雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 福岡県の雨漏りドクター 高島です。「補修にするか、葺き替えるのか」

福岡県の雨漏りドクター 高島です。「補修にするか、葺き替えるのか」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

福岡県の雨漏りドクター 高島です。「補修にするか、葺き替えるのか」

■「補修にするか、葺き替えるのか」
雨漏りで、皆さん、悩まれているのが、
やっぱり、金額を考えると、補修をしようかな、
それとも、一気に葺き替えてしまったほうがいいのかな、
という事だと思います。

実際に、雨漏り修理のご依頼で一番多いのは、漏ったところの補修をお願いします、
というのが一番多いのですが、

その時に私どもは、
全体的に瓦が新しくて、きちっとしていて、あと10年たっても全然問題ない。
ただ、谷とか、雨漏りしているところだけが、
極端に施工が悪かったり、ものが悪かったりして漏っている、
という場合には、補修を提案します。

古い瓦とかに関しては、そこを補修しても同じようになる可能性もあるので、
もちろん、お金の問題というのは必ず出てきますが、
もし、お金が許すのであれば、
そこは、私どもは、そこは全部葺き替えをしたほうがよりいいと思います。


雨漏りしたときに一番考えるのは、
そこがターニングポイントだ、ということです。

そこで、補修にするのか、葺き替えにするのか、よく考えて欲しいです。

もし、補修した場合には、また来年、あるいは何ヶ月後に
別のところを補修しなければならないかもしれない。

だから、ずっとお金がかかっていきます。

そしてもし5年経った時に屋根を葺き替えることになったとしたら、
それまで補修したお金を溝に捨てることになります。

それを前倒しにして今やってしまえば、そのお金は全然使わなくていいし、
5年間、補修することも、雨漏りのことも心配しなくていい。

今やってしまえば安心感というのが買えますから、
今慌ててやるのではなくて、少し止まって、ゆっくり考えてみてほしい、

というのが、私たちの考え方です。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear