雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 栃木県の雨漏りドクター 臼井です。「火災保険が適用されるケースとは」

栃木県の雨漏りドクター 臼井です。「火災保険が適用されるケースとは」

全国にいる「屋根雨漏りのお医者さん」の職人をご紹介させていただきます。
町で見かけましたら、お気軽にお声掛けください!

栃木県の雨漏りドクター 臼井です。「火災保険が適用されるケースとは」

■「火災保険が適用されるケースとは」
今回は、雨漏り修理に火災保険が適用されるケースについてお話をさせて頂きました。

基本的には、災害が原因となった建物の損傷に対して行われる工事費用について、
火災保険が適用になります。もちろん100%適用されるわけではなく、
ケースによって異なりますが、基本はそうですね。

例えば、風によって板金の一部分が飛ばされたことによって、どこかが壊れたり、
漏水したような場合には、火災保険が適用されます。
ですが、老朽化に伴う錆びなどが原因で漏水した場合などですと、
なかなか保険は適用されにくいのではないかと思います。

あくまでも天災に対しての保証という意味で、火災保険は適用されます。

私の経験上、火災保険が適用される場合の工事費用は、およそ1万円~100万円の
間でしょうか。また、損傷している状況や箇所によっては、200万円、300万円でも
適用される場合があり得るのではないかと思います。

私がこれまでに行った工事では、過去に100万円、80万円の工事費用を
火災保険でまかなうことが出来たという事例があります。

基本的には、お客様と保険会社との契約になりますので、私たちは
申請の仕方などについてアドバイスをさせていただくことしかできません。
お客様には、火災保険の証書は必ず失くさずに持っておいていただくことと、
どういった損害や損傷が適用の範囲内になるのかなど、ご自身が加入されている
火災保険について再度見直しと確認を行っていただけると良いかと思います。

分からないこと、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談いただければ幸いです。
屋根雨漏りのお医者さん お問い合わせ
clear