台風前に備える雨漏り対策!屋根・雨樋・ベランダで行う簡単なメンテナンス

知識・ノウハウ

台風が来る前にやるべきことって何??

台風が到来すると、普段降る雨とは違った 横殴りの強い暴雨や暴風に変わり、雨漏りする危険性が通常の雨に比べて格段に高まります。

台風のような暴雨・暴風でも、台風前にちょっとしたメンテナンスを行うことで、雨漏りが引き起こるリスクを抑えることができるのです。

この記事では、台風が到来する前に、誰でも簡単にできる、雨樋・ベランダ・屋根でのメンテナンス方法を解説します。

台風シーズンが到来する前に、この記事に目を通し事前に備えることで雨漏りを未然に防ぎましょう。

台風での被害は火災保険が適用出来る可能性があります。こちらの記事にて火災保険は解説しております→火災保険で雨漏り修理ができる?

この記事の目次

台風の前に行うべき備え

天気予報で台風がくることを聞き、慌てて庭の植木鉢や自転車を屋内に入れたりする経験は誰しもがあると思います。
その時に一緒にやっておきたいのが、雨樋・ベランダ・屋根の点検です。

特に、雨樋とベランダはきちんと点検してキレイにしておかないと、台風や大雨などで雨漏りの原因になりえます。

また、劣化した屋根の点検もしておかないと、暴風で吹き飛ばされて歩行者や車、住宅などに被害を与える可能性があります。屋根材が瓦の場合、瓦がなくなることで雨漏りを引き起こすリスクも高まります。

台風前にメンテナンスしなかったばかりに、台風直撃中に雨漏りしてしまい、しばらくの間、雨漏りした部屋で過ごすなんてことには なりたくないですよね!次の章では、雨漏りを事前に防ぐ、それぞれの箇所のメンテナンス方法を解説いたします。

台風時に多い雨樋からの雨漏り

どの家の軒先にも雨樋は設置されていますが、皆さんは定期的に雨樋の掃除をしていますか?雨樋の掃除をせずに放置した場合、落ち葉やゴミなどが大量に詰まってしまい、そのままにしておくと雨水を受け止める能力が皆無になってしまいます。

通常の雨程度では、大きな影響はありませんが台風となると話は別です。
台風時には、短時間で大量の雨が雨樋に降り注ぐのですから、雨樋にゴミが詰まっていると雨水が溢れかえり、軒先部分に雨水が跳ね返ってしまうのです。

「軒先といえども屋根なんだから少々雨水が当たっても大丈夫でしょ」と思ったら大間違いです。軒先部分は「雨仕舞」と呼ばれる「水が入ってこないような仕組み」で施工されてはいるものの、それはあくまでも「上から下」に流れる水であって、下からバシャバシャと跳ね返ってくる水に対しては、大きな効力を発揮しません。

ゴミの詰まった雨樋を放置しておくことは、「軒先から雨水をそそぎ入れているようなもの」なのです。
台風シーズン前だけとは言わず、1シーズンに1回は雨樋を点検して、落ち葉やゴミ、植物が詰まっているようならキレイに取り除きましょう。

簡単にできる、台風に備える雨樋の掃除方法

雨樋を掃除するために必要なのは、「脚立」「軍手」「水が入ったペットボトル」です。

スコップや火ばさみなどを用意してもよいですが、屋根に上り慣れていない方が脚立に上るだけで危険なので、片手がふさがる道具類は持たないほうがよいでしょう。

雨樋は、定期的に掃除をしておけばいきなり「竪樋の中までゴミでびっしり」ということはありませんし、集水器の上には網がついていて、落ち葉などが入らないようになっていますので、軍手さえあればほとんどのごみは除去できます。ただし、鳥の巣や泥の塊など、軍手で除去できない場合は落下しないように気を付けながらスコップなどを持って行ってください。

雨樋が家の周りをぐるりと1周している場合は、全周確認してもよいですが、大変なので「集水器」と呼ばれる部分を重点的に掃除しましょう。

集水器の周辺のごみを除去したら集水器の中を覗いてみて、詰まりがないか確認してください。集水器を掃除した後、見える範囲の軒樋を見渡して、目立った汚れやゴミが無ければオッケーです。

ここで、ペットボトルの登場です。ペットボトルはできれば2リットル程度の大きめなものにしましょう。
集水器や軒樋の掃除が終わったら、軒樋から集水器に向かってペットボトルの水を流してみてください。水が滞りなく流れ、竪樋から出てくれば成功です。

竪樋から出てこない、もしくは出てくる量が少ない場合は竪樋が詰まっている可能性があるので、竪樋を掃除しなければなりません。まずは、水を流しながら竪樋を軽く叩いてみてください。それでも流れないようなら、針金などで上から突いて詰まりを解消します。再度水を流して、無事に出てくれば完了です。

台風に備えるベランダのメンテナンス方法

木造住宅の場合、ベランダはFRPなどの素材によって防水処理が行われています。ベランダ部分には、軒が出ている場合がほとんどなので、雨水が直接振り込むことはあまりありません。ですので普通の暮らしをしていれば雨漏りのリスクはそれほど高くありません。

しかし、台風などの暴風雨は別です。
強風によって、大量の雨がベランダに吹き込みますので、排水口の詰まりを放置しておくと、たまった水が排出されずに溜まってしまい、防水能力を弱めて最終的に雨漏りに発展する危険性があります。
ですので、台風前には必ずベランダの排水口をチェックしゴミなどの詰まりがないか確認してください。

ほとんどのベランダの排水口は、右奥か左奥に設置されています。
落ち葉やゴミなどが詰まっていたら全部キレイに取り除きましょう。
網がある場合は、網を外して中のごみなども除去しておくと安心です。

もし、排水口の詰まりを除去したにもかかわらずバルコニーやベランダから雨漏りした場合は、早めに施工業者などに依頼することをおすすめします。
防水処理の劣化や、施工ミスなどが原因で雨漏りしている可能性が高いので早めに手を打たなければ、雨が降るたびに家が傷んでしまいます。

台風時に備えておきたい屋根のメンテナンス

台風前にやっておきたいことの最後が、屋根のメンテナンスです。

台風の強烈な暴風雨は、施工が甘い屋根や老朽化してもろくなった屋根を吹き飛ばします。飛んだ屋根材が他人にあたったり、車にぶつかったら大変です。

また、屋根材が瓦屋根の場合、瓦が吹き飛んでしまった部分の下にある、防水シートが直接雨水にさらされ続けるので、防水シートの劣化を促進してしまいます。

台風到来前に、「取れかけている屋根材がないか」「破損している屋根材がないか」をしっかり業者にお願いして確認してもらいましょう。

屋根の点検と言っても、素人の方が屋根に登ることはとても危険ですので、自分で行うことは、お勧めいたしません。ましてや、点検しても、瓦の割れやズレ、浮きなどを対処することができませんよね。

屋根に乗るだけで、落下のリスクが高まりますし、屋根の構造について知らない場合は、点検するときに屋根瓦を踏んで割ってしまう可能性があります。

だから、大型台風が来る場合の屋根メンテナンスは、DIYではなく業者に依頼することをおすすめします。

屋根のメンテナンスを定期的に行っていれば、台風前に行う必要はありませんが、新築or前回の点検から10年以上経過している場合は、屋根修理のプロに一度点検を依頼しましょう。
台風が来てから雨漏りが発生し依頼するよりも、費用は少額で済みますし家が傷むこともありません。

自分でできる雨漏りチェックの仕方!

※画像クリックで動画視聴できます。

他の雨漏りの知識については上記のバナーをクリックし動画をご視聴ください。

台風による雨漏り被害

台風時には、劣化している箇所や、施工不良のある箇所から雨漏りが引き起こります。雨漏りがしやすい箇所は主に4つあります。

・屋根
・外壁
・窓周辺
・ベランダ

屋根は、日々、紫外線や雨風にさらされています。そういったダメージの積み重ねが台風時に大ダメージを与え雨漏りを引き起こすのです。

外壁・窓周辺からは、コーキングの劣化による雨漏りが非常に多いです。コーキングの劣化によりひび割れなどで、隙間ができてしまい雨漏りを引き起こすのです。コーキングの寿命は約5年程度ですので、再度業者に頼んでメンテナンスをしてもらいましょう。

ベランダは、床面の防水塗装が劣化している場合や、床に亀裂が入っている場合、台風の暴風雨をきっかけに雨漏りを引き起こします。いずれも早めにメンテナンスを依頼して修理費用が安く済むうちに直してしまいましょう。

まとめ

台風前は、飛びやすい物のケアを第一に行いますが、それが終わったら雨樋とバルコニーやベランダの点検をしておきましょう。

特に雨樋の詰まりは、軒先からの雨水の侵入を助長させて雨漏りの大きな原因となります。

また、ベランダの排水溝の詰まりはベランダの防水能力を劣化させてしまうので、台風シーズン前に必ず点検&掃除をしておいてください。

台風シーズン中は、台風が通過するたびに雨樋とベランダの排水溝を点検することをおすすめします。

台風でスーパーの袋などの大きめのゴミが飛んできて雨樋に詰まってしまうと、あっという間に排水機能は失われてしまいます。

屋根は台風前に専門業者に点検を依頼して、瓦のズレや浮きがないかチェックしてもらいましょう。

この3つを徹底するだけで、台風時の雨漏りリスクを大幅に低下させることができます。

台風が来てからの作業はプロでも危険を伴うので、雨も風もない日を選んで点検&掃除をするようにしましょう。

※日本全国対応・お見積もりOK

雨漏り修理専門家

大塚万聡(おおつか)

この記事はあなたのお役に立ちましたか?
情報を他の人にシェアしましょう!

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
タイトルとURLをコピーしました