industry discuss of your great deal of brandname there are numerous,http://amazewatches.com/ usa is one of them. merchants tirelessly dedicated to the creation of fakerolex for sale in usa. who sells the best https://www.sellswatches.com is amazingly distinct from the astonishing wonder of amazement. fake-watches.is rolex certainly is the most suitable biochemistry combined with technology as well as the trip. https://www.richardmille.to/ being successful tend to be very beautiful.
雨漏りの修理費用

雨漏りの修理費用を安く抑えるには?

雨漏りなんて滅多に起こる事では無いので、雨漏りした際にどうしたらいいのか判断できる人は少ない筈です。
雨漏りの修理は、発生した箇所や損傷の規模、修理する業者によって費用が全く違ってきます。
そのため、雨漏り修理を含めたリフォーム業界には悪徳業者が多く存在し、悪徳業者についてネットで検索すると被害者の声が沢山アップされているのを見かけます。 
そこで、今回はどうしたら損せずなるべく費用を抑えつつ雨漏り修理を行えるか、ポイントを3つ解説します。

目次

1.雨漏りの修理費用を抑えるには費用相場を知り知識をつける

雨漏りの修理費用を抑えるには自身が雨漏りに詳しくなり、費用相場を知る事です。
先ほども話したように、雨漏り修理業界というのは悪徳な業者が多い業界です。
そのため、本来は必要のない箇所の工事を勧められたり、部分修理で直るようなものを大規模な屋根全体を交換する工事が必要だと勧められる事だってあります。
本当に屋根全体を交換する必要があるかもしれないので必ずしも大規模な工事が悪ではありませんが、その判断は自身が雨漏りに詳しくないと業者の言いなりになってしまいます。

雨漏り修理の費用を抑えるには、しっかりとした業者に頼む事が一番なのです。
そのため、自身が知識をつける事で正しい業者を見極められる事ができる方法なのです。

雨漏り修理の費用相場

雨漏りの修理費用の相場について解説します。
雨漏り修理費用の相場というものは存在するものの、正確な費用を相場で知ることはできません。
理由としては『修理する屋根材の種類』 『雨漏り箇所』 『修理方法』によって金額が全く異なってくるためです。雨漏りの修費用の相場については、大まかな目安程度に参考にして下さい。
正確な修理費用が知りたい方は、一度見積もりをとってみないと分からないのです。
ですが、業者毎にも金額が違うため何を参考にしたらいいの?と思うかもしれません。
そこで、相見積もりを数社とる事で大体の費用は分かってくると思います。ただし業者を選ぶ際は、修理費用の安さだけで選ぶのではなく、しっかりと実績や業者の人柄を見て判断しましょう。極端に費用が安い場合は注意が必要です。
次の章では、屋根の修理によく用いられる施工方法毎の費用相場を目安としてご紹介します。

全体的な雨漏り修理の費用相場

葺き替え

既存の屋根材を剥がし、新しい屋根材に取り替えます。平均相場は50万~200万円と高額です。

カバー工法

屋根

古い屋根材の上から新しい屋根材を被せます。条件がありますが、葺き替えよりは費用を抑えられます。平均相場は60万~150万円です。

屋根の塗装

578406_s (1)

防水塗装を屋根材やベランダの床、屋上等を守る為に施します。平均相場は塗装面積によって大きく異なりますが20万~100万円です。

部分的な雨漏り修理の費用相場

コーキング修理

古く機能が無くなった部分や劣化したコーキングを塗り直します。平均相場は3千円~10万円です。

瓦の交換

屋根材の破損箇所だけを新しい部品に交換します。
平均相場は1万~10万円です

棟板金の交換

屋根に設置されている棟板金(むねばんきん)を交換します。
平均相場は3万~15万円です。

屋根の被害状況によりますが、屋根の被害が酷いと全体修理になる可能性が高く修理費用が高額になってしまいます。
出来れば費用のかからない部分修理で済ませたいものですが、症状が酷いと大規模な修理をどうしても行わなければならないため、高額な修理費が必要になります。
ですが、台風等の自然災害や新築住宅やリフォームしたてで雨漏が起きた場合には、保険や補償を使用でき、それを使っての修理ができる可能性があります。

2.火災保険や保証を使用しての雨漏り修理

雨漏り修理する際に、保険や保証を使用して修理ができたら助かりますよね?
自然災害や、新築住宅で雨漏が発生した場合には、保険や保証を使用して雨漏り修理ができる可能性があります。

火災保険を使用した雨漏り修理

台風による雨漏り

火災保険を使用したいと考えている方は、まずご自身が加入している保険の内容を確認しましょう。
分からない方は、一度保険会社に連絡してみるのがいいでしょう。
火災保険には、主に、住宅火災保険住宅総合保険の2つがあり、いずれも保証の範囲が異なりますので注意が必要です。

さて、保証が使用できる範囲の自然災害ですが、主に
風災
雪災
雹災
震災
落雷
などによる被害が一般的です。この他にも飛来物や水災、爆発等の規定もありますが、それはご自身の保証を確認しどこまでが補償範囲なのか確認してみて下さい。

これらの被害に当てはまる場合は、屋根以外にも室内やガレージ、堀などにも適応する事ができますので確認する必要があります。
※いくら自然災害が原因での雨漏りだと言っても経年劣化とみなされてしまえば適応されることはないのでしっかりとした業者にサポートしてもらい申請する必要があります。

瑕疵担保責任での雨漏り修理

新築住宅での雨漏り

新築住宅で明らかに施工不良の疑いあり、それによって雨漏が発生している場合には、売主が無償で修繕してくれる可能性があります。
品確法第95条に、引き渡してから10年以内に基本構造に不良があった場合や、雨漏が発生した場合に売主が無償で修繕しなければならないと決められているのです。
このような場合には、まずは施工した業者に連絡してみましょう。
中古物件やリフォーム直後であっても保証がある可能性があるため一度連絡してみるのをお勧めいたあします。

ただし、これらは自然災害等の破損では適応されないため、そのような場合には火災保険を使用して修理を行いましょう。

3.雨漏りしたらすぐに修理する

修理費用を安くする為に最も大事なことは「最速で修理する」です。

雨漏りは、見つけてから時間が経てば立つほど、被害が拡大してしまいます、人間の虫歯の様なものですね。

自然には治らない以上、いつか修理をしなければなりません。放っておくと雨水が家の色々なところをダメにしてしまうのです。
最悪屋根の全面葺き替えから室内の内壁工事や、家電製品の買い換えまですることになってしまいます。
雨水は、・木材・断熱材・鉄筋・コンクリートなど、建物の構造材すべてに悪影響があります。

なので少しでも早く修理をすることが、最も安く出来る方法なのです。雨漏りは誰でも止められるようなものではありません。

屋根の中、見えない場所に原因がありますのでその原因を特定し、確実に止めるには、長年の経験と確実な技能が必要です。

その技能を持っているのが私たち「屋根雨漏りのお医者さんグループ」なのです。

「工事費が安かったので、修理を頼んだのですが、雨漏りが止まらないんです。助けてください」 こんな相談がとても多いのですが、その場合でも雨漏りを止められなかった職人さんからお金が戻ってこない場合が多々あります。

確実に雨漏りを止められる技術力が必要

まずはじめに、私たちに雨漏り修理の依頼をして頂いてるお客様の約半分が雨漏りの再発が原因でお悩みのお客様です。

大抵の業者は返金保証なんてありませんので工事をしてもらったら、お金を払わなければならないです。

実際に私たちのところへ「他の業者に頼んだのに止まらないんです」 「半年位前に修理してもらったのに、すぐに漏ってしまって・・・」と相談してくるお客様は沢山います。

実際に伺ってみるとその業者さんの知識がないために雨漏りを止める工事をしていたはずが、その工事が原因で余計にひどくなっていたり、そんな工事をしてしまったことで、原因の特定が更に難しくなっていたりするケースが非常に多いです。

また、前の工事で無駄なお金を使ってしまっている為に、きちんと直すだけのお修理費用が残っていなくて、直してあげたいのけどどうしても直すことがで出来ない、そんなケースもたくさんあるのです。

降ってきた雨がどのような経路を通って行くかを考え、そこに水がいかに家の中に侵入しないかという工夫を加えて地面まで降ろしてやるかということを考えて工事をしなければ、確実に雨漏りを止めることができないのです。

逆に、そこまで考えてやって、初めて雨漏りがきちんと止まるのです。

まとめ:雨漏り修理費用を抑えるためのポイント

雨漏りの修理費用をさえるポイントは3つあります。
1.自分が雨漏りの知識をつけ相場を知る
2.火災保険や保証を使用して雨漏り修理を行う
3.早く修理を行う

いずれにせよ、雨漏りの再発を防ぐためにも、しっかりとした雨漏り修理業者を選ぶ必要があります。

雨漏り修理専門家による業者の選び方

最も大切なのは業者選びです修理業者を間違えてしまうと結果として雨漏りが再発し、修理費用も時間も倍以上浪費してしまいます。

ホームページを見て実績がある業者なのか、保証はあるのか、実際に会った時に見積もりの内容を細かく説明しているのか。

そう言った所を重要視して業者選びを行う事が大切です。

屋根雨漏りのお医者さんは全国展開している雨漏り修理ネットワークで各担当者の顔写真や情報を全て掲載しております。お困りの際はご相談ください。

オススメの人気記事!

雨漏り修理専門家

大塚万聡(おおつか)

この記事はあなたのお役に立ちましたか?
情報を他の人にシェアしましょう!

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook