1. TOP
  2. 知識・ノウハウ
  3. 賃貸での雨漏り 知らないと大損するかも

賃貸での雨漏り 知らないと大損するかも

知識・ノウハウ 雨漏り修理知識・ノウハウ この記事は約 6 分で読めます。

まず賃貸で雨漏りしたら自分でしないといけない行動があります。修理費用は基本的には管理会社の負担になります。この記事では賃貸での雨漏りでお困りの方の悩みを解決します。

目次

賃貸からの雨漏りについて、お悩みの場合は
雨漏りドクター カスタマーサービス 0120-994-119(9:00~20:00)まで電話をかけて頂き、「賃貸での雨漏りについて相談したい」とお伝え頂ければ幸いです。
※ネットでのご相談をご希望の方は24時間対応のメールフォームをご活用ください。
※ご利用無料/全国対応/些細な事でも相談可

賃貸で雨漏りした時するべき2つの行動

賃貸で雨漏りした時この2つの行動を実践することで、損をする可能性をかなり下げることができます。その方法を解説します。

雨漏りの証拠写真を撮影

とても重要なのが雨漏り箇所の証拠写真の撮影、片付けや清掃前に必ず写真を撮っておき、すぐに管理会社に連絡しましょう、雨漏りを放置していると逆に損害賠償を支払わなくてはいけなくなる可能性も・・・

家財に雨水がかかって後々買い直しが必要になってしまっても、証拠写真があれば管理会社の人に交渉することも出来ます。雨漏り箇所の周りの家財も撮影しておくのが良いでしょう。

雨漏り箇所の応急処置

次に雨漏り箇所の応急処置を行います。雨漏りによる被害をなるべく最小限にするべく天井から雨漏りしている場合は下にバケツを置いたり、その他の場所から雨漏りしている場合はタオルなどを敷きましょう。

あくまで簡単な応急処置のみで雨漏り箇所の自己修理は賃貸では絶対に行わないようにしてください。雨漏りの応急処置方法は詳しくはこちらをご覧ください。【2020年版】雨漏りの応急処置と対策方法

賃貸での雨漏りの保証は・・・?火災保険は?

賃貸物件での雨漏りは基本的には管理会社が修理費用を支払います。
『賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う』と法律で義務付けられています。ですが例外もあり
・借主に過失がある場合 は保証対象外になります。
自分で穴を開けてしまったり屋根にアンテナを取り付ける際に傷をつけてしまったりした場合は責任を問われる可能性があります。


その他にも
・雨漏りを自分で修理してしまった
・雨漏りを放置していた
場合も自己負担で修理をしなければならなくなる可能性があるので気を付けましょう。

賃貸の雨漏りで火災保険は適用されるの?

日本には水漏れを保証するような保険はありません。
火災保険はあくまで火・風・雪・ひょう等による自然災害が原因で発生した雨漏りにしか適用されません。

雨漏りの原因が建物の経年劣化やメンテナンス不足によるものでは保証の対象外です。

ですが、保険が対象外だったとしても、大家さんは雨漏りをしない建物をお客様に提供するのが当たり前のはずです。

借主に過失がない場合の雨漏りによる部屋の修理費用、家財の損害額は大家さんに請求しましょう。雨漏りの火災保険については火災保険で屋根の修理が出来る?で詳しく解説しています

賃貸雨漏りでのよくあるトラブルや問題

賃貸での雨漏りでは大家さんによっては凄く嫌な思いをする事もあります。
ここからはよくある賃貸雨漏りでのトラブルや質問について解説していきます。

大家さんが雨漏り修理の対応をしてくれない

大家さんの性格によって左右されるかもしれませんが、珍しいことではなくインターネットで検索すると、大家さんに雨漏りをすぐに修理してもらえない方や放置されている方の不満の声が沢山アップされています。

だからと言って自分で雨漏り修理は絶対にしないでください。
マンションやアパートの雨漏りは被害状況によっては修理費用がかなり高額です。難癖を付けられて修理してもらえなかったり、対応が遅くては雨漏りにより、家の家財もダメになり、カビが発生したり、害虫の発生も十分ありえます。

最悪の場合は仲介に入った不動産会社を経由して住み替えの請求を大家さんに行いましょう。

引越し費用を請求できる?

引っ越しにかかる費用や退去時の費用を請求することが可能です。大家さんの対応が悪い中、雨漏りしている部屋に長期住んで嫌な思いをするくらいなら、引越し費用を請求して引っ越しましょう。

家賃を値下げしてもらえる?

・雨漏りが治らないから家賃を下げれる?
・管理会社が雨漏り対応してくれないから家賃を下げれる?

もちろん交渉することができます。
ですが普通は雨漏りしている家に住み続けたくないし、交渉する必要はないです。
直してもらえないなら引越し費用を負担してもらい家財の請求も行い引っ越しましょう。

この下の記事にありますが、雨漏りには二次災害があります。そのような環境下で住み続けるのはオススメしません

賃貸の雨漏り 放置するとどうなる?

まず、賃貸での雨漏りの放置は、雨漏りの修理費用を請求される可能性があるので絶対にしないでください。

雨漏りを放置しておくことで起こる二次災害
・カビの発生
・シロアリの発生
・漏電の危険性
・カビを餌とする衛生害虫による健康被害

放置期間や雨漏りした場所や構造にもよりますが、このような災害が起こりえます。

あまりに対応が悪い場合はやはり引っ越すのが無難でしょう。

賃貸の雨漏り修理期間はどのくらい?

最短で10日 長くて1ヶ月といったところでしょう。
8月から10月は台風シーズンという事もあり通常より対応が遅れてしまう場合もあります。

普通の賃貸であれば大家さんが業者を呼び応急処置しれくれると思います。

まとめ

賃貸で雨漏りしたときに大事なことは 『雨漏り箇所は触らず、まず管理会社に連絡』です。

賃貸物件で雨漏りした場合は落ち着いて電話をし、大家さんの返事を待ちましょう。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on google
Google+

雨漏りでのご相談ご質問受け付けております。

担当者紹介 担当者一覧

大塚万聡

大塚万聡

屋根雨漏りのお医者さんグループ本部代表。
2020年現在、80数社の技術力を誇るメンバーを擁し、メンバーとともに、日々、雨漏り修理の問い合わせに対応している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【台風の対策方法】 ~災害から家族を守るために~

  • マンションの雨漏りで失敗しない対応方法

  • 賃貸での雨漏り 知らないと大損するかも

  • 雨漏り工事でローンは組める! 使えるローンの種類と金利の相場

あなたにオススメの記事

  • 新築住宅の雨漏りの危険性と原因を徹底解説

  • 雨樋は自分で修理できる?

  • 雨漏りが再発したらやるべきことはただ1つ。腕の良い雨漏り修理屋やさんを見つけてください

  • 【台風の対策方法】 ~災害から家族を守るために~

  • ソーラーパネルと屋根の関係。雨漏り、火事は大丈夫?

  • 雨漏予防のための3つのメンテナンス~あなたの家も雨漏り寸前かも?~