雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 茨城県の雨漏りドクター 村田です。「雨漏りしやすい家とは?」

茨城県の雨漏りドクター 村田です。「雨漏りしやすい家とは?」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

茨城県の雨漏りドクター 村田です。「雨漏りしやすい家とは?」

■「雨漏りしやすい家とは?」
屋根雨漏り修理の専門家としての立場から、雨漏りしやすい家とはどんな家なのか
についてお話をいたします。

雨漏りしやすい家というのは、とにかく複雑な形状の屋根、複雑な納まりのある建物なんです。
建物や屋根の形が複雑ですと、屋根と壁の納まりの部分から雨漏りが発生しやすく
なりますので、シンプルな形の家に比べて、やはり雨漏りしやすいと思います。

その他は、外壁がALC(気泡コンクリート版)の建物の場合、目地の部分を
コーキングしてあるのですが、その部分が経年劣化するのに伴い、そこから雨漏りする
というケースが多いですね。

ですので、形が複雑だったり、外壁がALCのお宅は、今は雨漏りしていなくても、
早めにメンテナンスされることをお勧めいたします。
どうしても経年劣化はしてしまいますので、定期的に専門の業者に点検を依頼するなど、
雨漏り対策は欠かせないでしょう。

わが社も点検は無料で行っております。
雨漏り対策のご相談も含めて、点検やご相談はいつでも承っておりますので、
お気軽に村田までご連絡ください。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear