1. TOP
  2. 知識・ノウハウ
  3. もしかして、あなたの家も雨漏り寸前かも? 雨漏予防のための3つのメンテナンス

もしかして、あなたの家も雨漏り寸前かも? 雨漏予防のための3つのメンテナンス

1.もしかして、あなたの家も雨漏り寸前かも? 雨漏予防のための3つのメンテナンス

雨漏りは家にとっては致命的ともいえる被害を引き起こします。
雨水が建物の中に侵入してしまうと、カビによる健康被害だけでなく、木や鉄骨などの構造材の腐食・シロアリの発生などによる家の倒壊や、漏電による火災などの「重大な二次被害」が発生する可能性が急上昇します。
しかし多くの人は、雨漏りするまで屋根のメンテナンスをしようとは思いません。
なぜならば屋根は見えないからです。

外壁が色が褪せてくれば「みっともないから塗りなおそう」と思いますし、キッチンが古臭くなったらリフォームで新しいキッチンに取り替えます。
けれど、屋根は住んでいる人にはどんな状態になっているのか分かりません。また、ちょっと見ただけでは劣化しているのか正常なのか判断が出来ませんよね。
だから、家にとって致命的な「雨漏り」が発生するまで、屋根のメンテナンスを放置してしまうのです。

ところが、定期的にちょっとお金と手間をかけるだけで驚くほど屋根の寿命は延びます。
屋根の寿命が延びるということは、家の寿命も延びるということに他なりません。

そこで、雨漏りを予防して家の寿命を延ばす「3つのメンテナンス」をご紹介します。
「この家の屋根、建てた時から何もしていないよ」という方は、参考にしてくださいね。

1.プロの目による定期点検

屋根は定期的に、「プロ」に点検してもらうことが重要です。
屋根は、雨・雪・風そして日光に常にさらされて日々劣化が進んでいるからです。
特に風が強い地方や雪が降る地方では、屋根材の損傷や劣化する確率が高いので、定期点検が欠かせません。

専門業者以外が屋根を見ても「雨漏り赤信号箇所」は見つけることができませんし、逆に屋根材を傷つけて雨漏りリスクをアップさせることになりかねないので、点検はプロに任せましょう。
その時に屋根材のひび割れやズレ、谷樋の損傷などが見つかれば少額の修理費用で安全な状態を維持することができます。

瓦屋根であれば、割れている瓦を予備の瓦と交換したりズレを直すだけで雨漏りを予防できます。
スレート屋根やガルバリウム鋼板などの屋根材は劣化の状態を見て、適切な塗装のタイミングをアドバイスしてもらえます。

できれば、3年に1度は屋根のプロを呼んで点検してもらいましょう。
それ以上間隔をあけると、割れた瓦や塗膜が剥げてしまった屋根材から浸食がすすみ「屋根全体の葺き替え」などの大規模メンテナンスが、早い段階で発生してしまう可能性があります。
逆にこの定期点検を欠かさず受けていれば、大規模メンテナンスの時期を先延ばしにすることができます。
屋根は私たちが想像している以上に過酷な環境にあるので、人間ドックならぬ「屋根ドック」を受けさせてあげてくださいね。

 

2.定期的な塗装と葺き替え

永久メンテナンスフリーや、葺き替え不要の屋根材は存在しません。
どの屋根材も一定のサイクルで、塗装や葺き替えが必要になります。
定期的にプロによる点検とミニ補修を受け続けている場合は、屋根全体の葺き替え頻度を下げることはできますが、ノーメンテナンスで20年以上経過した屋根は、塗装もしくは葺き替えが欠かせません。

瓦屋根の場合は、瓦自体の耐久性はあるのですが、瓦の下の防水シートが劣化してしまいます。
コロニアル屋根のようなセメント素材の屋根やガルバリウム鋼板などの金属屋根は、10年から20年で塗装や葺き替え、それに加えて防水シートの交換が必要になります。

屋根の葺き替えはある程度まとまった費用が掛かるので、雨漏りしてようやく決心する方が少なくないのですが、どうせ葺き替えるなら「雨漏りしてから」より「雨漏りする前」に葺き替えた方が家にとっては得策ですよね。
特に15年以上前にコロニアル屋根やスレート屋根と呼ばれる屋根材で家を建てている人は、塗装や葺き替えが必要な時期に突入していますので一度プロに屋根の状態をチェックしてもらいましょう。
また築40年以上経過している瓦屋根の家は、瓦の下の防水処理がきちんと行われていない可能性があるので、防水シートを張るなどの処置を早め行うことをおすすめします。

 

3.地味に重要!!雨樋掃除

雨樋と屋根は関係ないように見えて、実はすごく密接な関係にあります。
雨樋の役割は、雨水を決められた場所に排水することですが、それ以外にも「家本体への雨水の侵入を避ける」働きもあるのです。
雨樋がない場合、軒先から軒裏、そして外壁に雨水がはいってしまい、壁の中が腐食してしまいます。
また、屋根から直接地面に落ちた水で基礎が浸食されてしまい、強度が低くなります。
一見か弱そうに見える雨樋ですが、実はこんなに家の役に立っているのです。

ところが、雨樋に落ち葉などが詰まっていると「雨水から家を守る」という雨樋の役割が機能せず、ザーザーと水が流れ落ち、雨樋がない家と変わらない状態になってしまいます。
「屋根から雨漏りしています」と連絡があって調べてみると、雨樋が詰まっているせいで軒先から雨水が侵入していたというケースが少なくないのです。

ですから、各シーズンに1回は雨樋を掃除するようにしましょう。
その際、屋根の周りに張り巡らされている雨樋だけでなく、雨樋が接続されている竪樋も詰まっていないかチェックしてください。
特に家の周りに樹木を植えている場合や、森林や公園の近くに住んでいる場合は、雨樋の掃除は欠かせません。
また、雨樋に直接葉っぱが落ちるような場所にはシンボルツリーなどの背丈が大きくなる木を植えないことも大切です。
雨樋の掃除は、プロに依頼したほうが安全で確実ですが「自分でやりたい!」という人もいらっしゃると思います。
そこでセルフ雨樋掃除の手順をまとめておきましたので参考にしてください。

軒下の雨樋をキレイにする

脚立やはしごなどに上って、雨樋にたまっている落ち葉などをトングや手・ホウキで取り除いてください。
竪樋との接続部分は、落ち葉やゴミが詰まりやすいので念入りに取りましょう。

水を流して詰まりをチェックする

雨樋全体がキレイになったら、端のほうから水を流して、水が流れ出てくるか目視で確認しましょう。
もし流れないようなら竪樋が詰まっている可能性があります。

竪樋のつまりを解消する

竪樋とは、軒下の雨樋に垂直に接続されている配管のことです。
この中に落ち葉などが詰まっていると、折角集まった雨水が逆流して、雨漏りの原因になります。
竪樋の詰まりは、長い棒などで押し込んで解消してみてください。
もし、取れないようであれば一度雨樋から竪樋を取り外してじっくりと長い棒などで押し出しましょう。

雨水の流れる方向をチェック

雨樋も竪樋もキレイになったら、もう一度水を流し込んでみて水の流れる方向を確認してください。
最近建てられた家は、竪樋から直接雨水桝に流れ落ちるようになっていますが、古い家は排水計画がしっかりと立てられていないことが多く、竪樋から流れ出る雨水が家の基礎の周りに溜まってしまうことがあります。
車の出入りなどで庭の勾配が変わってしまい、雨水の流れが変わることもありますので、定期的に雨水の流れを観察しておきましょう。

 

4.まとめ

永久メンテナンスフリーの屋根は存在しません。
どんな屋根材・工法でも塗装や葺き替えをしなければならない時は絶対にきます。
だったら、雨漏りする前にしっかりとメンテナンスを続けて屋根の寿命と家の寿命を延ばしたほうがお得ですよね。
屋根のメンテナンスに欠かせないのは「定期点検」と「塗装・葺き替え」そして「雨樋の掃除」です。
特に定期的にプロに点検してもらうことで大きな被害につながる前に損傷や劣化を発見してもらえ、結果的に修理費用を低く抑えることができます。
どうせお金をかけるなら、家に致命的な被害を与える雨漏りが発生する前にかけたほうが、家にとっても家計にとってもお得になります。

2.雨漏りドクターからの応急処置についてのアドバイスと実例

それでは、実際に屋根に上っていつも雨漏り修理をしている雨漏りドクターからの生のアドバイスをお届けいたします。

a.雨漏りドクター 高橋大悟さん(雨漏り前のメンテナンス)


このお宅は、連絡頂いたときに「どこから雨漏りしているんですか?」とお聞きしたら、「雨漏りしていないんだよ。雨漏りする前にメンテナンスをしたいんだ」というお客様でした。
すばらしいな、と思いました。

雨漏りをする前にメンテナンスをされる、というお客様はほとんどいません。
ほとんどの方が雨漏りがしてから連絡をいただくので、特に印象に残っているお客様です。

築15年~20年のお宅で、僕が工事させていただくまえに、一度すでにメンテナンスをしていらっしゃるような、すごく家に対する意識の高い方でした。

写真を見ると、屋上は色が変わっています。
一番上のトップコートと言われる塗装が剥がれている状態です。でも、下に防水層がちゃんとあって、まだそちらはきちんと機能している状態でした。

そのことをお伝えし、一番上のトップコートと言われる、防水層を守るための塗装をさせていただきました。タイミングとしては、非常にいい時期にご連絡頂けたと思います。

このようにタイミングよくご連絡いただき、点検等をさせていただけると、一番安く、良い状態を保つことができます。

ほとんどの方は、雨漏りしてからでないと気づかないのですが、できるだけ雨漏りがする前にお問い合わせいただけたらと思います。

 

b.雨漏りドクター 北野真吾さん(瓦屋根のメンテナンスについて)

瓦屋根の場合、築年数がある程度経つと、どうしても割れたりずれたりするということが出てきます。
それが気になるようになりましたら、思い切って瓦を撤去して、屋根の柱にかかっている重みを少し軽くする提案をしたいと思います。
やはり、軽くするのであればガルバリウム鋼板を使った屋根が良いと思います。

だいたい築30年を過ぎたくらいになってくると、どうしても瓦のずれや割れが気になってくることが多いです。
ですから、築30年を過ぎたくらいに、一度葺き直すことを考えてみて下さい。

兵庫は、阪神淡路大震災で神戸近辺は瓦屋根は少なくなっていますし、もしあったとしても、すでに重い屋根が危険だということは体験として知っていますので、土は撤去している屋根が多いです。

ただ、こないだ工事をさせていただいたお宅も、30坪ほどで、9トンもの土が屋根の上に載っていました。このお宅は若干広かったとはいえ、多少小さな家であっても、5、6トンは屋根に土が載っていると考えてください。

瓦の場合、基本的には塗装をするということはあまり考えられません。
セメント瓦の場合は、塗装をするのも必要な場合はありますが、瓦屋根で30年以上経っている場合には、どうしても柱の負担等が大きくなっており、家をさらに長く持たせることを考えると、葺き替えをした方が良いでしょう。

 

c.雨漏りドクター 高島昌信さん(30年メンテナンスをしていなかったセメント瓦からの雨漏り)


築30年のセメント瓦でした。
セメント瓦も、塗装をしていけばそれなりに持つのですが、メンテナンスをしていなかったということがあって、セメント部分が出てきてしまっており、本来であれば葺き替えをおススメしたいお宅です。

しかし、お客様のご都合で、何とか雨漏りだけを止めてほしい、ということでした。
古いお宅ではあるのですが、幸い瓦がまだしっかりしていたので、その中で雨漏りの原因となっている部分を探し、見積もりを出させていただきました。

原因となっていた部分は棟と呼ばれる部分です。
実際に瓦をはがしてみますと、中の防水紙も悪くなってしまっていました。

また、太陽光でお湯を沸かす機器が屋根に載っていたのですが、載せるときは13万円くらいで載せられるのですが、撤去するのにも7万円くらいかかってしまいます。

ということで、お客様もそのままにされていたのですが、それはサービスで撤去させていただきました。

原因となっていた棟の部分ですが、防水紙を変え、今度はセメント瓦よりも耐久性のある陶器瓦を使って施工させていただきました。

 

\ SNSでシェアしよう! /

雨漏り修理WEB|雨漏り修理のプロ80人からのアドバイスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雨漏り修理WEB|雨漏り修理のプロ80人からのアドバイスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亀岡亮介

亀岡亮介

屋根雨漏りのお医者さんグループ本部代表。
2010年に屋根雨漏りのお医者さんグループを立ち上げる。2017年現在、80数社の技術力を誇るメンバーを擁し、メンバーとともに、日々、雨漏り修理の問い合わせに対応している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 意外と多いベランダ雨漏り。ベランダは10年ごとに点検とメンテナンスを!

  • 築浅でも注意! 天窓(トップライト)からの雨漏りの危険性と対策

  • 築浅住宅でも雨漏りの危険はあります。雨漏りの原因とフルまとめ

  • 瓦屋根は雨漏りしにくいノーメンテナンス屋根? 瓦屋根のメリットデメリット

関連記事

  • 雨漏り工事でローンは組める! 使えるローンの種類と金利の相場

  • あなたの家のコーキングは寿命切れ? コーキングの寿命と必要なメンテナンス

  • 一体どれがベストなの?フルカバー! オススメの屋根材と耐久年数

  • 雨漏り修理を自分でやろうと考えているあなたへ

  • 屋根の塗装は本当に効果あり? 塗装の種類と効果とは?

  • 瓦屋根は雨漏りしにくいノーメンテナンス屋根? 瓦屋根のメリットデメリット