雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 千葉県の雨漏りドクター 斎藤です。「雨漏り修理で多いのは?」

千葉県の雨漏りドクター 斎藤です。「雨漏り修理で多いのは?」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

千葉県の雨漏りドクター 斎藤です。「雨漏り修理で多いのは?」

■「雨漏り修理で多いのは?」
これまで行ってきた雨漏り修理の中で一番多いのは、ベランダ周りからの雨漏りですね。
もちろん、ベランダは防水工事をしてあるのですが、床からサッシまでの高さが
足りなかったり、雨を浸入させないようにするための部品が地震等で割れてしまって
いたりしますし、仮に割れていても、なかなか気づかないものなんです。

床からサッシまでの高さは、建てられたときからもちろん変わりませんが、
サッシの下のコーキングが劣化するなどして、何年か経ってから出てくる雨漏りも
あります。

また、初めから漏っていても、お客様が気づかないという場合もあるんです。
量が少ないと何年も気づかないままになり、床がグズグズになって初めて気づくという
ケースですね。そのためベランダ周りは要注意です。

その次に多いのは瓦屋根でしょうね。瓦屋根は重ねてあるだけですので、
どうしても水が入ってしまうんですね。
最近の新築の家の場合には、ちゃんと水が抜けるような対策がされているのですが、
20年も前の家の場合、その対策がなされていないケースも多いんです。
瓦の水止めがゴミなどで詰まっていたりして、雨が入る場合もあります。

そういう雨漏りに関しては、瓦をめくって下地を直すなどの修理が必要になります。

このように雨漏りの原因には、いろいろなケースがあります。
雨漏り修理は、多様な雨漏りを直してきた私どもプロにお任せください。
確実に雨漏りを止めてみせますので、ご連絡をお待ちしております。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear