雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 愛媛県の雨漏りドクター 篠浦です。「雨漏り修理 全面改修か?補修か?」

愛媛県の雨漏りドクター 篠浦です。「雨漏り修理 全面改修か?補修か?」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

愛媛県の雨漏りドクター 篠浦です。「雨漏り修理 全面改修か?補修か?」

■「雨漏り修理 全面改修か?補修か?」
雨漏り修理をされる場合に、全面改修がいいのか部分補修した方がいいのか、
皆さん結構迷われます。

私のお客様の中には、この建物はあと2年で取り壊すから、今回は補修で良いと
おっしゃる方も結構おられます。ですので、その建物をあと何年使いたいかというのが
判断する際の基準になると思います。

ただ、建物全体のことを考えますと、屋根を全面改修して、根本から雨漏りを
止めてしまうという措置が、建物が一番長持ちすると思いますね。

ですが、やはりお金はかかりますので、あと2年~3年持てばよいというのであれば、
部分補修でごまかしながらやっていく方法も1つだとは思います。
やはり、その建物を後どれくらい使いたいかを基準にして検討されるのが
良いのではないでしょうか。

あと30年使えるのであれば使いたいのだけど、全面改修のお金がないという場合、
部分補修ですと、その周辺からまた雨漏りが発生することもありますので、
被害がどんどん拡大していく可能性があります。そのため、傷口が小さいうちに
完全に直してしまって雨漏りを止めた方が、将来的なことを考えると安く済ませられる
ということもありますので、そのあたりを良く検討されることをお勧めいたします。
最近はリフォームローンなどもありますので、長い目で検討されると良いでしょうね。

雨漏り修理のことでお悩みの際には、ぜひ私にお気軽にご相談ください。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear