石川県 永井 紀久

一級建築板金技能士/基幹技能者/二級施工管理技士/屋根外装調査士

雪止めネットの取り付け工事

今回は、屋根に積もった雪の落下を防ぐ為、マンションに雪止めネットの設置工事を行いました。

雪止めネットとは

雪止めネットとは、屋根に積もった落雪を防ぐための建材です。
主に二種類あり、ネットタイプと金具タイプのものがあります。この建材を屋根に設置することで、ストッパーの役割となり、雪が落下しないようにします。ただし、屋根にソーラーパネルを設置している場合などは、高さが低い雪止めネットでは効果が発揮されないので、高さのある雪止めネットを使う必要があるなど、設置する用途に合わせた建材選びが重要です。
都内では見かけることはありませんが、積雪がある地域では、雪止めネットを設置する住宅が多いです。ただし、豪雪地帯では除雪することが前提としてあるので、取り付けない場合が多いです。

雪止めネットのメリット・デメリット

メリット

雪止めネットを設置しすることによって、落下した雪の重さで雨樋などの破損を防具ことができます。雨樋などは破損してしまうと雨漏りの原因にもなりますので、雪によるダメージは防ぎたいものです。また、近隣住宅の敷地内に落雪したり、車や自転車などを破損したりすることも防げます。積雪量の多い地域では、近隣住宅の屋根からの落雪による被害が多く、屋根からの落雪は、場合によっては事故や怪我の原因にもなります。近隣や他社への被害を防ぐためにも設置をお勧めいたします。

デメリット

雪止めネットにもデメリットは存在します。デメリットとして、雪止めをつけても落雪を完全に防げるわけではないことです。ごく稀ではありますが細かい雪が、雪止めの隙間から落下したり、雪止め建材の大きさ以上に雪が積もれば落下の危険はありますので注意が必要です。その他には、設置する際の施工ミスです。設置方法が間違っていたり、きちんと固定されていないと雪止めネットが落下してしまう恐れがありますので、しっかりとした業者に頼むことをお勧めいたします。

実際の施工

今回は、こちらのマンションに雪止めネットの「ゆきもちくん」を使用して施工します。

「ゆきもちくん」は雪止めのスタンダードな製品で、屋根の軒先から雪止め瓦(雪止め金具)までの間に専用金網を取付け、屋根に積もった雪を落ちにくくする製品です。

カラーバリエーションも豊富で、お家の外観も損いません。公共施設等、幅広い施設や住宅で使用されている建材です。

通常、雪の降る地域では屋根の先端から屋根の棟方向に上がった所に、雪止めの処理がされていますが、軒先ギリギリには何も施されていないのがほとんどです。この製品は、雪止め瓦や雪止め金具より下の屋根の先端から落雪を防止するコンセプの製品となっております。