雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 愛媛県の雨漏りドクター 篠浦です。「愛媛県の雨漏りの傾向」

愛媛県の雨漏りドクター 篠浦です。「愛媛県の雨漏りの傾向」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

愛媛県の雨漏りドクター 篠浦です。「愛媛県の雨漏りの傾向」

■「愛媛県の雨漏りの傾向」
愛媛県の雨漏りの傾向についてですが、私がこれまでに修理をしてきた経験では、
セメントを固めて瓦にしたセメント瓦の雨漏りが多いですね。

現在ではメーカーが製造をやめてしまっていますので、このセメント瓦はないのですが、
古い物件で使っていることがあるんです。その瓦が劣化して割れてしまって
雨漏りするというケースが結構ありました。

セメント瓦は作っているメーカーがもうありませんので、完璧に雨漏りを直すには、
屋根の全面葺き替えしかないかと思います。古い物件になりますので、
下地まで傷んでしまっていることが多いと思いますので、やはり全面葺き替えが
最善策ですね。ただ応急処置で良いのでしたら、コーキングを塗るなどして
対処することは可能です。

それから純和風の住宅で入母屋造りというものがありまして、立派な造りなのですが、
細部の収まりが悪くて雨漏りしてしまうというケースも結構あります。
この入母屋造りの家で、設計ミスと言いますか、下地の段階で屋根と壁の順番が
違っていることが何件かありました。そのため屋根を伝ってきた水が
そのまま中に入ってしまう構造になってしまっていたんですね。
この場合は、隙間を埋めたり、屋根と壁のぶつかる部分をやり直すしかないと思います。

また、普通の日本瓦の屋根のお宅で、凍害といいまして、冬場に湿気を含んで凍って
瓦が割れたり弾けてしまって雨漏りするというケースもあります。

どのようなケースでも、私の豊富な経験を生かして的確な修理をさせていただきます。
症状が深刻になる前に、なるべく早めにご相談いただければ幸いです。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear