瓦屋根とガルバリウム銅板の金額の違い [瓦屋根メリット デメリット]

動画再生

兵庫県の雨漏り修理ドクター柴田です。

全国にいる『屋根雨漏りのお医者さん』の職人を動画にてご紹介させていただきます。

瓦屋根ってどうなんですか?

瓦屋根は昔からの伝統もあってデザイン性もいいですし、耐用年数も50年持つものもありますね。
だけど、瓦の屋根は重いので、大震災が起きて以降は家の屋根が重いっていうのがよくないってことで、瓦の需要がだいぶ減ってきて軽いガルバリウムや僕らの使う材料だったりが支流になってきたので、今はガルバリウム銅板の屋根が増えてますね。

持っていると凄い雨漏りの資格のコピー

瓦とガルバリウム銅板はどちらの方が高いですか?

瓦の方が高いですね。
昔は瓦の屋根がよかったので、板金の屋根は安物っていうイメージだったんですけど、今はそれが変わってデザインもよくなってきて、カラーも色々あるのでおしゃれな屋根っていう認識ができてきていますね。

Q.瓦屋根からガルバリウムの屋根に変えることはできるのですか?

A.できますよ。現在瓦屋根の場合は既存の瓦を撤去する必要がありますので、防水のためのルーフィングシートを敷き込みガルバルウム鋼板の屋根材を設置していきます。
通常の大きさの屋根でしたら約150〜200万円程度の工事となります。

瓦とガルバリウムの屋根は使う施工技術も違う?

もう木下地から違うんで使う施工技術も全然違いますね。
価格もガルバリウム銅板の方が安いです。

Q.使う技術で料金も変わりますか?

A.本当はそうしたいんですけどね笑
でも、全国的に大体の相場の値段があるので個人的にはできないですけど、でも地域的なものではだいぶ差があると思いますね。

兵庫県柴田のページはこちらから→兵庫県の雨漏り修理

※画像をタップでお問い合わせが可能です。

屋根雨漏りのお医者さん SNS