ベランダの雨漏りについて|屋根雨漏りのお医者さん

動画再生

千葉県の雨漏り修理ドクター飛留間です。

全国にいる『屋根雨漏りのお医者さん』の職人を動画にてご紹介させていただきます。

ベランダからの雨漏りの原因は?

例えば住宅ですと、後付けのベランダっていうのがアルミのでありますけども、その下地を取り付ける際に外壁に穴を開けて、そこから中の木下地にビスなりで止めるんですけど、それがきちんとコーキングなりを充填して施工していないと、そこから漏水したりということもあるので、その辺が意外にいわゆるアルミ屋さんというかベランダを取り付ける方が気を使ってやらないと雨漏りしてしまうという原因が多いですね。

雨漏りをそのままにすると?

結局、雨漏りしているので、そこから木下地が腐ってしまって中の方にも浸水しちゃいますので、早めに補修はした方がいいと思います。

補修する際に、下地のビスなりが打ってあると思うので、そこにきちっとコーキングを充填するなり、きちんとした施工をすれば直ると思いますね。

なかなか分からないまま、長年ずっと放ったらかしになっていると柱が腐ってしまったり、シロアリを呼んでしまったりすることもあるので、早めに対処した方がいいと思います。

Q.外に出っ張っている部分でも直した方がいい?

A.そうですね。やはり外に出っ張っている部分でも、早めに対処していただく方がいいと思います。

雨漏り修理は地元の業者に頼んだ方がいい理由

素人でも直せるのか?

素人の人には直せないと思いますね。雨漏りがしている原因っていうのが分からないと思うので。

私たちプロでやっている以上その辺は自分たちの経験を駆使してお仕事していますので、だいたい「ここだな」っていうのは分かります。

例えば私の方でも散水試験をやるんですけど、散水をするにあたりどこに水をかけていいのかっていうのが素人さんでは分からないと思います。

私たちがやっているからこそ散水するのでも、まずここからかけて順番にかけてみようかっていうのが分かりますので、やはり私たちプロではないと、まず原因の特定ができないと思います。

千葉県 飛留間のページはこちらから→千葉県の雨漏り修理

雨漏り修理は地元の業者に頼んだ方がいい理由

※画像をタップでお問い合わせが可能です。

屋根雨漏りのお医者さん SNS