外壁の塗り替えと張り替えどちらがお得?

動画再生

千葉県の雨漏り修理ドクター森です。

全国にいる『屋根雨漏りのお医者さん』の職人を動画にてご紹介させていただきます。

壁の寿命はどのくらい?

新築で建ててから平均で約10年、10年経った場合何かしらのメンテナンスリフォーム作業塗装ですとか、塗装以外でも例えば、外壁を上から新しく貼ったりという作業があるんですけども、そういったことをするのは10年を目安にやっていくっていうのが基本的な考え方ではありますね。

外壁のメンテナンスは、塗装とカバーどちらがいい?

基本的には塗装の方がいいですね。
塗装の方が、金額がだいぶ下がるっていうのが一番の理由なんですけれども、塗装で例えば100万円で済むところが、外壁の新しく重ね貼りだと3倍近く300万円ですとか400万円とかかかってくる工事になってしまいます。
耐久性に関しましても塗装ですと一般的には10年~15年っていうのが、今一番オーソドックスな耐久年数なんですけれども、外壁の重ね貼りですとだいたい20年~30年と重ね貼りの方が長く保つのですが、その金額コストと耐久年数のバランスで見ると塗装の方がバランスがいいっていうのは正直なところあります。

千葉県森のページはこちらから→千葉県の雨漏り修理

※画像をタップでお問い合わせが可能です。

屋根雨漏りのお医者さん SNS