雨漏り修理 火災保険ご利用について

※雨漏り修理に火災保険が適用される場合があります。知っておくとちょっと得する保険の話です。

まずは自分の加入している火災保険の補償内容を確認

火災保険には色々なプランがあり補償して貰える内容がプラン事に異なります。
・風災・雪災・ひょう災が含まれているか確認しましょう。含まれている場合雨漏りの修理に火災保険をご利用出来る可能性があります。

Q.雨漏り修理に火災保険は使える?

A.雨漏りの原因によります。

・風災・雪災・ひょう災 等の自然災害によって家が被害を受けた場合 火災保険が適用される可能性が高いです。

例えば
台風や強風などの突風でたとえば瓦が飛んでしまった。
・降雹(こうひょう) 降雪により屋根材が割れた。

このような事が原因で家に被害があった場合は火災保険を利用出来る事可能性が高いです。

自然災害によって家の屋根が損傷し、雨漏りが原因で家財が破損した場合にも火災保険で家財も補償して貰える可能性があります。

火災保険の適用範囲について

火災保険は基本的に経年劣化や自信に損失がある場合は適用されません。風水雪害等によって物が破壊された場合に 適用されるというのが一般的な解釈です。

適用されるケース

・強風により屋根材がズレたり雨樋が外れて雨漏りした。

・豪雪で普通だと壊れるはずのない雨樋が壊れてしまい雨漏りした。

・風で何かが飛んできて、それが屋根の一部を壊してしまい雨漏りした。

・地震が原因でヒビが入り雨漏りした。

適用されないケース

・屋根のメンテナンス不足による雨漏りした。

・自分で屋根材を損傷させ雨漏りした。

・被害から三年以上経過してしまった。

・20万円以下の修理費用では適用されない可能性が高い

火災保険のお得な情報

火災保険で嬉しい事が二つあります。

・保険を使っても保険料は変わらない。
・ 保険は3年以内なら、過去にさかのぼって請求できる。

この2つは、雨漏りで保険を使いたい人にとって嬉しい制度です。

屋根雨漏りのお医者さんでは、理由を尋ね火災保険で修理出来そうな場合は毎回提案させていただいています。

火災保険の知識、ノウハウは持っているけれど雨漏り修理の知識ノウハウはもっていないというところもあります。しっかりと直してもらえるよう修理業者の選択は慎重に行いましょう。

雨漏り火災保険について詳しく解説しています。
最終更新日2020年8月11日