雨漏りを止めるのが難しい理由とは?

私たちは屋根や壁の雨漏り修理の専門家です、何千件もの雨漏り被害を見てきました。
なので屋根を外から見ただけで、この屋根のどこを水が伝わって地面まで流れていくのか、ということが分かるのです。

私達が雨漏り修理に関して、他の業者と根本的に違っていると思うことがあります。

私たちは、「雨漏りを修理する」=「雨水を適正な場所を通して屋根の上から下まで降ろす」ということだと考えています。しかし、雨漏りを止められない業者、雨漏りを何度も再発させてしまう業者は「雨漏り修理をする」=「雨水が部屋の中に入らないようにする」と考えているように感じます。

ここからは雨漏り修理は何故難しいのか、止められない理由はなんなのか。を説明していきます。

1.雨漏り修理の専門家では無い

リフォーム屋さんは、 どうやったら建物が綺麗になって住みやすくなるかを知っているかもしれません。
大工さんは 建物の骨組み等、よくわかっていると思います。
塗装屋さんはどんな塗料を塗ればその材料にあった塗装が出来るかを知っています。
工務店さんはどの業者に任せれば、綺麗に直せるかということは分かっているはずです。

そして私たちは雨漏り修理の専門家です。

雨漏りに関しては、 例えばあなたがリフォーム屋さん、工務店さん、大手の建築屋さんに工事を依頼したとしても、最終的にはリフォーム屋さん、工務店、建築屋さんから私達のところへ依頼が来るのです。

雨漏りの原因を特定するのは、かなりの知識と経験が必要で修理の類でも難しいと言われています。
それを、数回雨漏りを修理したことがあるような便利屋さんが直せることはまずないでしょう。
多少雨漏り修理をしたことのあるリフォーム屋さんであっても、少し特別な雨漏りのケース等の場合には、原因を特定できない場合のほうが多いはずです。

また、防水屋さん、瓦屋さん等に依頼した場合は専門の箇所が雨漏りしていれば、雨漏り修理ができるかもしれません。
ですが、防水屋根であっても、瓦屋根であっても、細部の細かい処理は板金でされていることが多いのです。

それらも含めてきちんと雨漏りを見ることが出来るのが私たち「屋根雨漏りのお医者さん」なのです。

雨漏り修理業者

2.建物全体で考えていない

大抵の雨漏り修理専門外の業者さんは雨漏りしていると相談を受けた場合に、雨漏り箇所や、そのすぐ近くを見て原因を特定しようとします。
しかし、雨漏りがある程度見える状況になっていると言う事は、 かなりひどい状況になっていることが多く、 その雨漏り被害の近辺だけ直しても、原因の一部を直しただけにしかなりません。

雨漏りを修理したのにまたすぐに雨漏りが始まる、そんなことが多々あります。
結局は、水の流れを考えながら建物全体を見ていないので、きちんと直すことが出来ないのです。

私達がそれを出来るのは、雨漏り修理の専門家だからであり、 症例を何千件も見てきているからなのです。

3.雨漏りの知識経験不足

例えば、屋根からの雨漏りを修理する場合、適当に業者を選んでしまうと、知識がない業者さんも多いので、塗ってはいけない所を塗装してしまったり、雨水の逃げ口しないといけない部分もコーキングしてしまったりすることで、雨水の逃げ場がなくなり、結局、それがさらにひどい雨漏りにつながることが多々あります。

下の写真は雨漏り修理の再発により依頼を頂いた時の写真です。
再発によるものだったので以前に雨漏りしていた箇所を調査していたのですが、そこから再度再発していたのではなく、修理して工事した他の箇所から雨漏りしていたのです。

 

例えば、屋根から雨漏りがする場合、知識がない業者さんも多く、塗ってはいけないところを塗装してしまったり、雨が逃げなければならない部分もコーキングしてしまったりすることで、雨水の逃げ場がなくなり、結局、それがさらにひどい雨漏りにつながることが多々あります。

下の写真は雨漏り修理の再発により依頼を頂いた時の写真です。
再発によるものだったので以前に雨漏りしていた箇所を調査していたのですが、そこから再度再発していたのではなく、修理して工事した他の箇所から雨漏りしていたのです。

雨漏り被害

実際の雨漏り箇所

この様に専門家では無いと雨漏りの被害を更に悪化させてしまう事例も沢山あり、ネットで検索しても困っている人が多く見られます。 的外れな修理をされて多額の工事費用を請求されてもお客様は納得行きませんよね、保証期間であれば再度修理にも来てくれますが、結局何度修理しても治らず時間も凄くかかるのが嫌になり、専門家の私たちに最終的に依頼してくる人が多いです。

4.お客様の要望に合わせ過ぎてしまう

お客さんに、「安くして」と言われると、とりあえず止まれがいいと中途半端な工事で済ませようとする業者がいます。
しかし、それではきちんと雨漏りを止める事は難しく再発する可能性が高いです。その事が、かえって雨漏りを悪化させてしまう場合もあります。

勿論、私達がお客様に合わせないという事ではありませんし、お客様にとって最適なプランを提供し満足して頂く事が一番です。

私たちは、雨漏りを止めることを第一に考えていますので、お客様に安い予算を提示されても「この費用だと雨漏りを完全に止める事は難しいということをきちんとお伝えしますし、どうしてもという事であれば他にベストな選択を取れないかプロ視点で考えアドバイスさせて頂きます。

これは雨漏りを止めるプロとしては、譲れない所であり、経験からその後どうなるのかが分かっているから中途半端な雨漏り修理はしたくありません。

雨漏りドクター 臼井 インタビュー動画

栃木県担当の臼井が安価での修理をご希望のお客様に対してどのような対応を実際にしているのかをインタビューしました。

動画ではより一層スタッフの印象が分かりやすくなっております。

三分程の短い動画になっていますので是非ご視聴ください。

Q.専門家で無い人が雨漏り修理をするとどうなる?

天井からの雨漏り

A. 専門家で無い人が雨漏り修理をすると雨漏り修理の再発率は非常に高くなります。
屋根雨漏りのお医者さんに雨漏り修理を依頼する人の5~6割が雨漏り修理の再発が原因によるものです。

~依頼者の雨漏り原因~
雨漏り再発によるご依頼 54%

『雨漏り修理を何度しても再発する、同じ業者で5回ももう直している』とお手上げ状態になり、最終的に屋根雨漏りのお医者さんにご相談いただいたこともありました。大袈裟ではなく雨漏り修理とはそれだけ修理が難しい工事なのです。

何度も再発し、時間とお金を浪費するのなら最初から雨漏り修理のプロに依頼するべきなのです。
雨漏り修理のプロに依頼するのは金額が高そうと思われがちですが、経験や知識が豊富だからこそ安くその雨漏り被害に最適な修理プランをご提供することが出来るのです。

オススメの人気記事!

雨漏り修理専門家

大塚万聡(おおつか)

この記事はあなたのお役に立ちましたか?
情報を他の人にシェアしましょう!

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook