雨漏りしたら、まずどこに相談するべき?悪徳業者に引っかからない雨漏り修理業者の選び方を解説

知識・ノウハウ

雨漏りしたけど、どうすればいいの??

雨漏りが発生した際、まずどこに相談したらいいのか?雨漏り修理をしてくれる業者を選ぶ際、何を基準に頼めばいいのか?と悩む方は多いと思います。

実際、雨漏り修理業者をネットで検索すると沢山の修理業者が表示されます。

間違った業者を選んでしまうと、雨漏りが直らなかったり・高額な費用だけを支払ってしまったりということになりかねません。

また、雨漏り修理は業者によって修理の質、修理費用がかなり違ってくることから、業者選びは大切です。

この記事では雨漏りが起きた場合にまず相談する場所・雨漏り修理を行ってくれる業者の選び方について徹底解説していきます。

この記事の目次

雨漏りした際、どこに相談するのがいいの?

結論から言いますと、雨漏りを相談する場所は、ご自身が住まわれている家が賃貸なのか、持ち家なのかによって変わってきます。
基本的に、雨漏りが発生したのが持ち家の場合、すぐに雨漏り専門業者に頼みましょう。

また、雨漏りが発生したお宅が
・賃貸
・分譲マンション
・新築戸建て
・築数10年以上経っている戸建て
・中古で購入したばかりの住宅
・雨漏り修理したのに再び雨漏りした
なのかで相談する場所が変わります。

新築住宅・中古住宅での雨漏り相談

新築住宅と中古住宅の一部では、瑕疵保証というものが付いています。新築住宅の場合、築10年以内に雨漏りした場合は、住宅の売主に問い合わせてみましょう。引渡しから10年以内の新築住宅では、品確法によって、保証してもらえることができます。

中古住宅では、新築住宅とは違い全ての中古住宅に保証期間が設けられているわけではありません。一般的に、2年程度の保証の場合が多いですが、しっかりと契約を確認する必要があります。

基本的に、保証期間内であれば新築同様、売主に保証してもらえます。また、購入する前から売主が雨漏りしていることを知っていたら売買契約の解除・損害賠償の請求ができます。

↓詳しくは下記の記事にて解説しています。
・新築住宅の雨漏りの危険性と原因を徹底解説

賃貸での雨漏り・分譲マンションでの雨漏り

賃貸で雨漏りが発生した場合は、まず管理会社や大家さんに連絡しましょう。
ここで気をつけたいのが、一般的に、管理会社や大家さんが保証してくれるのは、経年劣化によるもののみです。ご自身の過失の場合は自己負担する必要が出てきます。どちらにせよご自身での判断は難しいので、まずは管理会社・大家さんに相談することを行ってください。

分譲マンションでの雨漏りの場合、管理組合に相談しましょう。
雨漏りの発生している箇所が、専用部なのか・共有部なのかで修理費用を負担する人が変わります。まずは、管理組合に連絡して相談することを行ってください。
↓詳しくは下記の記事にて解説しています。
・マンションの雨漏りの責任は誰が取る?損の無い対処法や費用を解説
・賃貸での雨漏り 知らないと大損するかも

天窓・太陽光パネル設置後の雨漏り

天窓や太陽光パネル(ソーラーパネル)設置後の雨漏りは、施工した業者に連絡しましょう。設置した際に、施工保証や、メーカー保証が付いている場合は、保証の適用範囲内で修理してもらえますので、まずは、施工した業者に連絡しましょう。
↓詳しくは下記の記事にて解説しています。
・【2021年版】天窓(トップライト)からの雨漏りの危険性と対策
・太陽光発電の雨漏りのリスクとは?原因と対策を解説

一度直してもらったのに雨漏りが再発した場合

せっかく雨漏りを直したのに、雨漏りが再発してしまった。そんな場合は、施工してもらった業者に連絡しましょう。保証期間内であれば補修してくれるはずです。しかし、直しても直しても、何度も雨漏りを繰り返すようなら、新たな信頼できる業者に頼んだ方がいいです。雨漏りの修理を繰り返すと、簡単に直せるものも直せなくなってしまい、規模が大きくなってしまったがために、費用が高額になってしまう場合があります。雨漏り修理は、しっかりとした業者にお願いしましょう。

雨漏り修理業界は、悪徳業者が多い

インターネットで「雨漏り修理 悪徳業者」と検索すると実際に被害にあった人の声が多数見られます。
悪徳業者を選んで後悔する前に、いくつかのポイントを抑え、悪徳業者を見分ける知識をつけましょう。

雨漏り修理業者をホームページから探す際のポイント

雨漏り修理業者を探す際に、業者のホームページをみて探す人は多いと思います。その際の注意点を2つまとめたので解説していきます。

・業者や代表者の顔写真が全く無い

サイトを見ている時、修理業者の顔写真や代表者の顔写真が掲載されていると安心しますよね。

優良業者であれば信頼してもらう為に、修理者や代表者の顔写真は出来れば掲載したい筈です、それが全く無いという事は身バレしたくない可能性もあります。

もう一つ注意しないといけない点が無料や有料のフリー素材の写真を使っている可能性があるという事です。写真に違和感を感じたらその人の名前+雨漏りをつけてインターネットで検索してみても良いです。

・雨漏り100%止めます

修理において100%は人間が施工する以上無いと思います。しかも相手は水で修理の中でも最難関レベルの雨漏り修理。

それ位の自信があるのかもしれませんが100%と謳っている業者は何か不安を感じます。

どんな優良業者でも雨漏り修理を失敗することは当然あります、その為に保証があるのですから。ですが優良業者でも何%以上!と謳っている業者は沢山います。どの位の期間で集計を行っているのか、修理を何件して何%なのか、これらがしっかり書かれてるいるか確認しましょう。

原因はすぐ分かる?悪徳業者の見分け方!

※画像をクリックで動画視聴できます。

他の雨漏りの知識については上記のバナーをクリックし動画をご視聴ください。

雨漏り修理のプロ目線で選ぶ、業者選びのポイント!

最終的な業者選定の仕方について、雨漏り修理のプロが語ってくれたので、ご紹介したいと思います。

雨漏り修理のプロが頼むとしたら、こんな業者をということで語ってもらった要点が、下記の15のポイントです。

このようなポイントを確認していくと、良い業者を選定できるのではないかと思います。

1.表面上だけでなく、きちんとした工事をしてくれるか。

2.アフターフォローがしっかりしているか。

3.原因を確かめもせずに「どこよりも安く」などと安請け合いしないか。

4.来てくれた人の人間性がしっかりとしているか。

5.下請けではなく、その会社がきちんと施工するのか。

6.ホームページに施工実績等をきちんと載せている会社か。

7.きちんと保証書を発行してくれる会社か。

8.きちんと現場を見て、原因を確認し、見積もりを出しているか。
(屋根にも登らないで、金額を出すような業者は選ばない)

9.動画等で想いをきちんと語っているようなホームページの業者か。

10.動画があっても、あまり流暢でない職人がしゃべっている業者か。

11.そこまで古くないのに、屋根の葺き替えを進めるような業者ではないか。

12.不具合や困っていることを真剣に聞いてくれる姿勢の業者か。

13.あまりに都合の良いことばかり並べる業者ではないか。

14.質問をしたら、すぐに答えられる業者であるか。

15.原因箇所を曖昧にする業者ではないか。

以上のようなことを参考にして、ぜひとも雨漏り修理の業者を選定していただきたいと思います。

もちろん、全国各地に私たち雨漏りドクターもおりますので、ぜひとも選択肢のひとつに加えて、私たちがどんな業者なのか、ご確認いただけたら幸いです。屋根雨漏りのお医者さんはこちらから

雨漏り修理は、原因を見つけるのが難しい!

実は、雨漏り修理、非常に難しいんです。
何が難しいのかというと、原因を特定することがとくに難しく、経験や知識がモノをいいます。

普段から雨漏りを見ている私たちであれば、パッと見て、おっ、あそこが怪しいぞ、原因らしき場所がある程度浮かんできます。

その原因らしき場所というのが、実際に天井から水がしみている場所のすぐ上だったりする場合には、そこまで知識がない業者さんが見ても分かることもあるのですが、その原因らしき場所がそのすぐそばでない場合も多々あります。

そんな時が問題です。
本当に正直な業者さんであれば、もしかすると、
「原因が分かりません、他のところへお願いしてください」
と言ってくださるかもしれません。

しかし、大抵は、「この辺が古くなっているので、多分この辺から漏っているのでしょう。この辺一体を新しくすれば大丈夫です。この部品を変えてみましょうか」などという解決策に走ることが多いようです。

そうして、そこの修理に80万円かかりました。
ところが、それから2、3ヶ月して同じ場所の天井あたりにシミが出てきました。

どうも、また漏ってきたらしい。
この前直したばかりなのに……

などということになり、その時にはじめて、私たちが呼ばれて行ってみると、本来の雨漏りの原因であるところはまったく触っておらず、たしかに老朽化はしているものの、雨漏りとはまったく関係ないところの工事が行われている、ということはよくあります。

そして実際に必要な工事は、実は10万円くらいですんだ、などということもありますし、逆に、本当に必要な工事は100万円くらいかかるのだけれど、すでにお金を使って関係のないところを直してしまったので、もうお金がありません、ということで、ひとまず応急処置だけを行い、お金が貯まるまでは、何度も伺って、少しの期間だけなんとか雨漏りを留めるような処置をさせていただいている現場もあります。

また、そのままほうっておくわけには行かないので、ローンを組んで、本当に大切なところを直さざるを得なかった、というケースもあります。

最初から、原因となるところを特定して、そこにお金を使っていれば、ローンを組む必要もなかったのに、ということになります。

雨漏り修理に関しては、このようなことが頻発するくらい、間違えやすかったり、原因の特定が難しいものなのです。

近所の大工さんでも、多分「いや、雨漏りくらい治せるよ」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんし、実際に治せる方もいるかもしれません。

しかし、確実を期すのであれば、やはり雨漏り修理の経験を重視して下さい。特に、業者選びに失敗して雨漏りの再修理が必要になるケースで多いのが、屋根からの雨漏りを留めるために、塗装業者に屋根を塗装してもらいました。3年後くらいに、さらにひどい雨漏りが発生しました!!!というような例です。

塗装業者でも、きちんとした知識を持ち、その上で施工してくれる業者ならばよいのですが、下手な業者にあたってしまった場合には、そのような危険性もあることを承知しておく必要がありますし、そうならないように、業者選定をする必要があります。

雨漏りの放置が引き起こす二次災害

雨漏りを放っておくと、場所にもよりますが、基本的には、どんどんひどくなっていきます。

大抵の場合、雨漏りが天井のシミとして出てきたりするときには、すでに屋根や壁から雨漏りをして、かなり経ってから、という場合が多いので、そのときに屋根裏を見てみると、すでに天井裏はカビだらけ、ということもよくあります。

それを、まだ天井にシミがあるくらいだから、と放っておくと、さらに屋根裏のカビが進行し、家の大切な柱などが腐る、などということが派生してきます。

また、柱が腐ってくると、そこがシロアリの発生の原因となり、シロアリが発生するとさらに家の傷みが激しくなります。

雨漏りを発見してからすでに3年が経っています、などというお客様もかなりいらっしゃいます。

そうなってしまうと、本当は一部のみを修理すればよかったはずのものが、柱を交換しなければならない、などという大掛かりな工事に発展したり、屋根の一部のみを直せばよかったはずなのに、全体を葺き替えたり、屋根全体にカバーをしなければならない、などということになりかねません。
また、同じカバーをする場合でも、さらに一手間必要になったりもします。

その場合の工事代金は、数倍に跳ね上がることも、十分にありえます。

また、カビ等による健康被害も馬鹿にはできません。
特に湿気があるところに派生するカビからは、喘息の悪化や、アレルギー性鼻炎を引き起こすこともあるそうです。

—————————————————-

気管支喘息

気管支喘息の原因は様々ですが、アルテルナリアという黒色真菌が原因となる場合があります。水回りなど湿気の多い場所、壁の塗装面にも見られます。

呼吸困難や咳が症状で、酷くなると座らないと息ができなくなります。また呼吸をする度に、ゼイゼイやヒューヒューという音が聞こえる喘鳴が特徴です。

アレルギー性鼻炎

これもまた原因は様々ですが、アルテルナリアが関係していると言われています。くしゃみや鼻水、鼻づまりが主な症状です。(「いしゃまち」より)

—————————————————-

また、お客様からいただいた声に、

「治す前は、雨が降ってくる度に、外出していても、家のことが気にかかって仕方がなかったんだけど、おかげさまで、気持ちが楽になりました」

こんな声も多くあります。

「雨が降ってくる度に、バケツやボールを確認して、雨漏りを受けていたんですが、直していただいて、本当に精神的に楽になりました」

こんな風に行っていただくこともあります。

こういった精神的苦痛も馬鹿になりません。

施工した人によって、家の寿命も変わってきます

新築の家であっても、誰(どの職人)がその家のその部分を施工したのかによって、その家の寿命が変わってきます。
建築業界は、それなりに成熟しているとはいえ、実は、個々のスキルのレベルというのは、本当に様々です。

同じ形をしている家を作るのであっても、言われたことをそのままやってしまう職人と、言われたことはもちろんやるけれども、言われたことそのものが正しいのかどうか、その業界の視点から改めて確認し、それが正しくないのであれば、きちんとそれを元請けに伝え、設計を書き換えさせてでも、自分の仕事をまっとうする、そんな職人もいます。

私たちは、後者でありたいと思い、常に意識して仕事をしていますが、そうやってこだわって仕事をすることは、非常に手間がかかりますし、面倒な仕事の仕方でもあるのです。

はいはい、と元請けの言うことを聞いて、仕事をしさえすれば、お金はもらえますし、仮に雨漏りがしたとしても、それは元請けの仕事の出し方や設計事務所の設計、素材の選択ミスが雨漏りに繋がったということになるわけですから、施工した人間には何もマイナスはありません。

でも、誰がその仕事をしたかで、一生の大きな買い物である家の寿命が変わるって、本当に怖いですよね。
そんなこともありますから、業者選びは、本当に慎重にしていただくことをお勧めします。

屋根雨漏りのお医者さんが信頼できるのには理由があります。

私たち雨漏りドクターが信頼できる理由は、あえてメンバーを増やさないというところにあります。

私たちは、必ずメンバーからの紹介で、スキルをきちんと持ち、お客様との対応がきちんと出来る、という人しかメンバーに入ることができません。

そうでないと、お客様に御迷惑をおかけすることになるからです。
雨漏り業者のメンバー選定は非常に難しいのです。

私たちは、業界でもそれなりに人脈があり、多くの職人を知っていますが、その中でも安心して雨漏り修理を任せても大丈夫、と言える人は、本当に数名になってしまうのです。

それくらい、雨漏り修理を頼む場合は職人選びを重視したほうが良い、ということを知っていただきたいのです。

屋根雨漏りのお医者さんでは、国家資格である一級建築板金技能士に加え、その上の建設マイスター、国の世界遺産候補を直した職人などが多数在籍しています。経験豊富な彼らだからこそ、提案できる施工方法があるのです。まずはお気軽にご相談ください。日本全国、無料で調査・見積もりを行っています。

※日本全国対応・お見積もりOK

雨漏り修理専門家

大塚万聡(おおつか)

この記事はあなたのお役に立ちましたか?
情報を他の人にシェアしましょう!

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook