雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんにお任せ!

HOME > 太陽光発電と雨漏りのリスク

太陽光発電と雨漏りのリスク

太陽光発電と雨漏り

最近、太陽光発電システムを取り付けたところから雨が漏ってきた!

そういうお話をよく聞くようになりました。

実際に、NHKの特集でも取り上げられています。

私たちのところにも、そんな事例がないか、という問い合わせが、

2010 年、秋のNHKの番組制作の際にありました。

○屋根に穴をあけて取り付ける太陽光発電システム

大きな機器を取り付けるわけですから、当然きちんと固定しなければなりません。

業者や、メーカー、屋根の形や素材によっては、屋根に穴を空けずに設置できる場合もありますが、

屋根に穴をあけて直接ボルトで固定する場合も多くあります。

その際のボルトを取り付けるための穴から雨漏りがする、

そういう事例が、とりつけてから2、3年経つお宅から出てくるようになりました。

○太陽光発電システムを屋根に取り付ける前に

必ず、屋根に穴をあけるかどうか、確認しましょう。

「屋根に穴をあけても、きちんと施工しますから大丈夫ですよ」

こう言われても、屋根に穴をあけるわけですから、

もしかして、老朽化が進むと、雨が漏ってくる可能性が高くなります。

一度雨が漏ってしまうと、屋根に上げた機器をすべて降ろして、

屋根の瓦等を全部はがし、その下にある防水シートを貼り替えなければならなくなります。

そうすると、まだそんなに古くない家でも100 万円を超えるようなお金をかけないと

雨漏りをきちんと止められなくなってしまいます。

こういった問題がどんどん出てきたため、

最近の太陽光発電システムはどんどん改良されてきていますが、

知識として、穴をあけて固定する太陽光発電で、

こんな問題が起きているということを知っておくことは大切です。

太陽光発電パネルの設置は屋根の専門家におかませ下さい。

clear