コーキングの劣化は雨漏りを誘発させる? コーキングの寿命と必要なメンテナンス方法を解説

知識・ノウハウ

コーキングって何?大切なの??

家の大切な構造といえば、柱や屋根、基礎などを思い浮かべる方が多いと思います。確かに柱も屋根も基礎も大切です。

しかし、建築してから真っ先に劣化が始まって、家を雨漏りの危機に晒すのは「コーキング」です。

コーキングのメンテナンスを怠ると、屋根や外壁、部材と部材の取り合い部(境目)からの雨漏りリスクが高まり、家の柱などの重要な構造材を侵食するきっかけになります。

けど、家のどこに「コーキング」が使われているのか、そしていつ頃コーキングをメンテナンスすればいいのかは、専門家でなければわかりません。

そこで、一般的な住宅の「コーキング」が使用されている箇所と、寿命、そしてメンテナンスの時期や方法についてまとめました。

コーキングの劣化が原因での雨漏りを防ぐためには、まずコーキングを知ることが大切です。これまで、コーキングのことを全く気にしていなかった方、コーキングについて知識を深めたい方の参考になれればと思います。

この記事の目次

1.コーキングって何?なんのために使われているの?

コーキングは、シーリングと言われることもありますが、簡単にいえば「隙間を塞ぐ粘土のようなもの」です。
シリコンなどでできた注入材が、大きな歯磨き粉のようなチューブに入っていて、必要な分だけ絞り出して使います。

コーキング材の主な役割は「雨水や異物の侵入防止」です。

住宅などの建物を作るとき、どうしても部材と部材の間に隙間ができてしまいます。

そのままにしておくと、建物の内部にゴミや水が入ってしまい、雨水などの侵食により重要な構造材や内壁などが腐食したり、カビが生えたりと住宅とそこに住む人間にとっては「百害あって一利なし」です。
コーキング材は、住宅にとってはなくてはならない大切な存在なのです。

2.コーキングが使用されている場所

一般住宅では、至る所にコーキング材が使われています。

代表的なのは、窯業系サイディングやALCボードのボードとボードの間の隙間、外壁タイルの目地や、換気扇や通気孔と壁の継ぎ目、窓と壁の継ぎ目などです。

建物の中では、キッチンと壁の間、お風呂とお風呂の壁の間などに使われています。
この中で、雨漏りに大きく影響を与えるのが、外壁の目地やボードとボードの間に使われているコーキングや、窓と壁の継ぎ目などの、外壁面コーキングです。
外壁面のコーキングが劣化すると、ヒビ割れや裂けが発生して、隙間から水が侵入して雨漏りが発生します。
外壁にあるコーキングは、建物の健康寿命を維持するためには欠かせないのです。

それに対して、屋内のコーキングは、ユニットバスに使用されているものついては、劣化を心配する必要はほぼありません。
ユニットバス内で、お風呂と壁の間に使われているコーキングが取れかかっていると不安になりますが、ユニットバスと壁の隙間から入り込んだ水分は、バスの下部から排水口に流れていくので問題ありません。

ただしキッチンや洗面所などのコーキングは要注意です。
キッチンのコーキングは、雨漏りには影響しませんが、キッチンで使っている水が、キッチンと壁の間に入り込んでしまい床や床下に漏水すると、腐食してしまいます。

ちなみに、建築業界ではコーキングもシーリングも同じ意味で使われていますので、シーリングと書いてあったら自動的にコーキングと脳内変換して大丈夫です。

3.コーキングの劣化・傷み症状

コーキングの劣化症状には、いくつかのパターンがあり、その傷みの症状によって劣化した原因が変わってきます。基本的には、コーキングの寿命によるものが多いですが、施工不足による劣化症状もよく見かけます。

コーキングの剥離

剥離とは、外壁とコーキング材との間に隙間が生じる症状です。
剥離ができる原因としては、プライマーと呼ばれる接着剤のような物の塗り忘れ・塗りの不十分だったりが原因で主に起こります。

コーキングの破断

破断とは、コーキングの中心に亀裂が入る症状のことを言います。コーキングに破断が起きる理由は、コーキング自体の劣化や寿命が原因で引き起こります。

コーキングの欠落

欠落とは、コーキング材が剥がれ落ちた症状を言います。
欠落ができる原因としては、プライマーの不足が原因で主に起こります。
また、コーキング材の後ろにあるバックアップ剤が少し見えている状態の場合は、コーキング材の厚みが足らなくて起こっている場合もあります。

いずれの劣化症状でも言えることは、コーキングを施工する場合は、腕のいい業者に頼むことです。業者によっては、同じコーキング材でも、保ち方が変わる場合もあります。また、劣化した際は、早めに対処行うことが大切です。コーキング材の劣化の放置は雨漏りの誘発につながります。

4.コーキングの寿命は長くて10年、短ければ5年

外壁のコーキングが、住宅を長く維持するためには重要とお話ししましたが、外壁に使用されているコーキングの寿命は長くても10年、短いものでは5年程度です。

実際には、5年経過したらすべてのコーキングが劣化して雨水の侵入を許す訳ではありません。
ただ、5年を経過すると劣化が顕著になり、徐々にヒビや裂けなどが生じるのは事実です。
特に、窯業系サイディングの隙間に使われているコーキングは、使用箇所が多いこと、日常的に風雨にさらされていることから劣化のスピードが早いと言われています。

「新築から5年」と聞くと、まだまだどこもかしこも新しい「キレイなおうち」というイメージですが、日頃は目につかない、隙間に詰められているコーキングたちは、寿命を迎えようとしているのです。
もし、新築してから1度もコーキングのメンテナンスを行わずに10年以上が経過している方がいれば、早急に点検をして、専門業者に依頼することをおすすめします。

5.コーキングのメンテナンス方法

コーキングは寿命が短いため、他の箇所と比べると頻繁なメンテナンスが必要です。

コーキングの主なメンテナンス方法は「打ち替え」です。
既存のコーキングを全て除去して、新しいコーキング材を注入します。
外壁の隙間だけではなく、窓や換気扇の継ぎ目なども忘れずに点検してもらいましょう。その時に重要なのは、新しくコーキングを注入するまでの手順。

コーキング打ち替えの相場は、同じ面積でも10万円未満から20万円超と幅があり、最安値から最高値までは4倍弱の差があります。

メンテナンス頻度が高いことから、1回あたりの費用は低く抑えたいのが人情ですが、コーキング工事については安さばかりを追求すると、コーキングを打ち替える前よりも状況が悪化することも考えられます。

コーキング打ち替えのために重要なのは「既存のコーキングの除去作業」ですが、値段が低いものは、既存のコーキングの除去は全くやらずに劣化したコーキングの上から、新しいコーキングを注入する「増し打ち」という工法を採用しています。

劣化コーキングの上から増し打ちしたコーキング材は、劣化コーキングが外れてしまえば取れてしまいますし、劣化コーキングが割れれば一緒に割れます。これでは、コーキング打ち替えをする意味がほとんどありません。
ところが、こんな無意味な作業をする業者が全体の4割に達しているのです。

本当は既存のコーキングと下地に使用するプライマーという薬剤を、完璧に除去できれば、打ち替えたコーキング材の耐用年数も長くなるのですが、そんな業者は全体の数%にも満たないのが現状です。
かといって、無意味なコーキングの打ち替えは避けたいので、コーキング業者を選ぶときは、「コーキングの除去の方法」について質問してみましょう。そこで、撤去せずに増し打ちすると答える業者はNGです。
できれば、「カッターで目地断面のコーキング材を除去する」と答える業者を選びましょう。
最高なのはサンダーなどで、目地面のコーキング材を完全撤去してくれる業者さんです。

6.コーキング修理だけで雨漏りは直せるの?

基本的には、全箇所同時期にコーキングは施工されているので、一箇所のみを直しても他のところから雨漏りする可能性は高いです。もし修理を行う予定なら、できれば全箇所修理するのがお勧めです。

※画像クリックで動画視聴できます。

他の雨漏りの知識については上記のバナーをクリックし動画をご視聴ください。

7.そもそもコーキングって何屋さんに頼むの?

コーキングの打ち替えを依頼しようと思った時に、「はて一体誰に頼めばいいんだろう?」と手が止まった方が多いのではないでしょうか。
住宅建築には十数種類の業者さんが出入りするので、コーキングは誰が担当するのかわからないと思います。

実は、コーキングする箇所によって頼む業者が異なります。
・屋根であれば、屋根屋さん
・外壁であれば外壁屋さん
中には、コーキング専門で行っている業者さんもいます。

基本的に上記の業者さんであれば、コーキングの打ち替えを請け負ってくれます。新築した当時に施工した業者さんでも良いですが、コーキング打ち替えは施工技術によって耐用年数が大きく変化しますので、できれば自分で「コーキング打ち替え技術が高い業者さん」を探しましょう。

屋根雨漏りのお医者さんでは、全国に国家資格を持ち、全箇所を施工できる高い技術力を持った職人が多数在籍しています。無料で調査・お見積もりを行なっていますので、まずはお気軽にご相談ください。コーキング補修のみも対応しています。→屋根雨漏りのお医者さんはこちらから

8.コーキングの補修費用

外壁のコーキング補修費用は、「打ち替え」「打ち増し」の2つの施工方法によって費用は変わります。打ち替えというのは、既存のコーキング材を一度剥がす必要があるため、打ち増しよりも費用が少し高く設定されています。

コーキング補修の費用は、使う材料や施工する箇所・業者によって異なりますが1メートルあたりの、大まかな目安として

・打ち替え‥約1300円
・打ち増し‥約900円

合計金額の大まかな目安として、約5万〜20万くらいが一般的です。

9.よく使うコーキングの種類は?

コーキングには様々な種類があり、種類によって特徴は異なります。中でも「変成シリコン」というものをよく使います。
特徴としては、耐候性・塗装性に優れているため様々な用途で使用されます。変成シリコンは、ウレタン樹脂を原料としていて、主に、外壁・板金加工・サッシ周りなどで使用されています。

※画像クリックで動画視聴できます。

まとめ

コーキングは、家のあちこちに存在していますが、特に大切なのは外壁のコーキングです。

  • 外壁材の隙間
  • 窓と外壁の境目
  • 換気扇と外壁の継ぎ目
  • 外壁材や屋根の補修箇所

などなど、これらの箇所にはコーキング材が使用されていますので、新築から5年〜10年を目処に打ち替えを検討しましょう。

コーキングの打ち替えは各箇所の業者さんが担当します。
コーキング打ち替えの際に重要なのは「既存のコーキングの除去方法」。
既存コーキングを残したまま重ね塗りする「増し打ち」は雨漏りの原因になるので、お値段が安くてもしないようにしましょう。

雨漏りについて、お悩みの場合は
雨漏りドクター カスタマーサービス 0120-994-119(9:00~20:00)まで電話をかけて頂き、「雨漏りについて相談したい」とお伝え頂ければ幸いです。
※ネットでのご相談をご希望の方は24時間対応のメールフォームをご活用ください。
※ご利用無料/全国対応/些細な事でも相談可

※日本全国対応・お見積もりOK

雨漏り修理専門家

大塚万聡(おおつか)

この記事はあなたのお役に立ちましたか?
情報を他の人にシェアしましょう!

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook