雨漏り修理に火災保険が適用出来ます。

実は火災保険が屋根の修理で適用されるのは火事だけではありません。

等々、自然災害でおきたトラブルに対しては火災保険を使うことができます。私たち「屋根雨漏りのお医者さん」は、 火災保険を使った工事に関しても、多くの事例を経験しています。
一言ご相談いただけましたら、私たち屋根雨漏りのお医者さん」が、これまでの事例、経験を元に、アドバイスさせていただきます。

専門家が責任を持ってアドバイス致します

また、築10年までの住居で不具合が生じた場合、瑕疵担保責任保険を使えることがあります。
また、平成21年10月以降に引き渡された物件に関しては、必ず保険に入るか、建築業者によって供託金が積まれていますので、保険等によって直せる可能性が高くなります。

基本的には、建築した業者が存在している場合には、その業者が責任をもって修理をすることになるのですが、 どうしてもその業者を信頼できなかったり、その業者がすでに倒産してしまっている場合には、屋根雨漏りのお医者さんへご相談下さい。

こういったことに関しても、責任をもってアドバイスさせていただきます。

火災保険を使用する側にとって非常に嬉しい事

保険を使用しても保険料は変わらない

3年以内であれば申請可能

自費負担無しで修理出来る事も?

もちろん使えるかもしれない場合には保険を使うことをお勧めします、我々としても使うことをお勧めする場合が結構あります。
一つ気を付けたいのが、20万円以下の工事では適用されない! という保険が多いことです。
そのへんはきちんと火災保険の書類を確認するか、まずは、書類を準備した上で、私たち屋根雨漏りのお医者さんへご相談下さい。

関連ページ:火災保険のご利用について