雨漏りに保険は使えるのか?|屋根雨漏りのお医者さん

雨漏りと保険

雨漏りと保険って関係あるの?

えっ!あるとすればどんなふうに使えるの?

皆さん、そういうふうに思われるかと思います。

まずは、この動画を御覧ください。

雨漏り修理に
火災保険は使えるのか?

あまり知られていませんが、火災保険には、風災害特約が自動的に付帯していることがあります。

同じ雨漏りでも、

*台風や強風などの突風でたとえば瓦が飛んでしまった。

*屋根の一部がはがれてしまった。

このような場合には、火災保険を利用できることがあります。

屋根雨漏りのお医者さん 雨漏りと保険の話

火災保険の適用範囲

基本火災保険は、経年劣化に関しては適用されません。

あくまで、その時の風水雪害等によって、ものが破壊された場合に 適用されるというのが一般的な解釈です。

例えば、

1.台風で屋根の一部が飛んでしまった。
2.雪の重みで、普通だと壊れるはずのない雨樋が壊れてしまった。
3.風で何かが飛んできて、それが屋根の一部を壊してしまった。

屋根雨漏りのお医者さん 火災保険が使える場合

等々、こんな感じが保険適用になる典型的なケースです。

ただ台風がよく来るような地方においては、台風が直接の原因となる雨漏り等の可能性は結構多いので、そのへんは直接、私たち屋根雨漏りのお医者さんにご相談下さい。

火災保険でお得なこと

保険ですごく嬉しいことが大きく考えると2つあります。
それは、

1.保険を使っても保険料は変わらない
2. 保険は3年以内なら、過去にさかのぼって請求できる

ということです。

この2つは、保険を使いたい、雨漏り等で苦しむ人にとって、すごくありがたい制度です。

ですから、保険が使えるかもしれない場合には、どんどん保険を使うことをお勧めしますし、私たち、屋根雨漏りのお医者さんとしても、使うことをお勧めする場合が結構あります。

また、保険の規約上「3年以内に」、とはなっていますが、民法では、そのことを保険会社がきちんと「3年経ったからもう保険は出さないよ」と言わない限り、気づいてから3年以内に申請すれば適用されることがあります。

この辺は、かなり微妙な線です。

業者によって協力してくれるところ、くれないところがあったり、保険会社によってどうにもならないところもあったり、と保険を使用する際は、知識があるない、やり方を知っている、知らない、ではかなり違いがあります。また、ここに関しては、保険会社に問い合わせても、保険会社の人も知らない場合もあります。

1業者だけでなく、何社か問い合わせをして確認をし、一番良いと思われる業者を選んで下さい。

また、火災保険の知識、ノウハウは持っているけれども、雨漏り修理の知識ノウハウはもっていない、というところもあります。お金が下りて修理ができることはありがたいことですが、その際も、きちんと直してもらえるよう、業者選びは、慎重に行いましょう。

もう一つ、気を付けたいのが、20万円以下の工事では適用されない! という保険が多いことです。

そこについてはきちんと保険屋さんに確認されたほうがいいかと思います。
また、修理に来る業者ときちんと相談をして、とにかく、一番いい形で、屋根を修理されることを 私たちとしては願うばかりです。