工場の屋根の取り替え工事

今回は劣化、強風等で雨漏りした工場の屋根の修理になります。
波板スレートの屋根から金属スレートの屋根にカバー工法を用いての取り替えになります。

波板スレートとは、セメントと繊維を混ぜ込んだものを波の形に加圧成型して固めたもので、耐用年数も25年以上と言われており長持ちする屋根です。

波板スレートは、耐火性、遮音性、耐久性に優れています。

スレート自体は強いものの、フックボルトなどは錆びやすいので注意が必要です。

こちらが実際に、経年劣化により錆びて塗装も剥がれている状態です。

施工後の屋根です。とても綺麗に仕上がりました。

カーブしている部分も施工が可能です。
カバー工法のメリットとして、工事期間が短くなる点と、普通に工事するより安い費用でできる点があげられます。

金属スレート屋根はメンテナンスの頻度が少なく済ますことができる屋根です。

耐用年数は約30~50年と比較的長い屋根です。

仲田 竜太郎

外壁塗装士/屋根外装調査士/その他