賃貸で雨漏りした際の対応方法 知らないと大損するかも

知識・ノウハウ
雨漏りの質問

賃貸の家で雨漏りしたらどうしたらいいの?

賃貸での雨漏りは、珍しい事では無く、管理会社が建物のメンテナンスを怠ったりしていると発生しやすいです。

賃貸の家で雨漏りした際、まず何をすればいいのだろうか?自分で業者に連絡していいの?まずは大家さん?などと、分からないことが沢山あると思います。

賃貸の家で雨漏り際には、まず取らないといけない大事な行動がいくつかあります。
修理費用は基本的には管理会社の負担になりますが、雨漏りの原因次第では自分の責任になってしまう事もありますのでしっかりと確認しましょう。

この記事では、賃貸で雨漏りした際の取るべき行動と保証・雨漏り修理について解説していますので、是非参考にしてみてください。

目次

賃貸で雨漏りした時にするべき3つの行動

マンションの雨漏り

まず賃貸で雨漏りした時に取るべき行動について解説します。
この3つの行動を実践するだけで、雨漏り時に損をしてしまう可能性をぐんと下げることができます。その方法を次の章で解説します。

取るべき行動①雨漏り箇所の証拠写真を撮影

雨漏りの応急処置

とても重要なのが「雨漏り箇所の証拠写真の撮影」片付けや清掃前に必ず写真を撮っておき、すぐに管理会社に連絡しましょう。

雨漏りを放置していると逆に損害賠償を支払わなくてはいけなくなる可能性もあるので対応は即座に行いましょう。

家財に雨水がかかって後々買い直しが必要になってしまっても、証拠写真があれば管理会社の人に交渉することも出来ます。
雨漏り箇所の周りの家財も撮影しておくのが良いでしょう。

取るべき行動②雨漏り箇所の応急処置

雨漏りの応急処置

次に雨漏り箇所の応急処置を行います。

雨漏りによる被害をなるべく最小限にするべく天井から雨漏りしている場合は下にバケツを置き、その他の場所から雨漏りしている場合はタオルなどを敷きましょう。

住居者が不適切な対応をして、床や壁にシミが出来てしまった場合、修理費用を負担しなくてはいけなくなる可能性もあります。

あくまで簡単な応急処置のみで雨漏り箇所の自己修理は賃貸では絶対に行わないようにしてください。
「あなたが勝手に修理したから被害が拡大した」なんて言われたくないですよね。

↓雨漏りの応急処置方法は詳しくはこちらをご覧ください。

取るべき行動③管理会社に連絡

アパートの雨漏り

写真を撮影し応急処置を終えたら、大家さんもしくは管理会社に雨漏りした事を伝えましょう。雨漏り被害の状況を説明し、いつ修理してくれるのかをしっかり聞いておきましょう。

人にもよりますが「すぐ直しておきますね」と言っていたのに雨漏りを修理するまで何か月もかかった、なんて前例もあります。

雨漏り修理専門家が教える応急処置について!

※画像クリックで動画視聴できます。

〜内容〜

素人でも出来る修理はあるのか? 0:02~
簡単に出来る応急処置 0:19~
資格がなくても修理できるの? 0:54~
雨漏りの際、一番やっちゃいけないこと 1:24~
自分で直さない方がいい? 2:09~
雨漏りを直せる業者の種類 2:20~
どこにお願いするのがいいの? 2:29~
板金屋はどんなことをするの? 3:18~

他の雨漏りの知識については上記のバナーをクリックし動画をご視聴ください。

賃貸での雨漏りは誰が修理費用を払うの?

賃貸物件での雨漏りは基本的には管理会社が修理費用を支払います。
日本では『賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う』と法律で義務付けられています。ですが例外もあります。

借主に過失がある場合は保証対象外になります。
自分で穴を開けてしまったり、水の止め忘れで下の階まで水漏れしてしまった等が原因で雨漏りした場合は責任を問われる可能性があります。

その他にも
雨漏りを自分で修理してしまった
雨漏りを放置していた
これらの場合も自己負担で修理をしなければならなくなる可能性があるので十分に気を付けましょう。

どこまで保証なのか契約書を確認しましょう

賃貸契約書

賃貸の場合、部屋自体は大家さんなど、管理者が修繕する義務があります。
ですが、雨漏りによってダメになった家財費用については、契約書の内容次第になります。ですので、最初に結んだ契約書を読み、家財についての保証がないかをしっかり確認しましょう。

賃貸の雨漏りで火災保険は適用されるの?

火災保険が適応される場合

日本には水漏れを保証するような保険はありません。
火災保険はあくまで火・風・雪・ひょう等による自然災害が原因で発生した雨漏りにしか適用されません。

雨漏りの原因が建物の経年劣化やメンテナンス不足によるものでは保証の対象外です。ですが、保険が対象外だったとしても、大家さんは雨漏りをしない建物をお客様に提供するのが当たり前のはずです。
借主に過失がない場合の雨漏りによる部屋の修理費用、家財の損害額は大家さんに請求しましょう。

↓雨漏り修理での火災保険はこちらの記事で詳しく解説しています。

賃貸雨漏りでのよくあるトラブル

悩み

賃貸での雨漏りでは大家さんによっては凄く嫌な思いをする事もあります。
ここからはよくある賃貸雨漏りでのトラブルや質問について解説していきます。

大家さんが雨漏り修理の対応をしてくれない

雨漏り修理

大家さんの性格によって左右されるかもしれませんが、珍しいことではなくインターネットで検索すると、大家さんに雨漏りをすぐに修理してもらえない方や放置されている方の不満の声が沢山アップされています。

だからと言って自分で雨漏り修理は絶対にしないでください。
マンションやアパートの雨漏りは被害状況によっては修理費用がかなり高額です。それゆえに難癖を付けられて修理してもらえなかったり、対応が遅くなるということがよくあります。
もし、自分で業者を見つけて勝手に雨漏り修理を行ってしまうと、退去時に元に戻す費用を請求される場合がありますの絶対に自分で業者に連絡せず、何度も何度も管理者に訴えかけましょう。

それでも、なかなか修理してくれない場合には、国民生活センターに相談してみるのも1つの手です。

賃貸での雨漏りでよくある質問

戸建てと賃貸

賃貸の雨漏りでよくある質問として、いくつか疑問をピックアップしましたので、1つ1つ解説していきます。

賃貸雨漏りでの質問①引越し費用を請求できる?

引越し業者

引っ越しにかかる費用や退去時の費用を請求することが可能です。

大家さんの対応が悪い中、雨漏りしている部屋に長期住んで嫌な思いをするくらいなら、引越し費用を請求して引っ越しましょう。

雨漏りは二次災害によってカビによる健康被害や害虫害獣の発生原因になります。

賃貸雨漏りでの質問②家賃を値下げしてもらえる?

修理費用

雨漏りが治らないから家賃を下げれる?
管理会社が雨漏り対応してくれないから家賃を下げれる?

もちろん交渉することができます。
ですが普通は雨漏りしている家に住み続けたくないし、交渉する必要はないです。

直してもらえないなら引越し費用を負担してもらい家財の請求も行い引っ越しましょう。

この下の記事にありますが、雨漏りには二次災害があります。そのような環境下で住み続けるのはオススメしません

賃貸雨漏りでの質問③家財などの被害も請求できるの?

リビング

基本的には、家財代までは請求できない場合が多いです。
ですが、保証範囲の広い保証に入っている場合もありますので、保険証書をしっかりと確認しましょう。

雨漏りしたせいで、破損してしまった場合などは、しっかりと大家さんと話し合いその旨を伝えましょう。場合によっては、大家さんの優しさで弁償してくれる可能性もあります。

雨漏りの放置は危険?

雨漏りの二次災害

一番ダメなのは、雨漏りを放置することです。
雨漏りの放置により家の家財もダメになり、カビが発生したり害虫の発生も十分ありえますので、何としても大家さんに連絡をして直してもらいましょう。

最悪の場合は仲介に入った不動産会社を経由して住み替えの請求を大家さんに行いましょう。