雨漏り修理を自分で行うのは危険?素人が雨漏り修理を行った際のあらゆるリスクを解説

外壁のコーキング修理 知識・ノウハウ

大雨が降った日に突然の雨漏りが起こり、雨漏りを直すにはお金がかかるし、業者に頼むのはどうしようかな?と悩む方は多いと思います。

もし自分で直せるものなら、自分で直したいと思っている方に読んで欲しい記事です。

屋根の清掃

基本的に雨漏りは、家の外側が劣化・破損することによって起こります。
(水道管の破裂や結露などが原因の場合は内側からです)

ですので、外側を調査し原因を突き止めなければなりません。
そのためには、屋根の上に登ることだってあります。

屋根の上に登ると言うことは当然、危険が伴うわけですので、素人の方がご自分で修理するということを雨漏り修理の専門家はオススメしないのです。

ご自身で雨漏り修理をすることオススメしない理由について、もう少し詳しく解説していきます。

雨漏り修理を自分で行う時に考えておきたいリスク

雨漏り修理を自分で行うリスク

雨漏りが発生し、真っ先に思うのは、「早く直さなきゃ」ということ。

そこで天井から雨漏りしている場合、屋根が壊れているから?と思い屋根の上に登られる方がいますが、そこには大きなリスクがあるのです。

修理業者を探すよりも先に、今起こっている雨漏りを止めたい。
それに、急な修理費用のことを考えると、まずは自分でやってみようと考えるのも自然なことでしょう。

ところが、そこには、素人が自分で行う修理に、大きなリスクがあるのです。

ここでは、ご自身で屋根に登って行う雨漏り修理をオススメしない理由について解説します。

自分で雨漏り修理をするリスク①怪我をするリスクがある

けが

リビングの天井に雨漏りしてきたら、まずは、天井板をよく見ようとするかもしれません。

その際、丁度いいイスか、お持ちなら小型の脚立で天井を見るでしょう。

実はこの際、自分で天井を見ようと、もう少しの高さだからと、椅子の上で爪先立ちをして足元がぐらついてひっくり返ってしまうというのは、よくあることなんです。

そして、高さは低くても、ひっくり返る姿勢が悪かったら、大けがにつながります。

自分で雨漏り修理をするリスク②雨樋等を壊してしまうリスク

雨樋の破損

次に、それではと外部を眺めると、そこには屋根があり、はしごをかけて屋根に上がるのですが、ここも要注意です。

屋根の先端には、たいてい「雨とい」というものが取り付いているので、そのままハシゴをかけたら不安定なんです。

我々専門家は、雨といを傷めずに、かつ、ハシゴをきちんと固定できる方法を知っているので大丈夫なんですが、それを知らずにハシゴをかけて、うまく固定できずに倒れてしまったり、雨といを壊してしまったりという例があります。

ハシゴが倒れてしまったら、大変なことになりますし、屋根に上がっているときにはしごが倒れたら、降りることができなくなります。

自分で雨漏り修理をするリスク③屋根材を踏み割るリスク

瓦のズレ

また、うまくハシゴを固定して、屋根に上がったとしても、屋根にはいくらかの傾斜(屋根勾配)がついていて、傾斜によっては足元が滑り、大変危険な状態になります。

屋根材によっては、歩くべき場所が決まっていますので、それ以外の場所を踏むと、かえって屋根を壊してしまうことになります。

修理するつもりが、かえって屋根を壊してしまうなんて、悲しいですよね。

自分で雨漏り修理をするリスク④原因を特定できずに無駄に終わってしまう

雨漏りの原因の施工不良

さて、屋根にうまく上がることができた、または、屋根に上がることは慣れているとしても、まだまだ自分での修理にはハードルが高いのです。

なにしろ、雨漏りしている原因、雨の侵入場所を特定しなければなりません。

たぶんこの辺だろうとか、こんな感じでいいんじゃないかと思って修理しても、雨漏りは止まりません。

偶然に原因場所に付きあたったら雨漏りが止まるかもしれませんが、それは宝くじを当てるよりも難しいのです。

あてずっぽうで修理をしても直らなければ、それは修理ではありません。

専門家でないと雨漏り修理ができない理由

屋根の雨漏り調査目視

雨漏り修理のプロは、長年培った経験により雨漏りが起こるパターンを熟知しています。

それにより、雨漏りの原因箇所を特定することができるのです。

ですので、素人の方だと、まず雨漏り修理で一番大事な原因箇所の特定ができないのです。

専門家では無いと雨漏りを直せない理由①原因を見つけるのに知識と経験が必要

雨漏りの原因調査

われわれ屋根雨漏りのお医者さんは、豊富な経験と実績で、雨漏りの原因を突き止めることができます。

雨が屋根に降ってからどういう風に流れていくか、どこに急所があるか、どんな場所を見ればいいか、それを知っています。

水は高いところから低いところへ流れていきます。
ですので、雨漏りの原因場所は、室内で発見した場所よりも、違うところになることが多いのです。

そして、建物の構造によって、どの方向へ伝わってきたのか、それがわからないと場所の特定にはつながりません。

修理に伺うとよく「この辺だと思ってやってみたけど直らないんだよ」といわれることが多いのですが、それは、見込み違いの修理の結果なのです。

雨の通る道筋(水みちともいう)を考えて、建物を見る、調べるということができなければ、本当の意味の修理にはならないのです。

専門家では無いと雨漏りを直せない理由②間違った修理をしてしまった場合、悪化する危険がある

コーキング剤

それとよくありがちなのが、「隙間があったのでふさいでみた」という事例です。

屋根の上に上がり少し眺めてみたら、隙間があるのを見つけ、これをふさげば大丈夫だろうと、コーキング材を詰めておいた、しかし、雨漏りが止まらないし余計にひどくなった。

これは、本来、コーキングを詰めてふさいではいけない所をふさいでしまったために、排出されるべき雨水が出てこなくなり、余計に雨漏りがひどくなったのです。

瓦屋根の重ね目の隙間をコーキングで埋めてしまうのが、このケースです。

すべての雨水が一方向にだけ流れるのではなく、タテや横方向、あるいは毛細管現象といって吸い上げるような伝わり方をすることもあります。

そのとき、ほんの少しよそへ回り込んだ雨水が出てくる場所が、たとえば瓦の隙間なのです。

それをふさいでしまったために、余計に雨漏りしてしまう、雨の通る道筋がわかっていないためにやってしまうことなのです。

隙間があると自然とふさいでみたくなるものなのですが、雨漏り修理に関して言えば、それはわからないのに意味もなくやってはダメということになります。

そのために、本当の修理をする際に、その作業が無駄になるばかりでなく、余分な作業が増えてしまい、結果として費用が余計にかかってしまうこともあるのです。

まして、本当の雨漏りの原因ではないところだったとしたら、直るどころか、ますますひどくなってしまいます。

また、屋根に穴でも開いているのなら、それをふさげばいいかもしれませんが、雨漏りの原因がそんなに都合よく遭遇するものではないですし、そんなにわかりやすいものならとっくの昔に直してしまっているでしょう。

そうではないからこそ、あなたの家の雨漏りが起きてしまっているのです。

それを見つけることができるのは、われわれ専門家、屋根雨漏りのお医者さん®なのです。

専門家では無いと雨漏りを直せない理由③外壁からの雨漏りは家の構造が分からないと原因特定が難しい

雨漏りのシミ

それでは、外壁からの雨漏りだったらどうでしょうか。

屋根よりは雨漏りの原因を発見しやすいと思い、自分でやってみることがあるかもしれません。

屋根の上みたいに、高い危ないところへ行かなくても済みそうですしね。

でも、これにも一段も二段もノウハウがあるのです。

仮に1階の部屋に雨漏りが起こったとして、みなさんは外壁のどこを見るでしょうか。

雨漏りしている部分を、そのまま外の位置を見ても、たぶん、原因の場所ではありません。

先に書いたように、水は高いところから引くいほうへ流れていくのですから、雨漏りしている場所よりも高いところを探さなければなりません。

でも、やみくもに高いところを目指してもダメなんです。

建物の構造や仕組みを理解して、目に見えない壁の内部を想像して、水の伝わるルートを考える必要があるのです。

しかも、必ず外壁が原因とは限らず、探ってみたら屋根が原因だったということはよくあることなのです。

外壁だったら自分でも簡単に原因がわかるかもと思っても、実は、屋根以上に複雑な雨漏りのルートを考えなければいけないのです。

つまり、自分だけで原因を突き止めることは、相当ハードルが高いわけですね。

しかも、修理する方法は外壁の材料によって、ここに書ききれないくらいさまざまな方法があります。

われわれ専門家は、そんな様々な素材に対応できるように、いつも準備がしてありますが、素人では難しいですよね。

素材の組み合わせによっては修理できたように見えても、結局、雨漏りが止まらないなんてこともよくありますから、知識と経験で得たノウハウがなければ、雨漏り修理は難しいのです。

自分で雨漏りを直すことが出来ない理由のまとめ

屋根の修理

こうしてみてくると、雨漏りを自分で直すということが、かなり難しいことであるとわかっていただけたと思います。

そもそも自分でちゃんと直せるような雨漏りなら、もっと早くに直せていたでしょうし、ひどくなっていなかったでしょう。

では、そんな雨漏り修理をだれに頼むか、それが一番のキーポイントになるはずです。

今までにお話してきたいろんな条件をクリアできて、確実な修理ができる業者を選ぶ必要があるわけです。

すると、雨漏り修理の専門家ではない、地元の大工さんや工務店さんではこれは難しいということはお分かりいただけると思います。

素人よりはマシかもしれませんが、専門家という意味では違うのです。

そこで、やはり雨漏り修理をする際には、その道の専門家を選ぶことをお勧めいたします。

雨漏りの放置によるリスクと起こりえる被害

雨漏りの二次災害

雨漏りを放置すると様々なリスクが生じます。

雨漏りの放置は主に、「建物に関しての被害拡大」「人体等への健康面に関しての被害」に直結してきます。

ですので、少しの雨漏りだからと放置してしてしまうのは大変危険なのです。

更に被害が拡大してから修理すると当然ですが修理費用も高額になってしまいます。

雨漏りの放置によって考えられる被害は主に下記のような被害が考えられます。

・木部の腐食や金属部の錆により建物の強度低下
・シロアリの発生
・漏電の危険性
・カビやダニによる人体への被害

木部の腐食や金属部の錆により建物の強度低下

雨漏りが発生し、家の内部まで雨水が侵入してしまうと重要構造である柱などの木部や金属部を腐食差てしまったり、サビさせてしまい強度が低下してしまいます。

最悪のケースだと災害が起きた際に建物が倒壊する危険性もあります。

シロアリの発生

シロアリは雨漏りで湿度が上がった環境を好むため、雨漏りを放置していると、腐食した木材を餌としてシロアリが繁殖してしまいます。
住宅で発生するシロアリのほとんどが雨漏りによるものです。

漏電の危険性

雨漏りにより住宅の内部に雨水が侵入すると、電化製品や配線等に水がかかった場合、漏電してしまう危険性があります。

最悪の場合、火災につながってしまうこともあります。

カビやダニによる人体への被害

雨漏りが発生すると湿度が上がり、カビやダニが発生します。
カビやダニは、アレルギーを持っている方は特に注意が必要になります。

自分で雨漏りを修理する応急処置方法

雨漏りの応急処置

ここまで読んでいただけたら、あまり大きな修理はご自分では出来ない事が分かりますよね?

ですが、場合によってはご自分でも被害が拡大しないように応急処置施す必要があります。

ご自分で雨漏り修理をする前に、まずはバケツなどを使い水を受け止めることが必要です。

雨水で濡れたままにしてしまうと床や壁が痛んでしまいます。

窓際から雨漏りしている場合には、雑巾やいらなくなったタオルを使い拭き取りましょう。

修理する際は、雨水が広がらない状態にしてから応急処置に入ります。

これからご紹介する方法は、あくまで室内で行う応急処置です。

雨漏りの原因は基本外側にあるため、そこを直さなければ根本的な原因の解決にはなりません、ですので、早めに業者に頼んで修理してもらう必要があります。

室内で行う雨漏りの応急処置①防水テープを使用する

防水テープ

防水テープを使用した補修方法です。
防水テープとは、防水加工してあるテープのことです。

防水テープで、ひび割れや、穴を塞ぐ事ができるため簡単な補修に用いる事ができます。

手順として、
1.雨漏りしている箇所を特定する。

2.その周りの汚れを落とし、乾燥させる。

3.防水テープをその箇所に貼る。
その際に、空気が入らないように注意し、雨水の流れる方向の下から上に向かってテープを貼ります。

室内で行う雨漏りの応急処置②壁紙の剥がれ・浮きを修理する

天井の剥がれの補修

壁紙クロスが剥がれている場合は、十分に乾いてから補修を行いましょう。

写真のように壁紙クロス用の接着剤と、仕上げ用のローラーがセットになった補修キットが売られていますので、これひとつあればすぐに補修を始められます。

手順として、
1.周りの汚れを落とし、濡れている場合は乾くのを待つ

2.壁紙に接着剤を塗る

3.付属するローラーでしっかりと押し付ける

↓応急処置方法について詳しくはこちらの記事で解説しています

簡単にできる雨漏りの応急処置方法

※画像をクリックで動画視聴できます。

〜内容〜

素人でも出来る修理はあるのか? 0:02~
簡単に出来る応急処置 0:19~
資格がなくても修理できるの? 0:54~
雨漏りの際、一番やっちゃいけないこと 1:24~
自分で直さない方がいい? 2:09~
雨漏りを直せる業者の種類 2:20~
どこにお願いするのがいいの? 2:29~
板金屋はどんなことをするの? 3:18~

John Doe

他の雨漏りの知識については上記のバナーをクリックし動画をご視聴ください。

自分で補修を行った後の雨漏り修理業者の選び方

雨漏り修理業者の選び方

雨漏り修理業者を選ぶ際のポイントはいくつかありますが、その中でも、
・保証を設けている
・相談時の対応が親切
・資格を持っている
などが挙げられます。

よくない業者の特徴として、
・業者の顔がホームページに載っていない
・相談時の対応が良くない
などの特徴があります。

屋根雨漏りのお医者さんでは、所属する全職人の顔写真をホームページにて載せており、全体の90%が国家資格・雨漏り診断士の資格を持ち合わせております。

調査・見積もりは無料で行っていますのでお気軽にご相談ください。

↓業者の選び方についてはこちらの記事で詳しく解説しています

慌てて雨漏り修理の契約するのは危険です!

"「屋根が壊れている。詳しく見てあげる」と訪問してきた業者に言われた。屋根に上がったあと、「早急に補修工事をしないと大変なことになる」と言われ、驚いて契約してしまった。しかし業者に不信感を抱いたため、解約したい。 (契約当事者:60 歳代 男性 埼玉県) "

出典:慌てて契約しない! 屋根の修理サービス

国民の生活に関する相談窓口としてある、国民生活センターには、雨漏り修理やリフォーム工事に関する様々なトラブルの相談が寄せられています。

中でも、急な雨漏りでしっかりと業者を選ばずに、チラシや訪問できた業者に頼んでしまい高額な費用の発生などでトラブルになっているケースが多々あります。

ですので、しっかりと工事内容に納得した上で工事の契約は行いましょう。

まとめ

まとめ

室内に雨漏りが発生している場合、基本的には家の外側に問題がある場合が多いです。

そのため、調査や修理する際は、高いところや不安定な場所に登る必要があるので素人の方が行うのは大変危険なのでオススメできないのです。

また、屋根に登った際に、雨樋や屋根材など、新たに破損させてしまう恐れがあります。

運よく何事もなかったとしても原因を特定できずに終わってしまうかもしれません。

ですので、簡単なもの以外は、ご自分で雨漏りを直そうとする前に一度業者を頼ってみてはいかがでしょうか?

あなたの地域を担当する雨漏り修理スタッフの名前から所持資格、施工実績箇所等を全公開中!

~あなたのお住まいの都道府県をクリックしてください ※愛媛県は現在受付を中止しています~

東海地方

四国地方

愛媛 香川 高知 徳島

Q.凄い資格や修理実績が多い人は修理費用が高そう・・・

A.いいえ、経験知識が豊富だからこそ安く確実な修理方法を知っているのです。

※日本全国対応・お見積もりOK

雨漏り修理専門家

大塚万聡(おおつか)

屋根雨漏りのお医者さん

この記事はあなたのお役に立ちましたか?
情報を他の人にシェアしましょう!

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook
タイトルとURLをコピーしました