トタン屋根の特徴から修理方法を解説~トタン屋根からの雨漏りの原因と対策〜

知識・ノウハウ

 トタン屋根と聞くと、昔の屋根をイメージされる方もいるのではないでしょうか?実際に一昔前では多くの屋根の施工に使用されていました。

現在では、スレートやガルバリウム銅板といった屋根が出てきてたことによって、トタン屋根を選ぶ方は少なくなってはいるものの、今でも見かけることは多い屋根です。

この記事では、トタン屋根のメリット・デメリットから、修理・メンテナンス方法、トタン屋根での雨漏りについて解説いたします。
既にトタン屋根の方はもちろん、屋根材選びに悩んでいる方や、雨漏りしている方に読んでいただきたい記事です。

目次

トタン屋根とは?

 トタン屋根とは、金属屋根の一種で薄い鋼板に亜鉛メッキで覆った板状の資材です。その板状の資材のことをトタン板といい、トタン板で葺いた屋根のことをトタン屋根といいます。よく瓦棒屋根とも呼ばれたりします。

現在では、亜鉛にアルミニウムを加えたガルバリウム銅板として錆びにくい屋根に進化し、住宅はもちろん、工場や倉庫の屋根などに幅広く使用されています。

トタン屋根の形状や工法

 一般的なトタン屋根のイメージは、波板と呼ばれる湾曲した屋根を想像している方が多いと思います。しかし、一括りにトタン屋根といっても、葺き方や工法によって屋根の形状や呼び方が異なるのです。

瓦棒屋根

 瓦棒屋根とは、縦葺き屋根の1種で一般的にメジャーな屋根です。昔ながらのトタン屋根と言ったら、瓦棒屋根です。

屋根の縦のラインには出っ張りがあり、この出っ張りの中には、芯木と呼ばれる木の棒が入っています。その出っ張った部分を瓦棒と呼ぶので「瓦棒屋根」と呼ばれています。

 現在では、芯木が入っていると腐るなどの理由から、芯木を入れない「立平葺き」での施工が縦葺き屋根の主流となっています。

トタン屋根は、屋根全体を一枚の鋼板で覆うことができるので、水が染み込まず、雨仕舞いに優れているため雨漏りに強いと言われています。そのため、勾配が緩い屋根にも施工することが可能です。

波板葺き

 波板葺きとは、トタン板を波状に凹凸を施して屋根材として使用したものをいいます。波の形状は、大・中・小とあり、一時は住宅でも使われていましたが、現在では工場や倉庫などで使われる工法となっています。

トタン板を波型に加工することで、薄い鋼板の強度不足を補うことができるためこのような形状になりました。現在では、トタンに波板葺きを用いられることは少なく、ほとんどがガルバリウム鋼板で行われています。

横葺き

 横葺きは、鋼板を垂直に葺き込むので、折り目が横の方向に幾つも重なっている構造となっています。そのため、勾配が緩い屋根や、積雪が多い地域では使用しない工法です。

横葺きは、折り目の中に雨水が入りやすく、サビが発生しやすく、というデメリットが存在します。

メンテナンスをする際に、しっかりと折り目の中を洗い、乾燥させてから、折り目の中に塗料を入れて塗装していれば問題ないのですが、不十分ですとサビを誘発してしまいます。

メリットとしては、瓦棒葺き屋根よりも、横葺き屋根の方が雨の音への遮音性は高いことです。

菱葺き

 菱葺きとは、鉄板を正方形に加工して、その4辺を折り曲げた物を、1枚1枚菱形に組み合わせて取り付けていく工法で、「鱗張り」「イギリス葺き」の中の1つに捉えられる工法でもあります。「菱張り」とも呼ばれる場合があります。

トタン以外にも、ガルバリウム鋼板・銅板・ステンレスなど材質を問わず施工でき、屋根・壁など複雑な形状にも対応できる建築材です。そのため、明治時代から昭和初期の建物の屋根・壁に多く使われてきました。

折板

 折板屋根とは、亜鉛めっき鋼板を台形が連なって並ぶように折り曲げて加工した屋根材を使用した、強度と経済性を兼ね備えた屋根工法です。

施工する際は、野地板がいらないため、直接母屋に屋根材を葺くことができます。そのため、強風にも強く、施工の際も短い後期で施工することができます。主に、工場や倉庫・体育館などの大きな建物の屋根で使われることが多いです。

金属屋根の種類

 金属屋根の種類は、大きく分けて8種類あります。
同じ金属屋根でも、それぞれ特徴が異なりますので、1つ1つ解説していきます。

ガルバリウム鋼板

 金属屋根に葺き替える際などでよく使われるのが、このガルバリウム鋼板です。
ガルバリウムとは、「亜鉛」「アルミニウム」「シリコン」の素材を組み合わせて作られた、アルミ亜鉛合金めっき鋼板のことです。

金属屋根の中でも軽量ということもあり、比較的価格も安価で、耐震性・耐熱性・耐久性ともに優れている屋根材です。ただし、潮風に弱いため、海沿いの地域の方は、より錆びにくいジンカリウム鋼板がおすすめです。

ジンカリウム鋼板

ジンカリウム鋼板は、ガルバリウム鋼板と同様の素材でできています。

ガルバリウムとの違いは、亜鉛とシリコンの含有率です。その差わずか0.1%しか違わないため、商標登録している会社によって名称が異なるのです。

ジンカリウム鋼板は、表面に石粒やコーティングが施されている場合が多く、施されている物を「ジンカリウム鋼板」と呼ぶ場合があります。そのためガルバリウムよりかは少し重いですが、コーティングのおかげで、潮風による塩害にも強く、長期間再塗装のメンテナンスをしなくても良いのが魅力です。

ステンレス屋根

 ステンレス屋根は、主な主成分が鉄でできており、クロム、ニッケルを含んだ合金の屋根材です。サビに強いため耐久性が非常に高く、一生使えるといっても過言ではない屋根材です。ですが、傷に弱いのと防音性が低いのが欠点です。また、単価が非常に高く、高価な屋根材なため、普及率はまだまだ低いです。

銅板屋根

銅板屋根は、日本の風土や気候に適しているとされ高耐久なうえに軽量で柔らかく加工がしやいため、繊細な仕上がりが求められる寺社仏閣に昔から多く使用されてきました。

銅板屋根の特徴として、新築時から徐々に年数が経つと、色合いが青緑色に変化していき、独特の風合いと重厚感が出てきます。これの現象を、緑青といいサビへの耐久力を高めてくれる役割を持っています。銅板は、非常に高価なため、リフォームや新築で使われることはあまりないです。

チタン屋根

 チタンの屋根は、金属屋根の中でも酸性雨や、潮風に圧倒的な耐久性能を持ちます。また和瓦の10分の1以下ととても軽いことから耐震性もあり、施工後のメンテナンスも必要としないため経済的でもあります。しかし、非常に高価なため、一般住宅で使われることはあまりありません。有名な場所では、浅草寺などに使用されています。

アルミ屋根

 アルミ屋根は非常に高価な屋根です。耐久性が高く錆びることがないので、50年以上保つと言われ、中には50年の保証をつけている会社があるほど高耐久です。また、アルミ屋根は厚さを必要としますが非常に軽く、一定の間隔ごとにしっかりとビスで固定するため、耐震性・耐風性ともに優れており、アルミは腐食することもないため、メンテナンスが不要な屋根です。

アルミ屋根は、雨漏りの発生率も低く優れていますが、欠点として耐熱性に弱く、夏には室内の気温が上昇しやすくなるといったデメリットも存在します。

トタン屋根が選ばれる理由

 次々とガルバリウム鋼板などの新しい屋根が登場することで、屋根材にトタン屋根が選ばれることは少なくなりました。ですが、今もなおトタン屋根を住宅地で見かけることは、まだまだ少なくはありません。そんなトタン屋根のメリット・デメリットについて解説していきます。

トタン屋根のメリット

トタン屋根のメリットの1つは、低コストであることです。材料も安く施工が比較的簡単なので、コストを抑えて短期間で施工することができます。屋根自体も軽量ですので建物への負担が少なく、耐震性が高いことも大きなメリットです。また、屋根の継ぎ目が少ないため、雨漏りしにくい屋根材でもあります。

トタン屋根のデメリット

トタン屋根は熱を通しやすく、断熱対策をしっかりしておかないと、日差しが強い日や夏場では、エアコンをかなり使用しないと室内が適温になりにくいです。そのため電気代が高額な費用になってしまいます。そのため施工する際は、断熱材を入れるなどの断熱工事は欠かせません。

また、トタン屋根などの金属屋根は、雨音が響きやすく、雨が強い日には、「バンバン」と屋根に雨が打ちつける音が室内に響くので、屋根裏に吸音材を敷くなどの防音対策も欠かせません。また、トタン屋根は、経年劣化によるコーティングの剥がれによってサビが発生してしまいます。サビは雨漏りを誘発してしまうため、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

金属屋根での騒音でお悩みの方はこちらの記事で解説しています→ガルバリウム鋼板による音の原因と対処方法〜金属屋根の遮熱の伸縮音と響く雨音を解説〜

トタン屋根の寿命

 トタン屋根の耐用年数は約5~20年程度です。
ですので5~10年くらいで一度、メンテナンスを行う必要があります。屋根雨漏りの医者さんはこちらから

トタン屋根の補修方法

 トタン屋根のメンテナンス方法は、再塗装です。
トタン屋根は、経年劣化により塗装が剥がれてきます。塗装の剥がれは、サビや苔の発生といった、雨漏りを誘発する恐れがありますので、しっかりとメンテナンスを行いましょう。

塗装の手順として、塗装を始める前にサビや汚れを、ワイヤーブラシや、やすりを使い落としていきます。その後、高圧洗浄機を使い、既存の塗装や汚れを落としていき、いよいよ塗装作業に入ります。まず、サビ止めの入った下地から塗っていき、中塗り・上塗りと塗り重ねたら完成です。
メンテナンス塗装についてはこちらの記事で解説しています。

トタン屋根の修理費用

 トタン屋根の修理にかかる費用を、屋根の症状ごとにご紹介いたします。
屋根の修理は、屋根の大きさや、使う材料により異なります。ですので、一概にいくらですとは言い切れません。あくまで目安の金額となりますので、ご参考程度に確認してみてください。下記の金額は、足場代なども加味した金額です。

[塗装]
30~80万円

[部分修理]
5~50万円

[全体修理]
90~180万円

トタン屋根からの雨漏りの原因

雨漏りがするということは、どこかしら雨水が入りこむ隙間が空いているということです。トタン屋根からの雨漏りの原因は主に3つあります。

サビによって穴が開く

トタン屋根から雨漏りが発生した際、多くの原因はサビです。施工当初は、塗膜によって保護されている表面が、太陽光の紫外線や熱・雨風によって塗膜が剥がれ、鋼板が剥き出しになることでサビが発生します。すると屋根はどんどん腐食していき最終的には穴が開いてしまい雨漏りしてしまうというわけです。ですので、施工してしばらく経ったら再塗装などのメンテナンスを行う必要があります。

棟板金の破損

 棟板金とは、屋根の天辺にあるカバーで覆っている部分です。その部分が、強風などによって破損してしまったり、固定してある釘が緩んだりして雨漏りにつながります。

強風による屋根材の破損

トタン屋根は、瓦やスレート屋根とは違って、1枚の屋根材の面積が広く、屋根材を固定してある釘が緩むことによって台風などの強風の際に、屋根材がめくれてしまったり、剥がれてしまうといった被害が起こりえます。そうなってしまうと当然、雨漏りしてしまいます。

修理する際の業者の選び方

一般的にトタン屋根などの金属屋根は、建築板金屋さんが専門の業者になります。なので、修理やメンテナンスをする際は建築板金に頼むのがオススメです。また、雨漏りした際も基本的に建築板金屋さんが専門として行っているので、修理同様に建築板金屋さんに頼むのがいいでしょう。

屋根雨漏りのお医者さんでは、屋根の種類を問わず雨漏り修理の専門家・屋根修理の専門家として日本全国で活動しています。職人歴も10年以上のベテランが多数在籍し、施工実績も住宅はもちろん、学校などの公共施設等も担当しており、技術では最高峰のプロ集団です。何かお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。→屋根雨漏りのお医者さんはこちらから

雨漏り修理専門家

大塚万聡(おおつか)

この記事はあなたのお役に立ちましたか?
情報を他の人にシェアしましょう!

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook