雨漏り修理を自分で行うのは危険?素人が雨漏り修理を行った際のリスクを解説

雨漏り修理コーキング

自分で雨漏りを直すのはリスクがある?
大雨が降った日に突然の雨漏りが起こり、雨漏りを直すにはお金がかかるし、業者に頼むのはどうしようかな?と悩む方は多いと思います。
もしも、ご自身で雨漏り修理を行おうとしている方がいましたら、ご自分で雨漏り修理を行う際のいくつかあるリスクについて知っておく必要があります。
もし自分で直せるものなら、自分で直したいと思っている方に読んで欲しい記事です。

雨漏り修理の専門家
雨漏り修理
雨漏り修理
目次

雨漏りとは?その原因を調査しよう

雨漏りとは、建物の屋根や壁から雨水が内部に浸入する現象を指します。雨漏りは屋根材の劣化や構造の問題、設備の不具合など様々な原因により発生し、その結果、建物の内部構造に損害を及ぼす可能性があります。ここでは、雨漏りの主な原因とその調査方法について解説します。

屋根材の劣化

最も一般的な雨漏りの原因は屋根材の劣化です。瓦やシングル、金属製の屋根材などは経年劣化や自然災害によるダメージにより、ひび割れたり、ズレたりすることがあります。これにより雨水が浸入しやすくなります。

構造上の問題

建物の設計や施工上の問題も雨漏りの一因となります。例えば、屋根の傾斜が不適切であったり、雨どいや排水システムが適切に機能していない場合、雨水が溜まりやすく、結果的に雨漏りを引き起こす可能性があります。

設備の不具合

エアコンや換気扇などの設備が壁や屋根に取り付けられている場合、その接続部分から雨水が浸入することもあります。これは設備の取り付け方法や防水処理が不適切な場合に多く見られます。

雨漏りの調査

雨漏りが発生した場合、まずはその原因を特定することが重要です。屋根や壁の損傷箇所を探し、可能であればその部分を写真に収めておくと良いでしょう。ただし、屋根に上るのは危険なため、業者に依頼するのが安全です。

また、雨漏りの位置や頻度、雨量との関係なども記録しておきましょう。これらの情報は修理の方針を決定する上で非常に役立ちます。

雨漏り修理の基本的な方法

雨漏り修理

雨漏りの修理方法はその原因によって異なります。まずは、原因を正確に診断することが重要です。それにより、最適な修理方法を選択できます。

1. 屋根材の修理や交換

屋根材が劣化したり破損したりして雨漏りが発生する場合、修理や交換が必要となることが多いです。屋根材の種類(瓦、スレート、金属など)によって修理方法も異なります。

2. 防水層の修理

屋根材の下には防水層があり、これが破れたり劣化したりすると雨漏りの原因となります。この場合は、防水層の修理や張り替えが必要となります。

3. 雨樋の修理

雨樋が詰まったり、破損したりすると雨水が屋根から適切に排水されず、雨漏りを引き起こすことがあります。雨樋の掃除や修理、交換が必要になることがあります。

4. 屋根と壁の接続部の修理

屋根と壁の接続部分が不適切だと雨水が侵入しやすくなります。この場合、シーリング材を使って隙間を埋めたり、防水処理を施すことで雨漏りを防ぐことができます。

どの修理方法も専門的な知識と経験が必要となるため、雨漏りが発生した際はプロの業者に診断と修理を依頼することをおすすめします。また、修理は早期に行うことが重要で、放置すると雨漏りが進行し、家全体の劣化を招く可能性があります。

DIYできる雨漏りとは?

どうしても自分で雨漏り修理がしたい

DIYとは、Do It Youself の略で、素人が自分で補修することを指します。
DIYできる雨漏りは、1階で発生している場合で、作業内容も応急処置や塗装など軽度の場合にのみ限ります。

軽度の雨漏りであれば、雨漏りで濡れた柱などの木材・壁・天井などはある程度の時間で乾燥しているため、木が腐朽劣化することはありません。
また、原因が確認できているということは直す箇所を分かっているということで闇雲に直すことがないからです。そして1階であれば2階などの高所作業にならず安全に施工することができるからです。

もしも、原因箇所が2階以上の高所作業になる場合、危険な工事を伴うため事故を防ぐためにも自身で行うのは絶対にやめましょう。
屋根材を踏み割ってしまったり、剥がれてしまったり、部材が割れてしまって落下してしまうなど、ケガやさらなる破損箇所を増やしてしまっては意味がありません。

それでしたら、安心できる業者に最初から数万円で適切な施工手順で修理してもらった方が安く済みます。

雨漏りのDIYについてはこちらの記事で詳しく解説しています。↓

あわせて読みたい
雨漏りの応急処置!室内から自分で簡単にDIY補修する方法と対策を解説 大切なお住まいで急に雨漏りが発生したけど、何からすればいいか分からず困っているという方も多いと多います。雨漏りは放置してしまうと被害が拡大してしまうため、一...

自分で雨漏り修理のDIY方法

シーリング 雨漏り 補修

外壁に、ひび割れや隙間があれば、コーキング材で埋めて雨水の侵入を防ぐことができます。
外壁の中でも、特にひび割れや隙間が多いところはサイディングのつなぎ目、ベランダとのつなぎ目、窓周辺、配管まわり、水切りとなっています。
補修の際に使用するものは、以下の通りです。
・シーリング材(変性シリコーン、ノンブリードタイプと記載があるもの)
・ヘラ
・コーキングガン
・プライマー
・マスキングテープ

方法
①まずは補修箇所の汚れや水分をふき取り、綺麗にしましょう。
②その後、補修雨箇所の周りにマスキングテープで養生を行い、他の箇所が汚れないように保護しましょう。
③ひび割れにそって、シーリング材を充填する
④ヘラで平らにならし、乾く前にムスキングテープを剥がし完成です。

防水テープを使った雨漏り修理方法

まずは、雨漏りが発生した箇所を特定します。屋根や壁などの外壁部分であれば、ヒビや穴が原因となっていることが多いです。この場合、防水テープを使用することができます。

防水テープは、柔軟性があり、密着性が高いため、穴やヒビをしっかりと塞いでくれます。貼る際には、水を拭き取り、テープを貼る箇所を乾燥させてから貼ります。また、テープを貼る前にシリコンコーキングなどで補修することもおすすめです。

防水シートを使った雨漏り修理方法

防水シートは、テープよりも大面積の修理に向いています。屋根や外壁など、広範囲に渡る雨漏りの場合には、防水シートを使って修理することが可能です。

防水シートを使用する際には、まずは貼る箇所をきれいに掃除し、水を拭き取ってから貼ります。また、シートを貼る前に、下地をしっかりと補修することが重要です。シートの上からさらにコーキング材を塗ることで、より強固な防水効果を得ることができます。

自分で行う雨漏り修理の有効なポイントと注意点

雨漏りは、お客様の家の中でも特に厄介な問題です。雨漏りが発生すると、天井や室内の物品への被害だけでなく、構造的な問題へとつながる可能性があります。しかし、すぐにプロのサービスに電話をかける前に、自分で行う雨漏り修理を試みることが可能です。そのためのポイントと注意点を一覧でまとめました。

1. 雨漏りの原因を探す

最初のポイントは、雨漏りの原因を探すことです。これは目視によって行うことが一番です。天井や屋根の表面を確認し、特に古い部分や損傷が見られる場所を重点的に調べます。

2. 小さな補修から始める

少しの補修から始めることが有効です。特に、コーキング材や防水テープは手軽に使用できる補修材料です。これらを用いて、小さな雨漏りの問題を自分で修理することが可能です。

3. 塗料で防水処理を行う

塗料は、雨漏り修理のための有効なツールです。特に防水塗料や防水スプレーを使用することで、雨漏りの発生を防ぐことができます。

4. 必要なら部材の替え

大きな雨漏りの原因となる部材がある場合、部品の替えが必要となる場合があります。その場合は、プロのサービスに連絡をとることをおすすめします。

注意点としては、雨漏り修理には専門的な知識や技術が必要な場合もあります。自分で修理を試みる際には、適切な安全対策を講じ、自分自身が安全に作業を行えるように気をつけてください。

以上が、自分で行う雨漏り修理の有効なポイントと注意点の一覧となります。これらを参考に、自宅の雨漏りを自分で修理する方法を考えてみてください。その際、費用を抑えたいというお客様にとっては、このようなDIYのやり方はお金を節約する一方で、問題解決のための実用的な手段となることでしょう。

切です。安価な材料を使用すると、劣化が早く、再度修理が必要になる可能性があります。高品質な材料を選ぶことで、長期的に見てコスト削減につながります。

自己修理を行う際には、安全面にも十分に注意してください。屋根や壁の高所作業は、非常に危険な作業となります。必要な工具を揃え、安全帯やヘルメットを着用することで、事故を防止することができます。

オススメの雨漏り修理方法

どうしても自分で雨漏り修理がしたい

おすすめの修理方法としては、防水シートを使用した補修が挙げられます。防水シートは、大面積に対応できるため、より確実な防水効果を得ることができます。また、シートを貼る際には、下地の補修をしっかりと行うことで、より強固な効果を得ることができます。

使用する材料についても、良質なものを選ぶことが大切です。安価な材料を使用すると、劣化が早く、再度修理が必要になる可能性があります。高品質な材料を選ぶことで、長期的に見てコスト削減につながります。

自己修理を行う際には、安全面にも十分に注意してください。屋根や壁の高所作業は、非常に危険な作業となります。必要な工具を揃え、安全帯やヘルメットを着用することで、事故を防止することができます。

雨漏り修理を自分でやる時に考えておきたいリスク

雨漏り修理

突然の雨漏りが起きたら困りますね。
真っ先に思うのは、「早く直さなきゃ」ということ。
修理業者を探すよりも先に、今起こっている雨漏りを止めたい。

それに、急な修理費用のことを考えると、まずは自分でやってみようと考えるのも自然なことでしょう。

ところが、そこには素人が自分で行う修理に、大きなリスクがあるのです。
そのリスクについて次で詳しく解説していきます。

・イスや脚立が倒れて怪我をする
・雨樋を壊してしまう
・屋根材を割ってしまう
・原因が特定できない

①イスや脚立がひっくり返ってしまうリスク

雨漏り修理

リビングの天井に雨漏りしてきたので、まずは、天井板をよく見てみるため、イスかもしもお持ちなら小型の脚立で天井を見るでしょう。

実は、もう少しの高さだからと自分で天井を見るとき、足元がぐらついてひっくり返ってしまうというのは、よくあることなんです。

そして、高さは低くても、ひっくり返る姿勢が悪かったり、下にあるものが固かったりすると、大けがにつながります。
しっかりと未然に防げる事故はなくし安全なことを確認してから応急処置や補修の工事をおこないましょう。

②雨樋等を壊してしまうリスク

雨樋

次に、それではと外部を眺めると、そこには屋根。
はしごをかけて屋根に上がるのですが、ここも要注意。

屋根の先端には、大抵「雨とい」というものが取り付いているので、そのままハシゴをかけたら不安定なんです。

我々専門家は、雨といを傷めずに、かつ、ハシゴをきちんと固定できる方法を知っているので大丈夫なんですが、それを知らずにハシゴをかけて、うまく固定できずに倒れてしまったり、雨といを壊してしまったりという例があります。

ハシゴが倒れてしまったら、大変なことになりますし、屋根に上がっているときにはしごが倒れたら、降りることができなくなります。

実は、もう少しの高さだからと自分で天井を見るとき、足元がぐらついてひっくり返ってしまうというのは、よくあることなんです。

そして、高さは低くても、ひっくり返る姿勢が悪かったら、大けがにつながります。

③足を滑らせたり瓦を割ってしまったりするリスク

スレートの割れ

また、うまくハシゴを固定して、屋根に上がったとしても、屋根にはいくらかの傾斜(屋根勾配)がついていて、傾斜によっては足元が滑り、大変危険な状態になります。

屋根材によっては、歩くべき場所が決まっていますので、それ以外の場所を踏むと、かえって屋根を壊してしまうことになります。
修理するつもりが、かえって屋根を壊してしまうなんて悲しいですよね。

④原因を特定できずに無駄に終わってしまうリスク

瓦屋根調査

さて、屋根にうまく上がることができた、または、屋根に上がることは慣れているとしても、まだまだ自分での修理にはハードルが高いのです。

なにしろ、雨漏りしている原因、雨の侵入場所を特定しなければなりません。
たぶんこの辺だろうとか、こんな感じでいいんじゃないかと思って修理しても、雨漏りは止まりません。

偶然に原因場所に付きあたったら雨漏りが止まるかもしれませんが、それは宝くじを当てるよりも難しいのです。
あてずっぽうで修理をしても、直らなければそれは修理ではありません。

雨漏りの調査については下記の記事で解説しています↓

あわせて読みたい
雨漏りの調査費用はどのくらい?確認方法と優良業者の選び方について解説 自宅など様々な建物で発生した雨漏りを直す際に行われるのが「雨漏りの調査」です。雨漏りの調査を行うことで、現在の状態や原因がわかることはもちろん、しっかりとし...

間違った修理で雨漏りが悪化する危険がある

コーキング剤

よくありがちなのが、屋根の上に上がり原因を探すと「隙間があったので、ここから雨漏りしていると思い込んで、コーキング材で塞いでしまった」というケースです。
すべての雨水が一方向にだけ流れるのではなく、タテや横方向、あるいは毛細管現象といって吸い上げるような伝わり方をすることもあります。
ですので、もし間違った箇所を塞いでしまったら、本来、排出されるべき雨水の逃げ道がなくなってしまい、余計に雨漏りがひどくなってしまうのです。

隙間があると自然とふさいでみたくなるものなのですが、雨漏り修理に関してはやたらめったら塞いでしまうのはダメということになります。

また、余計な一手間が加わることで、本当の修理をする際に、その作業が無駄になるばかりでなく、余分な作業が増えてしまい、結果として費用が余計にかかってしまうこともあるので注意が必要です。

これは素人の方だけでなく、業者であっても雨漏りに関しては知識がない方もいますので、雨漏り修理をする際は、しっかりと雨の通る道筋や、原因などしっかりと知識と経験があるがある業者に行ってもらうのが重要です。

専門家でないと雨漏りが修理できない理由

雨漏り調査

なぜ雨漏り修理の専門家でないと雨漏りは直すのが難しいのか?
雨漏りというのは複雑で家の構造によって原因場所と発生箇所が異なるのです。

それゆえに、素人の方であるとそもそもの原因箇所が発見できない場合が多いのです。

原因場所は室内で発見した場所と違う場合が多い

天井からの雨漏り

われわれ屋根雨漏りのお医者さんは、豊富な経験と実績で、雨漏りの原因を突き止めることができます。

雨が屋根に降ってからどういう風に流れていくか、どこに急所があるか、どんな場所を見ればいいか、それを知っています。

水は高いところから低いところへ流れていきます。
ですので、雨漏りの原因場所は、室内で発見した場所よりも、違うところになることが多いのです。

そして、建物の構造によって、どの方向へ伝わってきたのか、それがわからないと場所の特定にはつながりません。

修理に伺うとよく「この辺だと思ってやってみたけど直らないんだよ」といわれることが多いのですが、それは、見込み違いの修理の結果なのです。

雨の通る道筋(水みちともいう)を考えて、建物を見る、調べるということができなければ、本当の意味の修理にはならないのです。

外壁からの雨漏りの原因特定は家の構造が分からないと難しい

外壁のひび割れ

それでは、外壁からの雨漏りだったらどうでしょうか。

屋根よりは雨漏りの原因を発見しやすいと思い、自分でやってみることがあるかもしれません。

屋根の上みたいに、高い危ないところへ行かなくても済みそうですしね。

でも、これにも、一段も二段もノウハウがあるのです。

仮に、1階の部屋に雨漏りが起こったとして、みなさんは外壁のどこを見るでしょうか。

雨漏りしている部分を、そのまま外の位置を見ても、たぶん、原因の場所ではありません。

先に書いたように、水は高いところから引くいほうへ流れていくのですから、雨漏りしている場所よりも高いところを探さなければなりません。

でも、やみくもに高いところを目指してもダメなんです。

建物の構造や仕組みを理解して、目に見えない壁の内部を想像して、水の伝わるルートを考える必要があるのです。

しかも、必ず外壁が原因とは限らず、探ってみたら屋根が原因だったということはよくあることなのです。

外壁だったら自分でも簡単に原因がわかるかもと思っても、実は、屋根以上に複雑な雨漏りのルートを考えなければいけないのです。

つまり、自分だけで原因を突き止めることは、相当ハードルが高いわけですね。

しかも、修理する方法は、外壁の材料によって、ここに書ききれないくらいさまざまな方法があります。

われわれ専門家は、そんな様々な素材に対応できるように、いつも準備がしてありますが、素人では難しいですよね。

素材の組み合わせによっては、修理できたように見えても、結局、雨漏りが止まらないなんてこともよくありますから、知識と経験で得たノウハウがなければ、雨漏り修理は難しいのです。

外壁については下記の記事で解説しています↓

あわせて読みたい
外壁からの雨漏り!原因はクラック?外壁のひび割れ原因と修理方法、修理費用について徹底解説! 家の壁際にシミができていたり、雨漏りしているってことはありませんか?また、自宅の外壁で、ひび割れのような亀裂を見つけて心配になっていませんか?雨漏りするのは...

雨漏り修理の相場や費用について

雨漏り修理費用

自己修理にかかる費用は、修理の方法や使用する材料によって異なります。防水テープの場合は、1,000円程度から購入できます。防水シートの場合は、サイズや厚みによって価格が変動しますが、5,000円程度から購入できます。

専門業者に修理を依頼する場合には、雨漏りの原因や損傷の程度、修理範囲、修理方法、そして選んだ業者によって大きく変動します。したがって、具体的な費用を予測するのは難しいですが、あくまで一般的な相場として以下にいくつかのケースを示します。

軽度の雨漏り

軽度の雨漏り、つまり初期段階で発見されたものであれば、修理費用は一般的に数万円から十万円程度でしょう。これは、瓦の調整や屋根の一部補修など比較的小規模な作業を伴います。

重度の雨漏り

損傷が進行し、壁や天井に影響を及ぼしている場合、または大規模な屋根の補修が必要な場合、費用は数十万円から数百万円に上ることもあります。特に、屋根全体の補修や交換が必要な場合、費用は大幅に上昇します。

業者選びと相見積もり

選んだ業者によっても費用は大きく変動します。信頼できる業者を選ぶことはもちろん重要ですが、費用を抑えるためには複数の業者から見積もりを取ることをお勧めします。

また、費用は地域や時期によっても異なるため、それらも考慮に入れることが重要です。さらに、火災保険の適用や地方自治体の助成金制度も活用すると、費用を一部補てんすることが可能です。

以上のように、雨漏り修理の相場費用は多くの要素によって決まります。そのため、最終的な費用を把握するためには、具体的な状況に基づく専門家の見積もりが必要となります。

自己修理で解決できない場合には、専門業者に修理を依頼することも検討してください。

雨漏り修理の助成金

雨漏り 助成金 補助金

雨漏りの修理は、時には大きな費用がかかることがあります。しかし、幸いなことに、地方自治体や国による助成金や補助金制度が存在します。これらの制度は、一部の修理費用をカバーし、住宅所有者の経済的負担を軽減します。

それぞれの自治体が設ける助成金や補助金の内容は大きく異なるため、自身が居住する地域の具体的な制度について調査することが重要です。以下に、一部の可能性を示します。

屋根修理助成金

屋根修理をする際に、エコフレンドリーな材料を用いるという条件のもと、一部の自治体では修理費用の一部を助成するプログラムが存在します。これは、環境に配慮した住宅改修を推進するためのものです。

住宅改修助成金

高齢者や障害者が居住する家庭では、生活を快適にするための住宅改修に対する助成金が提供されることがあります。雨漏り修理がその改修作業の一部である場合、この助成金を利用することができます。

自然災害対策助成金

一部の地域では、自然災害による家屋の損傷に対して助成金を提供することがあります。台風や大雨によって雨漏りが発生した場合、この制度を利用することができる可能性があります。

それぞれの助成金や補助金には申請の条件や期限があります。そのため、詳細は各地方自治体のホームページや窓口などで確認し、適切な申請手続きを行うことが必要です。また、業者によっては助成金申請のサポートを行っている場合もありますので、雨漏り修理を依頼する際にはその点も確認してみてください。

雨漏り修理の期間

雨漏り 工事 足場

雨漏りの修理にかかる時間は、いくつかの要素によって大きく異なります。ここでは、その期間を影響する主な要素をいくつか挙げてみましょう。

雨漏りの原因と範囲

雨漏りの原因とその影響範囲は、修理の期間を大きく左右します。例えば、少数の瓦がずれて雨水が侵入している場合、その修理は数時間から一日で完了することが多いです。しかし、もし雨漏りが建物の構造に重大な損傷を引き起こしている場合、修理は数日から数週間に及ぶこともあります。

修理業者のスケジュール

修理業者のスケジュールも修理の期間に影響を与えます。混雑期や繁忙期はスケジュールが詰まっていることが多いため、修理を開始するまでに時間がかかることがあります。

天候条件

雨漏りの修理は、しばしば屋外で行われます。そのため、天候は修理の進行に大きな影響を与えます。雨や雪、強風などの悪天候は、作業を遅らせる可能性があります。

修理方法

修理方法も修理にかかる時間に影響を与えます。例えば、部分的な補修ではなく屋根全体の交換を選択した場合、作業はより時間がかかります。

以上のような要素を考慮に入れると、雨漏りの修理は数時間から数週間に及ぶことがわかります。具体的な期間は、専門家による評価と見積もりに基づきます。そのため、修理業者と事前にしっかりとコミュニケーションを取り、期間とその理由を理解することが重要です。

結論として、ご自身で雨漏りを直すことはお勧めできないのです

雨漏り まとめ

雨漏りの自己修理には、防水テープや防水シートを使用することができます。
ただし、自己修理に限界がある場合もあり、専門業者に修理を依頼することも検討してください。
修理方法や使用する材料には注意し、安全面にも十分に配慮して作業を行ってください。
雨漏り修理をする際には、その道の専門家を選ぶことをお勧めいたします。

雨漏り修理の専門家【屋根雨漏りのお医者さん監修】

石川県の雨漏り修理業者永井

こんにちは
屋根雨漏りのお医者さん石川県担当の永井です。
弊社は、雨漏り修理専門のプロ集団で構成された会社です。
私自身は、・基幹技能士・一級建築板金技能士など数多くの資格と表彰状を保有して活動しております。
総合実績11万件以上で皆様の知る建物を数多く修繕してきました。

雨漏り修理専門家のコメント

雨漏りは建物にとって深刻な問題であり、早急に対処する必要があります。ただし、雨漏り修理は専門的な技術や経験を必要とする作業であり、素人の方が行うことはおすすめできません。

建物の屋根や外壁の雨漏り修理は、専門の業者に依頼することが最善です。専門業者は適切な設備やツールを持ち、経験豊富な技術者が作業を行います。また、業者は建物の構造や材料に関する知識を有しており、適切な修理方法を選択することができます。

自分で修理を試みる場合、作業中により大きな被害を引き起こす可能性があります。屋根や壁の安全性や構造への悪影響を引き起こすことがあり、また、高所での作業や屋根へのアクセスには専門的な設備が必要です。さらに、適切な修理方法や材料の選択、施工手順など、専門的な知識が必要です。

雨漏り修理は建物の価値を保護し、快適な生活環境を維持するために重要です。そのため、専門業者に依頼して信頼できる修理を行うことをおすすめします。業者は正確な診断を行い、最適な解決策を提案することができます。

もしも雨漏りの状況を確認したい場合や、緊急の対応が必要な場合は、我々、屋根雨漏りのお医者さんに連絡ください。現地調査を行い、適切な対策を提案致します。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次