アパートで雨漏りした際の対応方法!賃貸で雨漏りした場合の修理費用は誰が負担するの?余計な費用を負担しないための解説!

アパートの雨漏り 未分類

この記事で分かること

賃貸で雨漏りしたら何からすればいいの?
修理費用は誰が負担するの?
保証や保険は使えるの?
修理をする際によくあるトラブル
雨漏りを放置してしまうと

賃貸で雨漏りしたらどうすればいいの?

賃貸アパートで雨漏りした場合、まず被害状況を撮影してから応急処置を行う必要があります。

少しの雨漏りだからいいやと雨漏りをそのままにしてしまい、逆に修理費用を請求されてしまったり、被害状況を撮影をしておらずに修理費用を請求できないなどといった問題も出てしまいます。

賃貸アパートでの雨漏りは、戸建て住宅とは管理者が異なるため適切な処置を行うことが必要なのです。

また、賃貸での雨漏りは珍しい事では無く、管理会社が建物のメンテナンスを怠ったりしていると発生しやすいです。

賃貸の家で雨漏りした際、まず何をすればいいのだろうか?
自分で業者に連絡していいの?まずは大家さん?

など分からないことが沢山あると思います。

そんな賃貸アパートで起きた雨漏りの疑問について解説いたします。

すぐに天窓の修理・メンテナンスを依頼したい方や、雨漏りの修理業者を探している方は、一度屋根雨漏りお医者さんのサイトをご覧ください。

賃貸アパートで雨漏りしたら、まず何からするの?

雨漏りの被害を抑える行動

雨漏りの経験はしたことがない方が大半なため、急に雨漏りが発生すると何からしていいのか分からず戸惑ってしまうことでしょう。

特に賃貸物件の場合、間違った対処をしてしまうと損してしまうことだってあるのです。

では一体、賃貸アパートで雨漏りが発生したら、何から行うべきなのか解説します。

賃貸アパートで雨漏りした際にやるべきことは大きく3つです。

1.雨漏り箇所、被害があった家財などを写真に撮る

2.雨漏りの被害を増やさないための応急処置

3.大家さんや管理会社に連絡する

賃貸アパートで雨漏りが起きた際、雨漏りの応急処置が大事です。

雨漏りの応急処置を行わずに、放置してしまうと最悪の場合、保証してくれなくなることもあるので行うようにしましょう。

応急処置と言っても被害が広がらないように、タオルをあてる・バケツを置く程度のものなので心配は入りません。

ただし、壁に板を打ち付ける、大家さんの許可なしに業者を呼んで直してもらうなど、勝手に修理を行ってしまうと原状回復を求められる場合があるため注意が必要です。

雨漏り修理

大家さんに連絡する前に撮影と応急処置だね!

1.雨漏りしている箇所と被害がある家財の写真を撮る

天井からの雨漏り

賃貸アパートで雨漏りした際、家財を移動させたり、応急処置を行う前に、まずは写真を撮りましょう。

写真を撮る際、アップの写真ばかりだけでなく引いた写真も撮ることが大事です!

家財については、家財保険に加入している場合、証拠として使えるケースや、家財を買い直す際に大家さんに交渉できる場合もあるのであらゆるものを写真に撮っておくのが大切です。

2.被害拡大を防ぐために応急処置を行う

バケツと雑巾

次に雨漏り箇所の応急処置を行います。

雨漏りによる被害をなるべく最小限に抑えるために、天井から雨漏りしている場合は下にバケツを置いたり、壁や・窓から雨漏りしている場合にはタオルなどを敷きましょう。

あくまで簡単な応急処置のみに抑えて、雨漏り箇所の自己修理は賃貸物件では絶対に行わないようにしてください。

雨漏りの応急処置方法は詳しくはこちらをご覧ください↓

3.大家さん、管理会社に連絡しましょう

アパートマンションの雨漏り

応急処置を終えたら、自分で修理業者を呼ぶ前に大家さんか、管理会社に連絡を入れ判断を仰ぎましょう。

ここで大切なのは、現在雨漏りがどんな状況なのか?修理には何時ごろ来るのか?しっかりと日程を決め、対応してもらうようにしましょう。

後で連絡をすると言って、全然対応してくれない場合もあるため、日程を曖昧にしないことが大切です。

業者を呼ぶ日程を決めるのが大切なんだね!

雨漏り修理

賃貸アパートで雨漏りしたら誰が修理費用を負担するの?

雨漏り工事の様子

賃貸アパートで雨漏りした場合に気になるのが責任です。
一体誰が修理費用を払うの?と気になる方も多いはずです。

賃貸物件での雨漏りは基本的には管理会社が修理費用を支払うことが義務付けられています。
『賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う』と法律に記載されています。

借主に過失がある場合は対象外になります。

・自分で穴を開けたことで雨漏りした
・雨漏りを自分で修理してしまった

・雨漏りを放置して被害が拡大した
・水道の締め忘れ
・窓を開けっぱなしで雨漏りした

この様に自分の責任で雨漏りが発生した場合、借主が責任を問われる可能性があります。

いずれにせよ、責任が自分にあるのか判断が難しい場合も多いため、どんな理由であっても、大家さん、管理会社の判断を聞きましょう。

自分で判断しないで管理者に見てもらう必要があるんだね!

賃貸アパートで雨漏りしたら保証は効くの?

修理費用がお得

賃貸アパートで雨漏りが発生し、家財にまで被害が出てしまった場合、家財保険に入っていれば、保証(弁償)してくれる場合があります。

しっかりと契約時の保証の記述がないかチェックしましょう。

また、大家さんが中々対応してくれない場合など、交渉によっては、家賃の値下げ、引越し費用を負担してくれる場合があります。

ただし、法的に定められているわけではないので必ずしも行えるわけではありませんので注意が必要です。

大家さんと交渉するのが大事なんだね!

雨漏り修理

賃貸アパートの雨漏りでも火災保険は使用できるの?

風災

強風
雪災
雹災
落雷
その他、記載されている自然災害

これらの自然災害によって、アパートが破損・雨漏りの発生など起きた場合には、火災保険を使用して修理を行うことができる場合があります。

経年劣化による雨漏りでは火災保険は使用できないため注意が必要です。

また、自然災害が原因で雨漏りしていたとしても、家がボロボロなど保険会社に経年劣化だと言われてしまったら使用できません。

判断するのは保険会社ですので、ご自身で無理だと判断せずにどんな状況でも試してみる価値はあります。

屋根雨漏りのお医者さんでは、火災保険による修理のサポートも無料で行っていますので、お気軽にご相談ください!↓

賃貸アパートの雨漏りでよくあるトラブルと質問

賃貸アパートでの雨漏りでは、大家さんによっては凄く嫌な思いをする事もあります。
ここからは、よくある賃貸アパートでの雨漏りトラブルや質問について解説していきます。

 大家さんが対応してくれない
引っ越し代の請求はできるのか?
家賃の値下げをしてもらえるのか?

大家さんが雨漏り修理の対応をしてくれない

雨漏り

これは、大家さんの性格によって左右されるかもしれませんが、珍しいことではありません。

屋根雨漏りのお医者さんの問い合わせの中にも、「大家さんが対応してくれなくて修理をお願いします」と連絡が来ることは少なくありません。

しかし、管理者の許可がないと修理できないため、業者側はオーナーから電話してもらうまでは対応できないのです。

だからと言って自分で雨漏り修理は絶対にしないでください。
マンションやアパートの雨漏りは被害状況によっては修理費用はかなり高額ですし、修理してしまうと逆に費用を請求されてしまうことだってあります。

対応が遅いと雨漏りの被害も拡大するため、家の家財もダメになり、カビが発生したり、害虫の発生など2次災害に発展します。

もし、難癖を付けられて修理してもらえなかったり、対応が遅い場合には最悪、仲介に入った不動産会社を経由して住み替えの請求を大家さんに行いましょう。

引越し費用を請求できる?

リビング雨漏り

雨漏りしているのに全然対応してくれない場合、引っ越しにかかる費用や退去費用を請求することが可能です。

大家さんの対応が悪く、我慢しながら雨漏りしている部屋に長期住んで嫌な思いをするくらいなら、引越し費用を請求して引っ越しましょう。

家賃を値下げしてもらえる?

雨漏り修理

・雨漏りが直らないから家賃を下げてもらえる?
・管理会社が雨漏りの対応をしてくれないから家賃を下げてもらえる?

もちろん交渉することができます。
ですが普通は雨漏りしている家に住み続けたくないし、交渉する必要はないです。

直してもらえないなら引越し費用を負担してもらい家財の請求も行い引っ越しましょう。

この下の記事にありますが、雨漏りには二次災害があります。
そのような環境下で住み続けるのはオススメしません

賃貸アパートの雨漏りを放置するとどうなるの?

天井からの雨漏り

まず、賃貸アパートでの雨漏り放置は、逆に雨漏りの修理費用を請求される可能性があるので絶対にしないでください。

雨漏りを放置しておくことで主に以下のような二次災害が起こります。

・カビの発生
・シロアリの発生
・漏電の危険性
・カビを餌とする衛生害虫による健康被害

放置期間や雨漏りした場所や構造にもよりますが、このような災害が起こりえます。

ですので、あまりにも対応が悪い場合には、やはり引っ越すのが無難でしょう。

早めに修理してもらう必要があるんだね!

賃貸アパートの雨漏り修理費用はどのくらい?

雨漏り修理の費用

賃貸アパートでの雨漏り修理の費用相場は、修理を行う規模と使用する材料、業者によっても異なります。

今回は大まかな費用目安を記載しますので是非参考にしてみてください。

コーキング等の部分修理で済む場合、3~15万円前後
ベランダや屋上の防水塗装が必要な場合、15~35万円前後
屋根全体の修理、100万円前後
屋根・外壁の塗装メンテナンス60~100万円前後

賃貸アパートの全体修理に関しては、戸建て住宅よりも面積が広いため費用がかかりますが、部分修理であればそこまで戸建て住宅と費用は変わりません。

アパートの場合だと、全体修理でもない限り、そこまで費用はかからないんだね!

雨漏り修理

賃貸アパートの雨漏り修理期間はどのくらい?

雨漏り工事の様子

部分修理で済む場合には、当日から2.3日程度で終わります。

大規模な修理になると最短で10日、長くて1ヶ月といったところでしょう。

8月から10月は台風シーズンという事もあり通常より対応が遅れてしまう場合もあります。

普通の賃貸であれば大家さんが業者を呼び応急処置しれくれると思うので、1日程度で済む場合が多いです。

まとめ:賃貸アパートでの雨漏り

まとめ

賃貸アパートでの雨漏りは、大家さんや管理会社にまず連絡することが大切です。

その際は、雨漏りしている状況を伝えることと、何時ごろ修理してくれるのか日程をはっきりさせることが重要です。

また、片付ける前に、ご自身で雨漏り箇所や被害のあった家財の写真撮影を行い証拠として残しておきましょう。

その後、しっかりと最低限雨漏りの被害が広がらないように拭き取る等の応急処置は行いましょう。

しっかりと契約書を確認し、どこまで保証が書かれているか確認するのも大切です。

我々、屋根雨漏りのお医者さんでも火災保険の対応・サポートを行なっていますので選択肢の一つとして参考にしていただければ幸いです。

千葉県の雨漏り修理 仲田

こんにちは
屋根雨漏りのお医者さん千葉県担当の仲田です。
弊社は、雨漏り修理専門のプロ集団で構成された会社です。
私自身は、一級塗装士・一級建築板金技能士など数多くの資格と表彰状を保有して活動しております。

総合実績11万件以上で皆様の知る建物を数多く修繕してきました。

雨漏り修理専門家

雨漏り修理業者

無料調査・無料お見積もり!
出張費もかかりません!
まずは、お気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました