屋根の葺き替え修理をするメリット・デメリット・費用相場を解説

屋根の塗装 知識・ノウハウ
雨漏りの質問

屋根の葺き替えって何?費用相場はどのくらい?

屋根の修理の際、損傷が激しかったりすると葺き替えを勧められる事があり、「葺き替え」という言葉を耳にする機会があると思います。

実際、屋根の葺き替えって何?どういったものなの?など色々と気になる事があると思います。

この記事では、屋根の葺き替えについて費用相場まで詳しく解説しています。これから屋根を交換しようと悩んでいる方、修理しようと思っている方は、ぜひご参考にしてみてください。

1.屋根の葺き替えって何?

コロニアル屋根

目次

屋根の葺き替えとは、元々ある既存の屋根材を全て撤去し、新たな屋根材に交換する事です。一般的には、屋根が古くなってきたときや、屋根材を違うものに変えたいときなどに行われます。

屋根材を全て新たに置き換えるので、複数箇所での雨漏りや、複雑で原因がわからなかった雨漏りも確実に止める事ができます。

一度葺き替えてしまえば、しばらくは安心して暮らす事ができると言えるでしょう。

カバー工法(重ね葺き)と葺き替えの違い

屋根のカバー工法での修理

屋根の葺き替えとカバー工法との違いを大きく言えば、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材にするのか、既存の屋根材を撤去せずに上から新しい屋根材を被せるのかの違いです。

カバー工法のメリットとして、既存の屋根材を撤去しないため、撤去にかかる処分代などの費用と撤去にかかる日数が抑えられるため葺き替えよりも費用が安くなる点が挙げられます。
しかし、全ての屋根材でカバー工法は行えるわけではなく、又全ての屋根の損傷状態で使用できるわけではないという、カバー工法を使用するにあたり適応できる条件があります。

↓詳しいカバー工法については下記の記事で解説しています。

2.屋根の葺き替えのメリット・デメリット

メリット

カバー工法については先ほどさらっと解説しましたが、屋根の葺き替えにも、メリットとデメリットがあります。それぞれ詳しく解説していきます。

屋根葺き替えのメリット

屋根の修理

屋根の葺き替えのメリットは、屋根の下地まで確認でき補修できる点です。

下地の状態を確認するには一度屋根材を剥がさなければならないため、屋根材を全て撤去する工程は、屋根の表面だけではなく、内部の状態まで確認でき補修する事ができます。そういった細かい箇所まで補修できることにより、雨漏りを誘発しやすい箇所などを解消する事ができます。
また、屋根の種類を変える事ができるため、既存の重い屋根から耐震性に優れた軽い屋根に変更できる点もメリットと言えるでしょう。

屋根葺き替えのデメリット

瓦のズレ

屋根の葺き替えの際のデメリットは、既存の屋根材を撤去・処分する必要があるため費用が高額になってしまいます。また、カバー工法に比べると施工日数も多少かかってしまう点がデメリットです。

ですが、建築年数や屋根材によって長期的に見ると屋根を葺き替えた方が、今後の状態を考えると費用にも効率が良い場合もあります。

カバー工法についてはこちらの記事で解説しています。→カバー工法での屋根の修理!カバー工法のメリットから費用までを徹底解説

3.屋根材の耐用年数と葺き替えの目安時期

スレート屋根の劣化

屋根の葺き替えは、基本的には部分修理ができなくなって最終手段で行う場合が多いので、メンテナンスができなくなって、お住まいに不具合がたくさん出てきた頃が主な目安です。

瓦屋根25~60年
スレート屋根10~30年
ガルバリウム鋼板20~40年

①瓦屋根の葺き替え時期

瓦屋根

瓦屋根は比較的耐久性があり、25~60年ほど保つとも言われています。

瓦屋根には種類があり、特に「日本瓦」・「洋瓦」は非常に耐久性が高くメンテナンスもあまり必要としません。しかし、「セメント瓦」については塗装などのメンテナンスが必要となってきます。耐用年数も20~40年ほどと他の瓦に比べ短くなっています。

瓦屋根から葺き替える際は、耐震性などの観点からスレート屋根など軽い屋根にする方が多いです。

↓瓦屋根についての記事はこちらで解説しています。

令和4年1月1日から瓦屋根の緊結方法が強化されます

瓦屋根の破損

令和4年1月1日以降に、瓦屋根で新築又はリフォーム修理を行う際は、強風対策を講じる必要があるため、工事方法が多少異なります。
近年、強風による瓦屋根の被害が多いため、基本的には、銅線や釘等を使用して緊結をして固定するというものです。

詳しくは国土交通省のホームページで解説しています。↓
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/content/001387862.pdf

②スレート屋根の葺き替え時期

スレート屋根の劣化

スレート屋根の耐用年数は、再塗装のメンテナンスで変わってきます。
大体10年〜30年が屋根材の交換時期となります。
葺き替えは主に、塗装のメンテナンスが行えなくなった時期に提案する事が多いです。大抵はカバー工法で行われる事が多いです。

↓スレート屋根についてはこちらの記事で解説しています。

③ガルバリウム鋼板の葺き替え時期

ガルバリウム鋼板の修理

ガルバリウム鋼板は、軽量なため耐震性にも優れている屋根です。
耐用年数は20~40年ほど保つと言われています。

4.屋根の形と雨漏りの関係性

雨漏りしやすい屋根

屋根にはたくさんの形があると思いますが、屋根の形状を選ぶ際は、外観を重視したおしゃれな屋根を選ぶ方が多く、雨漏りを意識した屋根を選ぶ方はなかなか少ないと思います。
実は、屋根の形状によっては雨漏りしやす屋根の形があるのです。
陸屋根や片流れ屋根などは一見おしゃれで選びたくなる屋根の形状ですが、雨がたまりやすく雨漏りしやすいといった構造になっているのです。

逆に、よく街中で見かける三角屋根や寄棟屋根などは水の流れがスムーズに行えるため雨漏りしにくい構造となっています。

屋根を変える際は、こういった構造にも着目することをお勧めいたします。

↓詳しい屋根の構造についてはこちらの記事で解説しています。