1. TOP
  2. 知識・ノウハウ
  3. 「雨漏りを保険で直しませんか?」という誘いに乗って保険金詐欺犯にならないために

「雨漏りを保険で直しませんか?」という誘いに乗って保険金詐欺犯にならないために

「雨漏りしていませんか? 保険で修理できるのでぜひうちと契約してください」
「屋根が老朽化していたら火災保険で直せますよ」
こんなセールス電話や、営業マンの訪問を受けたことはありますか?

今、このような「屋根の修理は火災保険の適用になるから無料でキレイにできますよ」というセールストークで屋根修理を勧誘する手法が急増しています。
実際に、火災保険が適用されて雨漏り修理をした人もいますが、実は火災保険が適用されるかどうかはケースバイケースで、保険金請求をしてみなければわかりません。
業者の言いなりになって修理して保険金を受け取ったら後日「保険金詐欺だった」と判明したケースもあります。
しかし、保険金請求できる正当な理由があれば、後ろめたい思いをせずに堂々と屋根を修理できることもあります。

そこで、屋根の雨漏りと保険金の関係、保険金が支払われる場合と支払われない場合、屋根修理の保険金請求の手順をわかりやすくまとめました。
「屋根と保険」については、これを読めば完璧です。

1.屋根の雨漏りの保険金詐欺って?火災保険って何の関係があるの?

「屋根の修理は全額火災保険で対応できる」というのは、半分本当で半分嘘。
火災保険は、契約によって異なりますが火事以外でも「水害」や「風害」などで住宅が被害に遭った場合も、保険金が支払われます。
台風や大雨で瓦が飛んだり屋根に穴が開いたりして、雨漏りしてしまったら火災保険が適用されて、修理代が保険金で支払われるのです。
各保険会社の火災保険には「約款」という決まりごとがあって、その中で「保険金を支払う場合」と明記されているケースに該当していれば保険金が支払われます。
屋根の老朽化が原因で、雨漏りしても保険金は支払われません。

しかし、ぶっちゃけ屋根は常に雨や雪、風にさらされているので、「いつ」「何が原因で雨漏りしたのか」がはっきりわからないことが多いですよね。
これには保険会社も判断に迷います。
だから、悪質な屋根修理業者はその保険会社の迷いに付け込んで「屋根の修理を全額保険金でやりましょう」と持ち掛けてくるのです。
業者によっては、本来は家の持ち主が書くべき保険金請求書や屋根が壊れた原因を書く報告書まで、自分たちで作成して虚偽の申告により保険金を受け取ろうとすることもあります。

もし、そんな業者に丸投げをして本当は「経年劣化によって雨漏りしていた」のに「先週の台風で雨漏りしました」という虚偽の申告をして保険金を受け取った場合、家の持ち主さんまで保険金詐欺の犯人扱いされてしまうこともあるのです。
「保険で全額修理できる」と聞いたから修理を依頼したのに、保険会社に請求を出したら却下されてしまい、全額自腹で修理代を払うことも少なくありません。
ですから、「保険金で屋根を修理しましょう」と持ち掛けられたらはっきりと断りましょう。
その上で、良心的な屋根修理業者さんと連絡を取り実際に雨漏りしているところを確認してもらった上で、保険会社に連絡を取って正規のルートで保険金請求をしてください。

2.火災保険で屋根の修理が出来る場合とできない場合

ここでは、実例を出しながら「火災保険で屋根の修理ができる場合」と「できない場合」を説明します。

■火災保険で屋根の修理が出来る場合

火災保険の対象となるのは「風水害などで屋根が破損した場合」です。
例えばこんな状況が保険金支払いの対象になります。

  • 台風で瓦や棟が飛んでしまった
  • 台風で隣の家のアンテナが飛んできて屋根材が割れた
  • 台風の翌日から雨漏りしている
  • 強風で雨どいに落ち葉が溜まって雨漏りした
  • 大雪が降って屋根の一部が崩れた

などなど、明らかに「風水害」が原因で屋根が雨漏りをした場合や破損した場合は保険金支払いの対象になります。

■火災保険で屋根の修理が出来ない場合

では、火災保険の対象とならない場合をチェックしてみましょう。

  • 屋根材の一部が腐って雨漏りした
  • 火災保険未加入時の損害で雨漏りした
  • ねずみや動物などがかじって雨漏りした
  • 地震で屋根瓦が落下した

このように、火災保険が下りないのは「経年劣化」「動物による被害」「地震による被害」などです。

■火災保険で屋根の修理ができるかどうか微妙な事例

修理が出来る場合とできない場合をご紹介しましたが、簡単に線引きできないケースもあります。
例えばこんなケースです。

  • 築60年の家で、一晩雨が降っただけで雨漏りし始めた
  • 屋根の損傷は古そうだけど3年前の台風なのか4年前の台風なのか判別できない
  • 6年前の台風で屋根に何かがぶつかって今更雨漏りしてきた

こういったケースは屋根の修理業者にも保険金が支払われるかどうか判断ができないので、保険会社による判断を待たなければなりません。
屋根が損害を受けた時期が火災保険の請求時効となる3年以上前の場合、原則としては「時効」が成立しているので保険金請求はできません。
しかし、請求できなかった事情や損傷に気付かなかった理由があれば、保険金請求が認められる場合もありますので、古い損傷の場合はまずは保険会社の窓口や代理店に相談してみることをおすすめします。

この3パターンを見てどう思いましたか?
「よく違いが判らない」「区別がつかない」と思ったのではないでしょうか。

実際のところ、保険会社も判断に迷うケースが沢山あります。
「経年劣化が原因なのか」「風水害などが原因なのか」は蓋を開けてみなければわからないのです。
だから保険会社は、契約者さんから「屋根が大雨のせいで雨漏りをしている」と連絡をもらって各種書類を受け取ったら、第三者の鑑定人に調査を依頼します。
その時に、明らかな虚偽の申告などが発覚したら契約者さんは「保険金をだまし取ろうとした悪質な契約者」のレッテルを貼られてその保険会社では火災保険に加入できなくなったりという、不利益が生じます。

だから、大切なのは「屋根の構造に熟知したプロの屋根修理業者」に屋根をチェックしてもらうこと。
「風水害など」が原因の損害だと明らかな場合、もしくは「判断が難しいなあ」という場合のみ保険会社に請求することです。
屋根修理代をケチったばかりに、保険金詐欺扱いされるという大変不名誉な事態は避けましょう。

3.火災保険の保険金請求と屋根修理の手順

それでは、屋根が雨漏りしていた場合の修理依頼&保険金請求の「正しい」手順をご紹介します。

  1. 雨漏りを見つけたら信頼できる屋根修理業者に連絡
  2. 写真を撮って見積もりを作ってもらう
  3. 経年劣化なのか災害なのか、原因を推測してもらう
  4. 「どちらかわからない」もしくは「明らかに災害」なら保険会社に連絡
  5. 保険会社から届いた保険金請求書や事故報告書に必要事項を記入して、写真や見積もりと共に返送
  6. 保険会社から依頼された鑑定人による鑑定
  7. 鑑定により「災害による損傷」と判断されたら保険金が支払われる
  8. 屋根を修理する

これが、「災害による損傷」と判断された場合の、保険金請求手順です。
重要なのは「修理する前に保険会社に連絡をすること」です。
実際のところ、修理完了後でも損傷個所の写真や見積もりがあれば保険金を支払えないことはないのですが、修理完了前に連絡をした場合と比べると、各段に「怪しい度」がアップしてしまい、本当に風水害が原因だったの?と必要以上に疑われてしまう可能性があります。
やましいことがないのであれば、正々堂々と修理前に保険会社に連絡をしておきましょう。

まとめ

屋根の雨漏りで火災保険が支払われるのは「風雪水害」などの自然災害による損傷が原因で、雨漏りした場合です。
経年劣化が原因の雨漏りでは保険金は支払われません。

だから、「保険金で屋根を修理しましょう」という業者の甘い勧誘には乗らず、自分で信頼できる屋根修理業者を探して状態をチェックしてもらうことが大切です。
そして、保険金請求ができる損傷だった場合は業者任せにせず「自分で」保険会社に連絡をして請求手続きを進めてください。

悪質な屋根修理業者の口車に乗って保険金請求をすると「保険金詐欺の犯人扱い」されたり「無料だと思っていたのに全額自腹で修理する」ことになりかねません。
とはいっても「自然災害」が原因で屋根が壊れていれば保険金請求することは「悪いこと」でも「詐欺」でもありません。

まずは良心的な屋根修理業者を探して屋根の状態を確認してもらってください。

\ SNSでシェアしよう! /

雨漏り修理WEB|雨漏り修理のプロ80人からのアドバイスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雨漏り修理WEB|雨漏り修理のプロ80人からのアドバイスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亀岡亮介

亀岡亮介

屋根雨漏りのお医者さんグループ本部代表。
2010年に屋根雨漏りのお医者さんグループを立ち上げる。2017年現在、80数社の技術力を誇るメンバーを擁し、メンバーとともに、日々、雨漏り修理の問い合わせに対応している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 意外と多いベランダ雨漏り。ベランダは10年ごとに点検とメンテナンスを!

  • 築浅でも注意! 天窓(トップライト)からの雨漏りの危険性と対策

  • 築浅住宅でも雨漏りの危険はあります。雨漏りの原因とフルまとめ

  • 瓦屋根は雨漏りしにくいノーメンテナンス屋根? 瓦屋根のメリットデメリット

関連記事

  • 悪徳業者のずさんな工事がさらなる雨漏りを呼ぶ! 衝撃の屋根裏動画

  • プロの手順はこれ!雨漏り修理は意外と工程が多いんです

  • 台風シーズン到来前に瓦と雨樋とベランダの点検を!

  • 雨漏り修理を自分でやろうと考えているあなたへ

  • 雨漏り工事でローンは組める! 使えるローンの種類と金利の相場

  • 新築でも危険。雨漏りリスクが高まる構造はこれ