雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 三重県の雨漏りドクター 小田です。「最初に屋根に上った時」

三重県の雨漏りドクター 小田です。「最初に屋根に上った時」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

三重県の雨漏りドクター 小田です。「最初に屋根に上った時」

■「最初に屋根に上った時」
私が一番最初に屋根に上ったのは、確か小学校高学年の頃ですね。
父親が板金業をやっていまして、夏休み等になると手伝いに連れて行かれたんです。
小学生ですから、手伝いとは言ってもきちんとした手伝いには
なっていなかったでしょうが、物理的に上ったのはこの頃が最初でしたね。

仕事として初めて屋根に上ったのは、高校を卒業してからですので18歳の時です。
それからかれこれ30年、この仕事をさせていただいています。

最初に屋根に上ったときの印象は、これと言って特になかったですね。
高い所が怖いとか、すべるから危ないといったことは、昔からなかったんです。
一度、瓦屋根の上を走った事がありまして、一緒に現場で仕事をしていた瓦屋さんに
「走ったら危ないぞ! 落ちるぞ!」と怒られてしまいました(笑)
そのくらい、屋根の上の恐怖心というのは全くなかったですね。

ただ、高所は大丈夫なんですけど、ジェットコースターは駄目なんです(笑)。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear