雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 福岡県の雨漏りドクター 高島です。「福岡の雨漏りの原因上位と葺き替えの場合の考え方」

福岡県の雨漏りドクター 高島です。「福岡の雨漏りの原因上位と葺き替えの場合の考え方」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

福岡県の雨漏りドクター 高島です。「福岡の雨漏りの原因上位と葺き替えの場合の考え方」

■「福岡の雨漏りの原因上位と葺き替えの場合の考え方」
雨漏りには様々な原因がありますが、
その中でも福岡で多い雨漏りの原因等について、
少しお話しさせていただきます。


福岡の雨漏りの問い合わせで多いのは、

福岡というのは結構古い家が多いのですが、
そういう古い家の屋根で昔風のセメント瓦とか陶器瓦とか粘土瓦とか、
瓦系の重たい瓦のところが、どうしても重ねが少ないので漏りやすい、

ということで、お問い合わせが多いです。


それ以外の雨漏りに関しては、
コロニアルと言って、今新築で一番多いのですが、平たい瓦です。
これが2番めに多いです。

あとは、板金の屋根や、
やっぱり、トップライトというのは、屋根の上に明かり取りでついていますから、
漏りやすく、トップライトが原因の雨漏りもたまにあります。

また、ベランダというのも取り合いが悪いところが多いので、
ベランダが原因のことも多いですね。

それらが福岡の雨漏りの原因の主力です。

そういった雨漏りに対して、
福岡市は阪神大震災から耐震構造というのをすごく言っていて、
屋根が軽くなれば、耐震の補強も少なくてすみます。
屋根が軽くなれば、柱等にかかる重みが軽減されます。
今は流れがそちらの方へ向いていますから、

もし、屋根を葺き替えるような工事になってしまった場合には、

軽い瓦やガルバリウム鋼板といって、アルミが50%以上入っているような板金屋根、
それと、FRPとか、セメントではないのですが、そういうものを混ぜた軽い瓦がたくさん出ていますので、
できるだけそういうものを使って屋根を軽くすることによって、
建物にかかる重みを少しでも軽くし、
建物の寿命を長くしたり、地震等にも強い建物にすることができるので、
そういったことを私どもはメインに考えてお仕事をさせていただいています。


雨漏りには様々な原因が絡んでいることも多いので、
知識やノウハウのすくない職人、業者が施工すると、
逆に雨漏りをひどくしてしまう例もたくさんあります。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear