雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 三重県の雨漏りドクター 小田です。「この仕事を始めたきっかけ」

三重県の雨漏りドクター 小田です。「この仕事を始めたきっかけ」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

三重県の雨漏りドクター 小田です。「この仕事を始めたきっかけ」

■「この仕事を始めたきっかけ」
私がこの仕事を始めたきっかけは2段階あるんです。
まず1段階目は、父が板金業でしたので、昔風の言い方をすれば、
職人の子供なのだから、父親の仕事を継ぐのは当然だと言われて育ったことです。
そのため、物心ついた頃から、「お前は親父と一緒に仕事をするんだ」というような
教育をされてきましたね。

そういう意味では、小さい頃から自分は父の仕事を継ぐものだと思っていました。
高校進学の時も、自然に建築科を選んでいました。
ほかの選択肢は考えもしませんでしたね。

ですが高校を卒業する時に、進路を決めるにあたって、父親の仕事以外の
選択肢が出てきました。当時私はギターやバンドを趣味でやっていましたので、
そういった音楽の方面に進みたかったんですね。

一番やりたかったのは、音響関係のレコーディングエンジニアです。
それで、東京に行きたいと申し出たんですが、担任の先生には怒られましたし、
両親からは反対というレベルではなく、全く相手にもされませんでした(苦笑)。
これが2段階目ですね。私はかなり本気で東京に行きたかったのですが…。

それ以外の仕事で将来を考えた時に、仕方ないのでとりあえずなっておくか
という気持ちで始めたのが、父親の板金業でした。
当時は、1年か2年で辞めるつもりだったんですが、結局30年続いたというわけです。

今では、この仕事が好きですし、自分でこの仕事が一番いいと思っています。
お客様の雨漏りを直して喜んでいただく、もっと言えば、感動していただけるというのが
本当に私にとってはうれしいことですので、この仕事を一生続けていきたいですね。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear