1. TOP
  2. 知識・ノウハウ
  3. 台風シーズン到来前に瓦と雨樋とベランダの点検を!

台風シーズン到来前に瓦と雨樋とベランダの点検を!

天気予報で台風が来ると聞くと、慌てて庭の植木鉢や自転車を屋内に入れるものですが、その時にやっておきたいのが「瓦と雨樋の点検」です。
特に雨樋とベランダはきちんと点検してキレイにしておかないと、台風や大雨などで雨漏りの原因になります。
外れやすくなった瓦の有無も点検しておかないと、暴風で吹き飛ばされて歩行者や車、住宅などに被害を与える可能性がありますし、瓦がなくなることで雨漏りリスクも高まります。
台風前にメンテナンスしなかったばかりに、台風直撃中に雨漏りしてしまい、暴風雨の中屋根に上って点検する羽目にはなりたくないですよね。
運が悪ければ命を失うことになります。
ここでは、台風が来る前に誰でもできる「瓦と雨樋、ベランダの点検」を説明しますので、台風シーズンが来る前に目を通しておいて、瓦と雨樋の点検をしておいてくださいね。

1.実は重要雨樋の掃除。詰まった雨樋は雨漏りのもと

雨樋は、どの家の軒先にも設置されていますが、定期的に掃除をしているでしょうか?
実は、掃除をせずに放置した雨樋には、落ち葉やゴミなどが大量に詰まってしまい、そのままにしておくと雨水を受け止める能力が皆無になってしまいます。
通常の雨程度はでは大きな影響はありませんが、台風となると話は別。
短時間に大量の雨が降り、雨樋に降り注ぐので雨樋から雨水が溢れかえり、軒先部分に雨水が跳ね返ってしまうのです。
「軒先といえども屋根なんだから少々雨水が当たっても大丈夫でしょ」と思ったら大間違い。
軒先部分は「雨仕舞」と呼ばれる「水が入ってこないような仕組み」で施工されているものの、それはあくまでも「上から下」に流れる水であって、下からバシャバシャと跳ね返ってくる水に対しては、大きな効力を発揮しません。
詰まった雨樋を放置しておくことは、「軒先から雨水をそそぎ入れているようなもの」なのです。
台風シーズン前とは言わず、1シーズンに1回は雨樋を点検して、落ち葉やゴミ、植物が詰まっているようならキレイに取り除きましょう。

2.脚立と軍手とペットボルでオッケー!簡単雨樋の掃除方法

雨樋を掃除するために必要なのは、「脚立」と「軍手」と「水が入ったペットボトル」です。
スコップや火ばさみなどを用意してもよいですが、屋根に上り慣れていない方が脚立に上るだけで危険なので、片手がふさがる道具類は持たないほうがよいでしょう。
雨樋は、定期的に掃除をしておけばいきなり「竪樋の中までゴミでびっしり」ということはありませんし、集水器の上には網がついていて、落ち葉などが入らないようになっていますので、軍手さえあればほとんどのごみは除去できます。
ただし、鳥の巣や泥の塊など、軍手で除去できない場合は落下しないように気を付けながらスコップなどを持って行ってください。
雨樋が家の周りをぐるりと1周している場合は、全周確認してもよいですが、大変なので、「集水器」と呼ばれる部分を重点的に掃除しましょう。

集水器の周辺のごみを除去したら集水器の中を覗いてみて、つまりがないか確認してください。
集水器を掃除した後、見える範囲の軒樋を見渡して、目立った汚れやゴミが無ければオッケーです。
ここで、ペットボトルの登場です。
ペットボトルはできれば2リットル程度の大きめなものにしましょう。
集水器や軒樋の掃除が終わったら、軒樋から集水器に向かってペットボトルの水を流してみてください。
水が滞りなく流れ、竪樋から出てくれば成功です。
竪樋から出てこない、もしくは出てくる量が少ない場合は竪樋が詰まっている可能性があるので、竪樋を掃除しなければなりません。
まずは、水を流しながら竪樋を軽く叩いてみてください。
それでも流れないようなら、針金などで上から突いて詰まりを解消します。
再度水を流して、無事に出てくれば完了です。

3.ベランダの排水溝詰まりはベランダの防水処理の寿命を縮める

ほとんどの住宅の2階などに設置されている「ベランダ」ですが、木造住宅の場合、ベランダはFRPなどの素材によって防水処理が行われています。
軒が出ている場合がほとんどなので、雨水が直接振り込むこともほとんどありません。
だから、普通の暮らしをしていれば雨漏りリスクはそれほど高くありません。
しかし、台風などの暴風雨は別です。
強風によって、大量の雨がベランダに吹き込むことが想定できますので、排水溝の詰まりを放置しておくと、たまった水が排出されずに溜まってしまい、防水能力を弱めて最終的に雨漏りに発展する危険性があります。
だから、台風前には必ずベランダの排水溝をチェックしてください。
ほとんどのベランダの排水溝は、右奥か左奥に設置されています。
落ち葉やゴミなどが詰まっていたら全部キレイに取り除きましょう。
網がある場合は、網を外して中のごみなども除去しておくと安心です。
もし、排水溝の詰まりを除去したにもかかわらずバルコニーやベランダから雨漏りした場合は、早めに施工業者などに依頼することをおすすめします。
防水処理の劣化や、施工ミスなどが原因で雨漏りしている可能性が高いので早めに手を打たなければ、雨が降るたびに家が傷んでしまいます。

4.吹き飛んだ瓦は大迷惑。自宅の屋根にも被害甚大

台風の強烈な暴風雨は、施工が甘い瓦や老朽化してもろくなった瓦を吹き飛ばします。
飛んだ瓦が他人にあたったり、車にぶつかったら大変。
また、瓦が吹き飛んでしまった部分は、瓦の下の防水シートが直接雨水にさらされ続けるので、防水シートの劣化を促進してしまいます。
だから、台風到来前に、「取れかけている屋根瓦がないか」「割れた屋根瓦がないか」しっかり確認しておきましょう。
ただし、屋根瓦の点検は素人にはほぼ無理です。
点検して瓦の割れやズレ、浮きなどを発見しても、対処することができませんよね。
屋根に乗るだけで、落下のリスクが高まりますし、屋根の構造について知らない場合は、点検するときに屋根瓦を踏んで割ってしまう可能性があります。
だから、大型台風が来る場合の屋根メンテナンスは、DIYではなく業者に依頼することをおすすめします。
屋根のメンテナンスを定期的に行っていれば、台風前に行う必要はありませんが、新築or前回の点検から10年以上経過している場合は、屋根修理のプロに点検を依頼しましょう。
台風が来て雨漏りが発生してから依頼するよりも、費用は少額で済みますし家が傷むこともありません。

5.まとめ

台風前は、飛びやすい物のケアを第一に行いますが、それが終わったら雨樋とバルコニーやベランダの点検をしておきましょう。
特に雨樋の詰まりは、軒先からの雨水の侵入を助長させて雨漏りの大きな原因となります。
また、ベランダの排水溝の詰まりはベランダの防水能力を劣化させてしまうので、台風シーズン前に必ず点検&掃除をしておいてください。
台風シーズン中は、台風が通過するたびに雨樋とベランダの排水溝を点検することをおすすめします。
台風でスーパーの袋などの大きめのゴミが飛んできて雨樋に詰まってしまうと、あっという間に排水機能は失われてしまいます。
屋根は台風前に専門業者に点検を依頼して、瓦のズレや浮きがないかチェックしてもらいましょう。
この3つを徹底するだけで、台風時の雨漏りリスクを大幅に低下させることができます。
台風が来てからの作業はプロでも危険を伴うので、雨も風もない日を選んで点検&掃除をするようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

雨漏り修理WEB|雨漏り修理のプロ80人からのアドバイスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雨漏り修理WEB|雨漏り修理のプロ80人からのアドバイスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亀岡亮介

亀岡亮介

屋根雨漏りのお医者さんグループ本部代表。
2010年に屋根雨漏りのお医者さんグループを立ち上げる。2017年現在、80数社の技術力を誇るメンバーを擁し、メンバーとともに、日々、雨漏り修理の問い合わせに対応している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 意外と多いベランダ雨漏り。ベランダは10年ごとに点検とメンテナンスを!

  • 築浅でも注意! 天窓(トップライト)からの雨漏りの危険性と対策

  • 築浅住宅でも雨漏りの危険はあります。雨漏りの原因とフルまとめ

  • 瓦屋根は雨漏りしにくいノーメンテナンス屋根? 瓦屋根のメリットデメリット

関連記事

  • あなたの家のコーキングは寿命切れ? コーキングの寿命と必要なメンテナンス

  • 一緒にできるの?部屋のリフォームと屋根修理! 同時並行のメリットデメリットとは

  • 外壁メンテナンスは放置厳禁! 劣化すると家に雨水が

  • うちのコロニアル屋根はいつまで大丈夫?コロニアル屋根の寿命とメンテナンス

  • 悪徳業者のずさんな工事がさらなる雨漏りを呼ぶ! 衝撃の屋根裏動画

  • 今雨漏りしているあなたへ。雨漏りの応急処置はこれだけでオッケー!