神奈川県 大石

建築板金技能士

コロニアル屋根のカバー工法を行いました

カバー工法は、古い屋根の上に軽い屋根を張って被せる工事方法のことです。
メリットとして古い屋根を撤去せずに上から葺き替えるので、剥がして処分する手間と費用がかからないので、工事費用と工事期間を抑えることができます。

屋根の天辺にある棟板金とその裏にある棟下地を取り外し、防水シートを貼り付けていきます。

その上から新しい屋根材を取り付けていきます。
屋根材には、リッジウェイという屋根材を使用しました。

柔らかな陰影が魅力的で、おしゃれな屋根に生まれ変わりました!