自分で雨漏りの応急処置!DIYで雨漏れの修理・対策をしよう!

雨漏りの応急雨処置 未分類

大切なお住まいで急に雨漏りが発生したけど、何からすればいいか分からず困っているという方も多いと多います。雨漏りは放置してしまうと被害が拡大してしまうため、一刻でも早く被害の進行を食い止める必要があります。

ですが、まずは業者を呼ぶ前に、自分で行うべき大切なことを実施する必要があります。
それは雨漏りの応急処置と対処です。

雨漏りの応急処置と対処は、特別難しいことではないため誰でも簡単に行えます。
雨漏りの処置を行うことで被害拡大を防止し、これ以上、大切なお住まいへの被害を防ぐことができるのです。

雨漏りを自分で直すのに必要なことが、原因の調査です。
一般的には目視や散水調査と呼ばれる工法で見つけることが多いです。
雨漏りの原因が、排水口の詰まりであったり、わずかな隙間からの侵入であったり、ゴムパッキンを替えるだけで直るような簡単な施工であれば、素人の方でも自分で行うことができます。

雨漏りの状態がそこまで酷くなければ、必ずしも料金がそこまで高いわけではないので業者に頼んでみるのも一つの手です。

この記事では雨漏りの対処方法と応急処置・対策についてプロが分かりやすい様に解説していますので、知っておくと咄嗟の雨漏りに対応することができます。

すぐに雨漏りの修理・メンテナンスを依頼したい方や、雨漏りの修理業者を探している方は、一度屋根雨漏りお医者さんのサイトをご覧ください。
本ページ下部のバナーからも受付をしておりますので、お気軽にご相談ください!

雨漏り修理

自分で雨漏り修理のDIYを行う方法

どうしても自分で雨漏り修理がしたい

雨漏り修理を自分で行う方法(DIY)について解説します。
雨漏りのDIYはあくまで一時的に雨漏りしている状態を防ぐための方法になります。

もし、ご自身でどうしても行いたい方は、自分で修理・補修が終わった後に専門の業者にこれで大丈夫か確認してもらいましょう。

また、屋根に登っての高所作業は大変危険ですのでオススメしません。

転落してしまう危険性の他に、屋根材を踏み割り、さらに他の場所が破損してしまう恐れがあるため、どうしてもご自分で行いたい方は、晴れている日に二人以上で注意して行うようにしてください。

専門業者であれば、2〜3万円で応急処置は行ってくれますので最初からお願いするのが確実です。

雨漏りの補修には、よく簡単にできると紹介されている方法があります。
それが以下の3つです。

コーキングによる補修
防水テープを使用した補修
ブルーシートを使用した応急処置

①コーキング材を使用した雨漏りDIY

コーキング剤を使用した雨漏り修理

コーキング材を使用して応急処置を行う前に、まずは雨漏りの原因となっている場所を探しましょう。

雨漏りを補修(DIY)するにしてもしっかりと原因を特定できなければ直すことはできません。
闇雲にここだろうと適当にコーキング材を使用してしまうと水の流れを変えてしまい、雨漏りをより悪化させてしまう恐れがありますので注意が必要です。

分からない場合は、業者に連絡し相談しましょう。

[準備するもの]
・コーキング材…約500円~1000円
・コーキングガン…約3000円
・マスキングテープ…約300円
・プライマー…約1000円
・雑巾

コーキング材を使用した雨漏りの応急処置方法

[手順]
1.まずは、コーキング塗る箇所に埃が溜まっていないかなど、綺麗に掃除を行いましょう。

2.その後、コーキング剤がはみ出ないように余分な部分にマスキングテープを貼ります。

 3.コーキング剤を塗る箇所に、プライマーと呼ばれる接着剤のようなものを塗り、コーキング剤を塗っていきます。

4.塗ったコーキング剤が乾く前にマスキングテープを剥がして完成です。

コーキングについてはこちらの記事で詳しく解説しています↓

②防水テープを使用した雨漏りDIY

防水テープを使用した雨漏りの応急処置

防水テープを貼る雨漏りの補修(DIY)方法は、コーキング補修と同様に雨漏りの原因箇所の究明から行います。 

[準備するもの]

・防水テープ
・雑巾

防水テープを貼る雨漏りの応急処置方法

1.まずは、防水テープを貼る箇所に埃が溜まっていないかなど、雑巾を使用して綺麗に掃除を行いましょう。

この際の注意点として、防水テープを貼る箇所に水滴やゴミが残っているとテープの密着性が悪くなり剥がれやすくなります。

2.綺麗に掃除を行ったら、雨水が流れる方向とは逆の下から上に向かって空気が入らないように貼っていきます。

ここでポイントとして、防水テープを広範囲に張らないというのが大切です。

あまりにも防水テープを広範囲に貼ってしまうと、雨水の侵入経路が変わったりして別の箇所から雨漏りが引き起こる場合が出てきますので注意が必要です。

③ブールーシートを屋根に被せて雨漏りを防ぐDIY

ブルーシートを使用した雨漏りの応急処置

ブルーシートを屋根に被せる雨漏りの応急処置方法もあります。

ただ、ブルーシート自体は安いものの土嚢を準備するのが大変であったり、ブルーシートを屋根に敷く際に風が強いと作業しずらかったり、材料を屋根まで運ぶのが大変であったりと難易度は高いです。
また、スレート
屋根に登った際に被害のない箇所まで踏み割ってさらなる被害を生む可能性や落下してしまう危険性があります。ですので高所作業は決して一人では行えません。
応急処置だけでしたら費用もそんなにかからない場合が多いので、できれば最初から業者に依頼して応急処置だけでもしてもらうのがオススメです。費用も自分で材料を1から揃えるとなると自分で処置するのと大して変わらないことも多いため、見積もりを知っておくと判断の材料になるのでいいかもしれません。

[準備するもの]

・ブルーシート
・土嚢
・紐

ブルーシートを使用した雨漏りの応急処置方法

1.まずは、原因箇所を含めた広範囲にブルーシートを被せて敷きます

2.瓦屋根の場合、ブルーシートの上部を一段上の瓦の下に差し込みます。

3.左右の端をテープを使用して屋根材に貼り付けます。

 4下の瓦とブルーシートの下部をテープで貼り固定します。

5.その後、土嚢を重しとして使用します。

土嚢同士を紐で結び、屋根の棟を挟んでおくと、土嚢が落ちることを防げます。

自分で雨漏りを直しやすいDIY可能な場所

一軒家で雨漏りした際、自分でもDIYなどで雨漏り修理がしやすい場所は、大きくわけて4つあります。
・屋根、ベランダ、窓、

これらの箇所から軽度の雨漏りの場合には自分でもDIYして直すことができることもあります。

雨漏りがいちばん多く発生する場所が屋根です。簡単なコーキングや一部分の交換で済む場合には自分でも直せる場合があります。
ベランダでは、排水口の詰まりによって起こっている場合、掃除することで直る場合があります。
窓では、ゴムパッキンの交換やコーキング の充填、防水テープなどで直せる場合があります。
外壁ではコーキングの劣化した箇所を補修することで直せる場合もあります。

まずは調査を行い雨漏りの原因を特定しよう

雨漏りの散水調査

雨漏りを直すには、プロであっても自分で直すにしても原因箇所の特定が不可欠です。
当然ですが、原因が分かっていないと見当違いな場所を修理してしまい、お金と時間を無駄に使ってしまうことになりかねます。
とは言っても、雨漏り修理で一番難しいのがこの原因特定をする作業なのです。
多くの業者は、散水調査といった水を原因と思われる箇所にかけて擬似的に雨漏りを再現する調査方法で見つけることが多いですが、これにも水をかける順番があったりと一見簡単そうに見えて難しい作業なのです。
明らかにここだけが原因で雨漏りになっていると分かれば素人でも直すことは不可能ではないのですが、複数箇所で雨漏りが起きていたり、中々雨漏りの症状が現れないような難しい場合にはプロであっても一発で直すのが難しいほど雨漏り修理というものは困難なのです。

雨漏りの調査方法については下記のページで解説しています。

自分で雨漏り修理やDIYをするのはお勧めできない

自分で雨漏りを修理する

先ほど、雨漏りのDIYについてやり方を解説しましたが、本音を言ってしまえばお勧めはできません。
最近では、ホームセンターに行くと、業者が使う防水テープやコーキング剤が販売されていたり、Youtubeなどで簡単に修理方法や情報を知る事ができるため「自分でも雨漏りを直せるかも?」と思うかもしれません。
中には自分で雨漏りを止めてしまう業者のような猛者も存在しますが、誰でも簡単にできる訳ではありません。

雨漏りの原因や発生箇所は、その家によって様々なため、ネットの情報や方法が自分の家の雨漏りに最適かどうかは、しっかりと調査を行い原因を特定してからでないと使用できないからです。

雨漏りしている箇所にコーキング材を使用した応急処置を例にとって説明します。

屋根から雨漏りしている場合、防水シートのずれや劣化、破損などが原因で起こることが多いため、雨漏り箇所を外側からコーキングしたところで、防水シートの劣化は直せませんよね。

一時的に直せたとしても、いつかまた別の場所から雨が侵入したり、再発してしまいます。

これでは、いたちごっこですし、屋根全体が徐々に腐食していき家の寿命は確実に短くなります。

このように、業者用の道具を使った雨漏り修理は一時的に効果は出るものの、根本的な雨漏りの原因が解決されていないため、雨漏りの再発リスクと隣り合わせなのです。

自分で雨漏り修理を行うリスクについては、こちらの記事で解説しています↓

雨漏りの応急処置はなぜ必要?

雨漏りの応急処置

まず、雨漏りの応急処置はなぜする必要があるのか?
結論から言いますと、これ以上、雨漏りによる被害を拡大させないために処置をする必要があるのです。

また、被害が少ない内に雨漏りの修理・補修を行う事で、修理にかかる費用を安く抑える事ができるからです。決して、少しの雨漏りだからといって放置するのは絶対にやめましょう!

雨漏りを放置した場合には、以下のような被害が出ることもあります。

木部の腐食
カビによる人的被害
漏電による火災
シロアリの発生

この他にも修理費用が高額になるなどのリスクがあるため、雨漏りに気付いたら早めに対処し被害を食い止める必要があるのです。

雨漏りはなぜ起きるのか?原因は大きく3つある

雨漏りの原因は主に大きく分けて3つの原因のいずれかによって起こります。
1.建物に使用される建築材や構造自体の経年劣化
2.台風などの自然災害による破損によって発生
3.建築時の施工不良や人為的ミス

雨漏りはざっくり分けた上記3つのいずれかの原因でどれも起こっています。
また、一言に経年劣化と言っても屋根だけでなく、外壁やベランダ、窓サッシなどあらゆる箇所で発生するため、素人では原因を特定するのは難しい作業になります。

屋根
ベランダ
外壁
窓・サッシ

さらに詳しく雨漏りの原因について知りたい方はこちらの記事で解説しています↓

雨漏りの応急処置方法を紹介

雨漏りによる被害を抑える方法

屋根・天井・壁・窓サッシなどの室内で雨漏りしている際の応急処置には、「雨漏りを受け止める方法」「ブロックする方法」の2種類があります。
今回は、雨漏りしている箇所別に応急処置・対処方法を4つご紹介します。

天井からの雨漏りを受け止める方法
壁からの雨漏りを防ぐ方法
窓からの雨漏りをブロックする方法
屋根からの雨漏りを受け止める方法

道具がない場合や、難しいと感じる場合には、要らなくなったタオルを置いておくだけでも可能なので、ぜひ参考にしてみてください。

①天井・屋根からの雨漏りをバケツで受け止める

バケツを使用した雨漏りの応急処置

天井・屋根から雨漏りしている場合、バケツで受け止める方法があります。
これの方法が一番簡単で誰でもできる室内で発生した雨漏りの応急処置方法になります。

雨や台風で天井から急に雨漏りが始まった場合は、水を受けるバケツ等の容器で雨水を受け止めて、それ以上、天井から垂れてくる雨水で床が濡れないようにしましょう。

バケツがなければ洗面器でも良いですが、洗面器は縁が低いため高い天井から落下してくる水が跳ねて飛び散りますので、ビニールシートをバケツの下にセットすることを忘れずに。

ビニールシートがなければ、ゴミ袋を切って開いて置いても良いでしょう。

[準備するもの]
バケツやボウルなどの水受け
雑巾やタオル
ブルーシートや、ゴミ袋

バケツを使用した雨漏りの応急処置方法

1.雨漏りしている天井屋根箇所の下に、バケツを置き、その下にゴミ袋を敷く
2.バケツの中に雑巾やタオルを敷く
3.その後、バケツに水が溜まってきたら水をこまめに捨てる

手順は以上になります。

②紙オムツで応急処置!天井雨漏りの補修方法

紙オムツを使用した雨漏りの応急処置

天井・屋根からの雨漏りの場合、バケツで雨水を受け止める方法の他に、紙オムツを使用して受け止める方法もオススメです。

最近の紙オムツの吸水性は凄いので、ポタポタ天井から水が垂れている程度であればしっかりキャッチできます。

ご自宅に大人用でも子供用でもいいので、紙オムツがある場合には、紙オムツを床に広げて置くと、滴る水音が気になりません。

床にオムツがあるのが気になるのであれば、テープでオムツを天井に貼り付けても大丈夫です。

ただし、水を吸ったオムツはかなり重いのでしっかりと貼り付けるようにしてください。

ガムテープなどで貼り付けると跡が残ってしまったり、天井板が剥がれたりすることも覚悟しておきましょう。

[準備するもの]
紙オムツ
ブルーシートや、ゴミ袋

紙オムツを使用した雨漏りの応急処置方法

1.雨漏りしている天井箇所の下に、紙オムツを置き、その下にゴミ袋を敷く
2.雨水を吸収できないぐらい吸い込んだら、新しいものに取り替える

手順は以上になります。

紙オムツの吸収性は非常に高いため、雨漏りの状況にもよりますが、丸一日経っても全然吸収してくれます。

③窓や壁からの雨漏りには雑巾を使用して応急処置を行う

雑巾を使用して雨漏りを食い止める方法

壁や窓から雨漏りしている場合には、雑巾や要らなくなったタオルを使用して雨漏りの被害を抑えましょう!

この際、カーテンを外しておくのを忘れずに行いましょう。

そのままにしてしまうとカビが生えてしまう恐れがあります。

[準備するもの]
雑巾やタオル
ブルーシートや、ゴミ袋

雑巾を使用した雨漏りの応急処置方法

1.雨漏りしている窓や壁に雑巾を押しあてましょう。
2.窓枠の下にビニールシートやゴミ袋を敷くと床に垂れる雨水を防ぐことができます。

手順は以上になります。
イメージとしては雑巾で雨水を吸収するイメージになります。

④屋根からの雨漏りの応急処置

屋根裏の雨漏り応急処置

屋根から雨漏りしている場合、先ほどまで紹介した床でキャッチする方法より少し難易度が高くなる方法が、「屋根裏で雨漏りをキャッチ」する方法です。

屋根裏とは、その名の通り、屋根と天井の間の空間です。
通常は、屋根裏点検口がどこかに設置されていますので、そこから屋根裏に入っていき雨水をキャッチします。

※押入れの天井から屋根裏に入れる場合が多いです。

[準備するもの]
・衣装ケースなどの大型の容器
・雑巾
・ビニールシートやレジャーシート

衣装ケースを使用した雨漏りの応急処置方法

1.上記記載の3つの持ち物を屋根裏に持っていきます。
2.濡れてる箇所は雑巾で拭き取ります。
3.雨漏りしている箇所の下にビニールシートあるいはレジャーシートなどを敷き、その上に衣装ケースを設置します。

手順は以上になります。

この方法であれば、居室内にバケツが並ぶという光景を見ることなくスマートに雨水をキャッチできます。

また、衣装ケースであれば大量の水が入りますので、しばらく水を捨てる必要もありません。

ただし、屋根裏への入り口はほとんどの場合、押入れの中やクローゼットの中にあるため、人一人が入るのがやっとなサイズであることが多く、大きすぎる衣装ケースは入らない可能性があります。

窓がない場合には、たまった水を運び出す手間もかかるので、階段がついているタイプの屋根裏の方のみにオススメします。

今回は4つの応急処置方法を解説しました。

これらの方法は、屋根修理業者さんが来てくれるまでに時間がかかる場合や、諸事情によってすぐに修理・補修をしてもらえない場合に有効な応急処置です。

雨漏りは応急処置しただけでは直らない

雨漏りの応急処置だけでは雨漏りは治らない

雨漏り修理のプロから見た、応急処置に対する考え方からお伝えします。

雨漏り修理に関する経験やノウハウがない一般の方が、根本から雨漏りを止めるのは、ほとんど不可能だと思ってください。

もちろん、パッと見てわかるような屋根に大きな穴が空いていて、そこをふさげばいい、というようなケースもありますが、そういうケースはそんなに多くはありません。

「雨漏り修理は、雨漏りの原因を探すのが90%、修理は10%」というくらい、原因を探すことが何よりも大切です。

雨漏り修理は、この原因を探すところから始まるのです。

屋根が劣化している・水が漏れているといったような場所が原因という訳ではないこともあるため、そこだけを塞いでも根本の雨漏りを直さないと違う箇所にも被害が及ぶことがあります。

ですから、応急処置のみで雨漏りを全部止めてしまおうとは考えず、専門の雨漏り修理業者に依頼しましょう!

雨漏りの応急処置後は専門業者に診てもらう

雨漏りの専門家に任せよう

雨漏りの応急処置で一番大切なのは、室内の雨水を受け止める体制が整ったら、すぐに雨漏り修理業者に電話することです。

築10年以内の建物であれば「瑕疵担保責任」が適用され、建築したハウスメーカーや工務店が無償で修理をするので、施工した建築業者に連絡を取りましょう。

築10年以上経った建物が雨漏りした場合には、大工さんや工務店、ハウスメーカーではなく「信頼できる雨漏りに強い板金屋さん」に連絡をしてください。

雨漏りは、住宅にとってメジャーなトラブルですが、未だにしっかりと原因を突き止めて雨漏りの再発を食い止める施工ができる業者さんは多くありません。

格安な修理費用だけを提示して、ろくに雨漏り箇所を調査せずに、うわべだけの修理を行う業者さんも少なからず存在しますので、自分で雨漏り修理に特化した業者さんを探しましょう。

見積もりまで無料で行ってくれる業者もいるので何社か相見積もりをしてみるのもおすすめです。

雨漏りの修理・リフォームにかかる費用相場

工事にかかる費用相場

雨漏りが発生した際、場合によっては「屋根」「外壁」「窓」「ベランダ」等のリフォームが必要になることもあります。

雨漏りの修理・リフォームにかかる費用相場は、原因や箇所、被害状況によってもバラバラで明確にいくらですとは決まっておりません。

ですので、今回は雨漏りの被害状況を「軽度」「中度」「重度」の損傷状況に分けて解説していきます。

「軽度」の雨漏り修理・リフォーム費用相場

雨漏り修理に使用する素材などによっても費用は異なりますが、約2〜15万が相場です。

雨漏りの発生箇所が、「屋根」「外壁」「ベランダ」「屋内の天井」「窓・サッシ」の場合には上記の費用で済む場合が多いです。

「中度」の雨漏り修理・リフォーム費用相場

雨漏りの被害状況が中度の場合には、一部の葺き替え・交換、防水加工、塗装などが必要になってくるため、修理・リフォーム費用はやや高額になってきます。

修理費用の目安としては、約20〜60万が費用相場になってきます。

「重度」の雨漏り修理・リフォーム費用相場

重度の雨漏りの場合、屋根や外壁自体の寿命が切れてしまって起こっている場合が多く、一部分の修理では、すぐに他の箇所から再度雨漏りが発生するような状況のため「屋根」「外壁」等の全体リフォームが必要になってきます。

全体リフォームの内容としては、屋根・外壁の葺き替え、カバー工法、全体塗装が主になってきます。

屋根・外壁リフォームの費用相場としては、約60〜250万が相場になってきます。
高額な費用が発生する前に、約10年を目安に屋根や外壁の定期的な塗装等のメンテナンスを行う事が大切です。

雨漏りの修理費用を火災保険で補える可能性がある

火災保険で雨漏り修理ができる場合

雨漏りの修理費用を考えると高くて手が出せないと思われる方も多いと思います。
雨漏り修理は数千円から数十万円までかかる費用が幅広いこともあり、安く済めば良いのですがそうでない場合には、中々辛いことだと思います。

そんな時に火災保険が修理費用に充てれたら助かりますよね?
災害によって雨漏りしている場合、被害の規模や症状によっては自己負担が少なく修理できることがあります。また、実際に火災保険を利用して自己負担0円で修理した方もいます。
ただし、火災保険の使用には条件があり、100%全額降りたり、適応されるといった保証はないので、頼り切るのは注意が必要です。
また、火災保険を利用した悪徳業者も多いため、申請する際の業者選びはしっかりと行いましょう。

それでは、簡単に火災保険の適応範囲の条件について解説します。
火災保険は、台風などの自然災害によって起きた破損が原因で不具合が起こった時に使えるものです。

例)
・台風でスレート屋根が飛ばされてしまった。
・樋やカーポートがひょうの影響で破損してしまい、交換に20万円以上かかる場合

以上の他にも対象となるケースは多々ありますので一度保証内容を確認してみるのがいいでしょう。
ですが、経年劣化や人為的ミスによって起こった雨漏りに関しては適応範囲外ですので注意しましょう。

さらに詳しく火災保険については下記の記事で解説しております。

賃貸で雨漏りしたら大家さんに連絡!

賃貸物件で雨漏りが起きた場合

雨漏りした際、どこに相談・連絡するのかは「賃貸・持ち家・新築・分譲マンション」によっても変わります。

ですが、雨漏りの応急処置については、賃貸・持ち家にかかわらず全てに共通して、まず行うべきことです。

この作業をやらないと、被害が拡大してしまった時に、賃貸の場合だと保証が効かなくなる場合があるため大切なのです。

※賃貸の場合は、決して自分で修理しようor業者に自分で連絡しようとは考えないでください。

最悪の場合、元に戻せと退去時に費用を請求されてしまうことがあります。

賃貸物件で雨漏りが発生した場合には、まずは大家さんか、管理会社に連絡しましょう。
賃貸の雨漏りについては下記の記事で詳しく解説しています。

雨漏り箇所を写真撮影しておく事は大事!

雨漏り箇所の写真撮影

雨漏り修理する際、雨漏りが起きた時の情報というのは非常に大切です。

写真を撮るだけでなく、雨漏りした時の状況も覚えて置くと雨漏りの原因が早く分かり修理の対応も早くなります。(ゲリラ豪雨による短時間での大雨、台風によって雨漏りした、風が強い雨の時だけ雨漏りするなど)

また、賃貸物件の場合、損害賠償などに発展した際に証拠になるため、被害にあった家財などの撮影も行いましょう。

覚えて置く情報としては、主に以下のような雨漏りしたときの状況などです。

雨の強さ
風の向き
雹や雪・台風などの天災
落ちてくる水の量

オススメなのは、雨漏りの箇所とバケツに溜まった雨水、屋根や外観、図面、雨漏りの被害があった家財等を、写真で撮って置くことです。

雨漏りの発生が多い箇所

雨漏り発生の原因調査

雨漏りと言えば屋根から雨漏りするイメージが強いと思いますが、屋根と同じくらい雨漏りの発生が多い箇所があります。
雨漏りで多い代表的な4つの雨漏り箇所を説明します。

屋根
ベランダ
外壁
窓・サッシ

①屋根や天井からの雨漏り

雨漏りしやすい屋根の箇所

雨や風、紫外線の影響を一日中受けている屋根は最も雨漏りが起こりやすい箇所です。
屋根材が瓦屋根の場合には、瓦の下にある防水シートや、部材のつなぎ目、漆喰などが劣化して雨漏りを引き起こすことが多いです。

コロニアルやガルバリウム鋼板などの金属屋根などでも同様に、経年劣化により、屋根材が剥がれたり、割れたり、穴が開いたりすることで雨漏りが起こります。
屋根の塗装によっても経年劣化等により屋根の防水機能が低下し雨漏りが発生します。

また、台風や大雨の後に雨漏りが発生することが多いので、梅雨時期や台風シーズンの前には一度専門業者に調査を依頼し、必要であればメンテナンスをしてもらいましょう。

雨漏りをイメージする多くの方は、天井から雨水が落ちてくるといったイメージが強いと思います。

しかし、水滴まで落ちてくるような場合だと雨漏りが重症化している、あるいは水道管の破裂などの恐れがあるため被害拡大を阻止する応急処置を行い、至急専門業者に連絡をして見てもらいましょう。

大抵はシミができている、カビが発生しているという現象から始まるため、これらを見つけたら、すぐに専門の業者に調査を依頼することをオススメしています。

②ベランダからの雨漏り

ベランダの雨漏りの原因

ベランダの下の部分が濡れていたらベランダからの雨漏りの可能性が高いです。
防水シートや、防水塗装の経年劣化や不具合によって、防水層にヒビが入り雨漏りが発生する事が多いです。
ベランダに植木鉢など物を置いている方は注意が必要です。

また、排水溝の詰りによっても雨漏りが発生する事があるため、放置してしまいがちですが定期的に排水溝の掃除をしましょう。

③外壁からの雨漏り

外壁からの雨漏りの原因

外壁に施してある塗装の劣化やシーリングの剥がれが原因で雨漏りが発生する事が多いです。

また、外壁材が「モルタル」や「窯業系サイディング」の場合には経年劣化により外壁にヒビが入りそこから雨水が侵入することもあります。

④窓枠・サッシからの雨漏り

サッシからの雨漏りの原因

窓・サッシからの雨漏りは、窓やサッシの隙間を埋めているコーキング材の剥がれにより、わずかな隙間から雨水が侵入したり、ビス穴から雨が侵入する事で雨漏りを起こします。

壁や窓際・サッシから雨漏りしている場合は大抵、ジワーっと水たまりができている場合が多いと思います。

放置してしまうと、木部や窓枠、壁紙が腐食したり、カビが生えるといった被害が起きるため、早めに拭き取る必要があります。

また、冬時期などでは、雨漏りではなく、窓に発生した結露でも同様に水たまりができるので放置せず拭き取りましょう。

雨漏り修理業者を選ぶ方法について

雨漏り業者の選び方

雨漏りの修理は、建築修理業界の中でも特に難しい工事です。
雨漏り修理は雨漏りの原因が突き止められているかどうかで変わってきます。

ですので業者を選ぶ際は、雨漏りの現場を如何に見てきて雨漏りのパターンを熟知しているかの経験と知識が重要になってきます。

もし、原因が分からないまま、あるいは間違っていたら雨漏りは止まりませんし、再工事のための余計な出費がかかってしまいます。

なので一般の方はもちろんのこと、大工さんなど普段雨漏り修理を行わない業者であっても複雑な場合は雨漏りを直すことができないです。

雨漏り修理の世界では、職人が自分の力だけで原因を見つけられるようになるには、最低10年の経験が必要だと言われています。

ですので、きちんと雨漏りを止めてもらうためには、どこが、なぜ、雨漏りしているのか?を徹底的に追及し、分かりやすく説明してくれるような、雨漏り専門の業者を選ぶことをオススメいたします。

雨漏り修理を専門として、20年以上の経験・実績を積んだ雨漏り修理のプロ集団、屋根雨漏りのお医者さんにご相談いただければ、雨漏り修理はもちろん、屋根・外壁のメンテナンス・修理を安心して行うことができます。↓

雨漏りの応急処置について まとめ

雨漏りの応急処置のまとめ

室内で雨漏りが発生した際、まず最初にすることは、部屋の中が雨漏りで濡れて被害が拡大するのを防ぐことです。

一時的な雨漏りの応急処置は主に4つあります。

バケツを使用して雨漏りを受け止める方法
紙オムツを使用して雨漏りを受け止める方法
雑巾を使用して雨漏りをブロックする方法
屋根裏で雨漏りを受け止める方法

そして、雨漏りしている箇所や、漏れてきた水の量、風向きを覚えておくと業者が対応しやすくなります。

業者に連絡する際、賃貸の物件であれば、まずは大家さんや管理会社に連絡をしてから判断を仰ぎましょう。

また、戸建ての場合10年未満の新築であれば施工不良の疑いがあるため、施工時の業者に連絡をします。

その他、築10年以上の住宅でしたら、雨漏り専門の業者に連絡し対応してもらいましょう。

雨漏りは何屋さんが修理するの?

基本的に雨漏り修理は、板金屋さんが行っています。

屋根や外壁の種類を問わず対応している、雨漏り専門家ですので板金屋さんに頼むことをオススメします。

兵庫県の雨漏り修理業者柴田

こんにちは
屋根雨漏りのお医者さん兵庫県担当の柴田です。

弊社は、雨漏り修理専門のプロ集団で構成された会社です。
私自身は、基幹技能士・一級建築板金技能士など数多くの資格と表彰状を保有して活動しております。

総合実績11万件以上で皆様の知る建物を数多く修繕してきました。

タイトルとURLをコピーしました