屋根の耐用年数は塗装だけで変わる|雨漏り修理

兵庫県の雨漏り修理ドクター柴田です。

全国にいる『屋根雨漏りのお医者さん』の職人を動画にてご紹介させていただきます。

修理費用はどれくらいを想定した方がいい?

その家の状態によって修理費は変わるので、一概にいくらとは言えないのですが、応急処置程度の部分修理であれば、10万円以下くらいまでで全然行けると思いますし、屋根の貼りなおしとなると100万単位でかかるので、雨漏りの修理費はピンキリですよね。

お客さんは部分修理と全体修理どっちが多い?

屋根の替え時になって、ちょうど10~15年ぐらいなら替えようかってなるんですけど、まだ建てて新しいってなると、まだ替えたくないですよね、なので部分的に直してくれってことの方が多いですね。

Q.築何年くらいで屋根は取り替えた方がいい?

A.今の主流の板金屋根だったり、軽量スレートだったらメーカー保証が10年なので15年くらいが替えどきですね。

保証期限を過ぎても屋根を使い続けて大丈夫?

屋根も塗装できるので15年くらいで塗装するのが一番いいですね。そっから10年くらいは、その塗装で保つことができるので。

その塗装期間を、もうちょっと伸ばしてってすると元が傷んでしまって雨漏りするってパターンがありますね。

なかなか15年できっちり塗装する人はいないですが、後回しにすればするほど修理する際に費用は高くなっていくので、早く修理すれば少ない金額で抑えることができます。

塗装だけでも耐久は全然違う?

塗装は、元々の板金の上を塗装するので、その塗装が剥がれて弱ってきたら、下の板金自体にダメージがいきます。

その板金に塗装を行い幕を貼り続けてやれば下の板金までダメージがいかないので、長く屋根を保つことができます。

全塗装の費用はいくら?

家の大きさや、塗る塗料のグレードにもよりますが、足場をして、35坪くらいの家でしたら100万円前後ってところですかね。

兵庫県臼井のページはこちらから→
兵庫県の雨漏り修理

※画像をタップでお問い合わせが可能です。

屋根雨漏りのお医者さん SNS