業者選びを間違えると価格が2倍3倍になってしまうかもしれません。

「先日、他の業者で直したはずなんだけれど、雨漏りが止まらないんだ。 同じところだと信用出来ないから、屋根雨漏りのお医者さんで見てもらえないだろうか?」という感じで、よく雨漏り修理の相談が持ち込まれます。
こんな相談もありました。
「3ヵ月前に、雨漏りの修理をお願いして、屋根の葺き替えをしたら直ると言われたので、葺き替えをしてもらいました。
全部で200万円ほどかかって屋根の葺き替えをしたのですが、結局、雨漏りが止まらないんです」とのことでした。

屋根雨漏りのお医者さん 業者選びを間違えると、大変なことになります 

そこで、私たち屋根雨漏りのお医者さんが伺って調査をさせていただきました。

そのお宅は、メインのお宅と離れのようなお部屋があって、メインのお宅と離れを通路でつないているような、ちょっと複雑な造りになっていました。

3ヵ月前に業者が行った屋根の葺き替えはメインのお宅の工事でしたが、私たちが調査させていただいたところ、お客様が直してほしいとおっしゃっていた雨漏りは、メインの屋根そのものが問題だったのではなく、メインの屋根から離れへ通じている通路を作った際のリフォームがきちんとされておらず、そこが原因で漏っていたのでした。

私たちが見たのは、葺き替えをされた後のメインの屋根だけですから、葺き替え前は、もしかするとメインのお宅の屋根も雨漏りしていたのかもしれません。

屋根の葺き替えをされた業者さんは、
「屋根の葺き替えをしたんですから」
ということで200万円ほどを請求されました。

もう、お客様にお金は残っていません。

その状態で私たちにSOSを求められたのですが、私たちとしても、ボランティアでお仕事をやっているわけではないので、お仕事をして差し上げたいのに、お仕事をすることが出来ない、ということになってしまいました。

最初から私たちに相談していただけたなら、30万円程度で直ったと思われるお宅の雨漏りでした。

こういったケースがあとを絶たないのです。

このお客様の場合は、本当に止めてほしかった雨漏りは結局止まらず、悲惨な状態のままにせずにはいられない、という私たちとしても、本当に申し訳ない、切ない気持ちになってしまう案件でした。

しかし、たいていの場合は、 私たちが再度、その雨漏りの原因を調査し、 修理工事をして雨漏りを止めます。

そして、お金を何度も出させてしまって申し訳ないと思いながらも費用を請求させていただくことになります。
お客様としては、雨漏りを止められない業者に多額のお金を支払い、さらに、私たちにも雨漏りの修理費用を支払わなければならないわけですから。

私たちが悪いわけではないのですが、同じ業者として、お客様からお金をいただいているのに雨漏りを止められないものがいるということに、申し訳ない気持ちになってしまうのです。

最終的に判断するのは保険会社なので何とも言えませんが、私達が、今までの経験からお見積りを出して、申請のアドバイスをさせていただきます。

業者選びを間違えると工事内容が大掛かりなものになるケースも!

しかも、一度修理したのに直っていないということは、 下手に屋根の修理や工事をしてしまっているために、 いざ、私たちが雨漏りの原因を見つけに伺ったときには、 屋根の上にたくさんの見当違いの修理箇所があったり、 間違った施工をしているために屋根の水の経路が複雑になっていて、 本当の雨漏りの原因を見つけることが困難になってることがほとんどです。

そのために、屋根工事や修理を大掛かりにしないと直らなくなってしまうケースもあるのです。

間違った工事⇒屋根の葺き替えになってしまった!

知識がない、専門ではない職人が工事をしてしまうことで、 止めてはいけないところを止めてしまい 水が流れなくなり、そこに溜まるようになってしまった。

下の部屋までは水が漏れていなかったため、数年間気づかず、 気づいたときには屋根の下地が全部腐ってしまって、 屋根の葺き替えをしなければならなくなってしまった。

間違った工事⇒柱を交換するのに多大な出費が!

雨漏りの修理工事を依頼してやってもらったものの、 雨漏りの根本的な解決ができていなかった。

修理をしてもったつもりでいたためにしばらく気づかず、 長い間の雨漏りで柱まで腐ってしまい、 気づいたときには、雨漏りの修理だけではなく、 柱の交換のために多額の出費が必要になる、

そんな例も沢山あります。

屋根の上というのは、危なくてなかなか登れないため、業者に修理を依頼しないわけにはいきません。
現場を見たところで、雨漏りの原因を特定するのは、相当の知識や経験も必要です。 また、いくつかの要素が絡み合っている場合もあります。
だからこそ、悪徳業者も数多くいる世界なのです。

業者選びを間違えると何度工事しても雨漏りが直らないこともあります

それでもまだ、最終的に私たちのところへ雨漏り修理・工事の依頼がくれば、きちんと修理をして雨漏りを止めることができますから、まだいいのです。

しかし、専門知識を持っていない工務店さんや大工さんたちが屋根に上り、雨漏りが止まらないということで、雨漏りの根本的な原因を把握しないままに修理をするつもりで、あっちもこっちも屋根をいじってしまった。

そんな場合は、 結局、雨漏りは止まらず、反対に雨漏りが悪化してしまうケースも多々あります。

屋根雨漏りのお医者さん 経験のない業者に頼んでしまうと

一時的であれば、根本的な雨漏りの原因を修理し、取り去らなくても、屋根の上の一部の水の流れを止めただけで雨漏りが止まったように見えたりします。
その時は工事をしたことで、雨漏りが直ったような気になったりもするのですが、その後、数ヶ月の間に再び雨漏りが始まってしまうようなことも、よくあります。

雨漏りは根本的な原因を突き止め、確実に修理しなければ再発します

結局、雨漏りは根本的な原因をきちんと突き止め確実に修理しなければ、どんどん修理費用だけがかさんでしまい、いつまで経っても直らない、ということになる可能性がおおいにあるのです。

もし、あなたの家がそんなことになってしまっているのであれば、 できるだけ早く私たち、「屋根雨漏りのお医者さん」までご連絡下さい。
私たちも仕事ですから、費用を請求しないわけにはいきませんが、 それ以上あなたが雨漏りで悩まなくてすむように、 確実な工事をさせていただきます。

※画像をタップでお問い合わせが可能です。