
私が最初に屋根に上ったのは、17歳の高校生のときですね。
父にちょっと手伝ってくれと頼まれたんです。

確かガソリンスタンドの屋根だったと思いますが、その時初めて屋根の上に上りました。
高さは5メートルくらいはあったと思いますので、結構高いですよね。

そのときのことで、すごく鮮明に記憶に残っているのが、父がちょうど溶接をしていた時に
雷が鳴り始めたんですが、それにもかかわらず父はそのまま作業を続けていたんです。

それを見て、「お父さんはこういう感じでお仕事をして、
自分達を学校に行かせてくれているんだなあ」とありがたく思いました。

その後、私も父と同じ仕事を選び、今では独立して、これまでにも数多くの雨漏りを
修理させていただきました。この仕事に関しては、誰にも負けない知識と経験、
そして高い技術を持っていると自負しております。

雨漏りでお困りの際には、是非とも私にご相談ください。
状況に応じた的確なご提案をさせていただきます。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear