火災保険で雨漏り修理が適用される?損しない申請の仕方

知識・ノウハウ
雨漏りの質問

雨漏り修理に火災保険?

雨漏りの修理費用は被害規模や業者毎に異なる為、相場と言う相場はありません。

屋根の修理は10万円〜100万円 場合によっては更にかかったり、高額になるものも多いです。そんな修理費用を火災保険で直せるとなったら使わない手は無いですよね。

今日は「雨漏り修理に火災保険は使えるのか」と言ったテーマにそって屋根雨漏りのお医者さんの大塚が疑問を解決して行きます。

確かに火災保険で雨漏り修理をすることは可能です。
ですが無条件でなんの雨漏りでも修理してくれる訳ではありません。

「雨漏り修理業者に依頼しとけば全部やってくれるでしょ」と思われるかもしれませんがそうではありません。火災保険でのトラブルは多く、修理直前になってやっぱり火災保険降りなかったので自費で支払ってください なんて言ってくる業者も存在します。

そんなことにならない為にもまずはこの記事を読んで火災保険の適用条件と申請手順を自分で理解しておきましょう!

※当社では火災保険の申請サポートも行っております。火災保険の申請サポートを受けながら雨漏り修理をしたいと言う方はこちらからご相談下さい。

目次

はじめに、雨漏り修理に火災保険は使えるの?

雨漏り修理

雨漏り修理をする際に、火災保険を使用して工事するには条件があります。
・火災保険を申請する前に行うべき確認事項は何なのか?
・火災保険の適応条件はなんなのか?
次の章から解説していきます。

1.火災保険を申請する前に行うべきこと

雨漏り修理

火災保険が雨漏り修理に使えるのかを知る前に、まずは自身が加入している火災保険の内容を確認してみましょう。

「風災・雪災・ひょう災」は入っていますか?
入っているのであれば雨漏り修理を火災保険で直せる可能性が高いです。

火災保険の補償内容が分からないと言う方は下記に大手火災保険会社のリンクを貼っておきますのでそちらからご確認下さい。

それでは雨漏り修理のどのような場合に火災保険が適用されるのかを確認していきましょう。

2.火災保険で雨漏り修理ができる条件とは?

火災保険が適応される場合

火災保険に加入していることが確認できましたら、次は雨漏り修理に火災保険が適応できるケースについて確認しておきましょう。

一般的に火災保険が適用されるケースは、自然災害によって屋根等が破損し、それが原因で雨漏りが発生した場合です。
では一体どのような自然災害が適応されるのか?次の章で1つ1つ解説していきます。

火災保険の適応対象①雪災による雨漏り

雪による雨漏り

雪災とは 大雪や雪崩などの自然災害が原因で建物に被害をもたらす事です。

雪の多い地域、北海道等では雪災が適用される例が多いです。実際にあった雪災の例をご紹介します。

火災保険の適応対象②風災による雨漏り

雨漏りの原因の施工不良

風災とは強風により屋根に被害が及ぶことです。

日本は非常に台風が多い国の為、風災での被害を受ける家は多いです。

実際の風災の被害例をご紹介します。

火災保険の適応対象③雹災による雨漏り

屋根材の破損

雹災とは飛んでくる雹(ひょう)が原因で家や家財に被害を受ける事です。

ひょうでの被害はそんなに多くは無いですが住んでいる地域によっては少なくはありません。

※雹とは積乱雲から降る直径5mm以上の氷粒の事です。


雹での被害で実際にあった前例をご紹介します。

3.火災保険を使用した雨漏り修理の事例

次は、過去に火災保険で雨漏り修理を行った前例を確認し、似たような原因で雨漏りしているのかを見てみましょう。
事例の一部を抜粋しましたので、確認してみて下さい。

上記のように自然災害が原因建物に被害を受けた場合に使えるのが火災保険です。※ただし 同じような状況であっても火災保険が利用出来ない場合がある事も頭に入れておきましょう。

意外と知らない人も多いのですが、このように火災保険は火災以外の自然災害での補償もしてくれます。

自分の屋根が破損した時に『どうせ経年劣化やメンテナンス不足が原因』と思い込まず、自然災害が原因で雨漏りが発生している可能性がある事も頭に入れておきましょう。心当たりがある場合はまず火災保険での屋根の修理を申請してみるといいかもしれません。

4.火災保険が適用されないケースについて解説

上記のようにメンテナンス不足や人的被害で雨漏りしてしまった場合は火災保険での修理は出来ません。

かと言って 台風が来て直ぐに雨漏りの症状が出るとは限りませんよね。

1年後に症状が出るかも知れませんし症状が出なければ屋根の確認なんてする筈がありません。
ですので大事な事は仮に雨漏りが起きた時に 経年劣化やメンテナンス不足だと思い込ま無いことです。

火災保険の申請は3年以内であれば申請可能と言う決まりがあるので時間が経ってしまっていてもまずは申請してみましょう!

大塚
大塚雨漏り修理士
Read More
火災保険ご利用時に、雨漏りの原因を見極める為には経験知識が豊富な雨漏り修理のプロに依頼することが大切です。

5.火災保険申請時に注意すること

火災保険の確認

火災保険が適用されないケースでも記述していますが、火災保険利用時の2つの注意点についてご説明します。

・雨漏りが発生してから3年が過ぎた
・修理費用が20万円以下

火災保険利用時の注意点①被害後3年が経過してしまった

天井の雨染み

火災保険の申請期限は一般的に3年が期限になっている所が多いです。
自分の火災保険の期限が分からない場合は加入している保険内容を確認しましょう。

すぐに申請しなくても3年という期間を設けてくれているので、忘れた頃に被害に気付いても安心して申請する事が出来ます。

火災保険利用時の注意点②損害額が20万円以下だった

コーキング剤の修理

加入しているプランによって異なりますが、基本的に雨漏りが発生した時の損害額が20万円以下だと自然災害が原因で被害を受けたとしても、修理費用を補償してもらえず自費になってしまうことがあります

自分での火災保険の申請は難しい事も多い為、専門家に相談してみると簡単です。屋根雨漏りのお医者さんへもお気軽にご相談ください。

6.火災保険での雨漏り修理でよくあるトラブル

火災

雨漏り修理業界では悪徳業者の数は多く、インターネットで検索をすると被害の声をあげる人は少なくありません。

火災保険での雨漏り修理もトラブルに巻き込まれた人は多く、注意が必要です。

過去の前例を紹介します。

悪質な屋根修理業者は迷いに付け込んで「屋根の修理を全額保険金でやりましょう」と持ち掛けてきます。業者によっては、本来は家の持ち主が書くべき保険金請求書や屋根が壊れた原因を書く報告書まで、自分たちで作成して虚偽の申告により保険金を受け取ろうとすることもあります。

「保険で全額修理できる」と聞いたから修理を依頼したのに、保険会社に請求を出したら却下されてしまい、全額自腹で修理代を払うことも少なくありません。
ですから、「保険金で屋根を修理しましょう」と持ち掛けられたらはっきりと断りましょう。
その上で、良心的な屋根修理業者さんと連絡を取り実際に雨漏りしているところを確認してもらった上で、保険会社に連絡を取って正規のルートで保険金請求をしてください。


↓こちらの記事で悪徳業者によるトラブルの事例を紹介しています

7.火災保険の申請手順

雨漏り修理の提案

それでは、屋根が雨漏りしていた場合の修理依頼&保険金請求の「正しい」手順をご紹介します。

  1. 雨漏りを見つけたら信頼できる屋根修理業者に連絡
  2. 写真を撮って見積もりを作ってもらう
  3. 経年劣化なのか災害なのか、原因を推測してもらう
  4. 「どちらかわからない」もしくは「明らかに災害」なら保険会社に連絡
  5. 保険会社から届いた保険金請求書や事故報告書に必要事項を記入して、写真や見積もりと共に返送
  6. 保険会社から依頼された鑑定人による鑑定
  7. 鑑定により「災害による損傷」と判断されたら保険金が支払われる
  8. 屋根を修理する

これが、「災害による損傷」と判断された場合の、保険金請求手順です。
重要なのは「修理する前に保険会社に連絡をすること」です。
実際のところ、修理完了後でも損傷個所の写真や見積もりがあれば保険金を支払えないことはないのですが、修理完了前に連絡をした場合と比べると、各段に「怪しい度」がアップしてしまい、本当に風雹害が原因だったの?と必要以上に疑われてしまう可能性があります。
やましいことがないのであれば、正々堂々と修理前に保険会社に連絡をしておきましょう。

火災保険での雨漏り修理業者を探す方法

雨漏り修理業者の選び方

雨漏り修理は修理の中でも特に技術力が求められます。

屋根雨漏りのお医者さんへの雨漏り依頼も半分近くが他業者が直した筈の雨漏り被害の再発によるものです。

直した筈の雨漏りが再発してしまうと修理費用や時間も数倍かかってしまう上に家の資産価値も時間と共に低下していきます。

最低限見積もりの内容を納得行くまで説明してくれて、保証をしっかりしてくれる業者に依頼しましょう。火災保険での雨漏り修理先の業者の選び方が分からない場合はこちらからご相談ください。