雨漏り修理の費用相場について解説

知識・ノウハウ

「雨漏りの修理費用の相場ってどれくらいなんだろう?」

「家の中で雨漏りが起きている・・・」
「前に比べて天井・壁のシミが広がっている気がする・・・」

雨漏りは天井や壁にシミを作るだけでなく、カビが発生し健康状態に影響を及ぼしたり、害虫害獣の発生にもつながります。
放置しているとこれらの二次災害が発生するだけでなく、修理費用もどんどん高額になっていきます。

修理にかかる費用は数千円~100万円と大きな幅があり、修理の内容や被害の規模、業者間によって全く金額が異なります。

雨漏りは被害状況によって都度適切な対処を行わないと再発してしまうのが厄介なところです。

この記事では雨漏りの修理費用の相場の解説はもちろん、損しない雨漏り修理業者の選び方も解説していきます。

「今すぐ雨漏りについて相談したい!」という方はこちらからご相談ください。

この記事の目次

雨漏り修理費用の相場って?

まず初めに雨漏り修理は大体いくらくらいで出来るのか、相場についてお話します。

雨漏り修理は、どういう直し方をするのか(部分修理、全体修理 等)雨漏りの被害状況によって金額は数千円~数百万円まで大きな幅があります。

部分的な修理の場合は、約10万円ほどで済む場合もあり、全体的な修理になってくると約100~200万円ほどかかる場合もあります。

雨漏りの状況毎に金額を説明していきます。

雨漏り修理にかかる費用相場は5万円~200万円

amamori souba

雨漏り修理にかかる費用は被害状況や雨漏りの原因箇所によって大きく異なる為、金額に大きな幅があります。
小規模な修理であれば5万円〜30万円程度、大規模な工事になると100万円~200万円と大変高額になってきます。また、業者によって修理の相場も異なる為、雨漏り修理をする際は相見積もりをする事をオススメするウェブサイトが多いです。

雨漏り箇所ごとの修理費用

雨漏りする箇所によっても修理費用は大きく変わってきます。それでは箇所ごとの修理費用を見ていきましょう。

屋根の葺き替え費用

屋根の葺き替えは、既に使用されている屋根材を撤去し、他の新しい屋根材に取り替えます。

これが一番高額な工事になります。基本的には、劣化や損傷が激しく部分的には治す事ができない場合などに行われます。

葺き替え工事は使用する屋根材や業者によって金額が異なってきますが、平均的な相場は60万円~200万円です。

屋根の葺き替えについてはこちらの記事で解説しいています。→雨漏りした際、屋根の葺き替えをするメリット・デメリット・費用相場を解説

カバー工法(重ね葺き)の費用

カバー工法とは既存の屋根の上に他の屋根材を被せる工法の事です。元の屋根材の種類や状態によりこの工法で修理出来るか出来ないかが決まります。
葺き替えよりも修理費用は若干安く、平均相場は70万円~150万円です。

カバー工法についてはこちらの記事で解説しています。→カバー工法での屋根の修理!カバー工法のメリットから費用までを徹底解説

屋根・外壁の塗装費用

屋根や外壁の塗装は色を塗り替えるだけではなく、雨漏りや汚れを防ぐ防水効果をもたらします。

塗装の平均相場は面積にもよりますが20万円~100万円です。

塗装についてはこちらの記事で解説しています→塗装が必要な屋根の種類と屋根塗装の効果|屋根塗装の耐用年数と修理方法を解説

外壁の雨漏り修理費用

症状により大きく金額は異なりますが部分修理だと5万円~50万円 大掛かりな修理だと70万~200万円です。

雨漏りは屋根からだけでなく外壁やベランダ、窓からも起こります。

外壁も定期的にメンテナンスを行わないと経年劣化によりヒビが入ったりして雨漏りに繋がってしまいます。

外壁についてはこちらの記事で解説しています→外壁からの雨漏りの原因と対策・メンテナンス方法を解説

ベランダの雨漏り修理費用

ベランダでは排水口が詰まり水がベランダに溜まってしまったり、経年劣化により防水機能が弱ってしまう事で雨漏りに繋がってしまう事があります。

基本的には塗装作業を行い雨漏りを防ぎます。

平均的な相場は5万円~50万円ですが、塗装面積が広い場合には100万円前後になる事も。


ベランダからの雨漏りについて詳しくこちらで説明しています、宜しければご覧ください。ベランダ・バルコニーからの雨漏りの原因と修理費用を解説

天井からの雨漏り修理費用

天井からの雨漏りは、屋根だけが原因ではなく外壁などが原因でも起こります。また、水道管が破裂しているなど様々な原因で雨漏りが起こるのが天井です。

天井からの雨漏りの場合の修理費用はおおよそ5~20万円が目安です。
コーキングだけで済む場合は、数万円程度で済みます。

天井からの雨漏りについてはこちらの記事で解説しています→天井の染みの原因は雨漏り?シミの原因の判別方法や対処法を解説

窓、サッシの雨漏り修理費用

窓の雨漏りの場合に多いのが経年劣化により隙間が出来てしまう場合です。コーキングを行い隙間を埋めるだけ等の簡単な修理であれば修理費用は安めです。
平均的な相場は5万円~30万円です。

天窓の修理費用

天窓からの雨漏りは基本的にパッキンの劣化やゴミの詰まりが原因です。
天窓の修理費用相場は、部分修理なら3万円~天窓の取り替えなどは25万円~が目安となります。

天窓についてはこちらの記事で解説しています→【2021年版】天窓(トップライト)からの雨漏りの原因と対策〜天窓設置時のメリット・デメリットを解説〜

雨漏りの修理にかかる日数は1日~3週間

雨漏りの症状が軽度な物ならその日に修理が完了しますが、重度な物になると最大一か月位かかる事もあります。

・軽度な雨漏り 1日~3日
・中度な雨漏り 1週間前後
・重度な雨漏り 2週間~1か月

隣の家との距離が近く足場が設置しずらかったり屋根の形状が複雑だともう少し期間が延びる場合があります。

雨漏り修理の費用を抑える3つのポイント

雨漏りの修理費用が修理箇所や被害状況によって大きく金額が上下するのは分かりましたね。
では雨漏りで修理費用を抑えるためにはどのようにしたらいいのでしょうか?

雨漏り修理をする際に、最も大事な3つのポイントをご紹介します。

雨漏り修理をする際に最も重要なのは業者の選定。

雨漏りは修理の中でも特に技術力が求められる修理で適当な業者に依頼してしまうと雨漏りが再発し、結果的に倍以上の修理費用がかかってしまいます。

酷いケースだと業者が修理をした箇所が原因で雨漏りの被害が拡大する事も。

本来数万円で済むはずの修理が100万円近く費用がかかってしまったなんてケースもあります。

業者選びの次に大事なのが雨漏りを放置しない事

早く修理をすればするほど修理費用も時間もかからず損をしない雨漏り修理を行う事が出来ます。

少しの雨漏りだし・・・と放置せず、雨漏りを確認した際にはすぐに業者に依頼しましょう。

雨漏り修理業者の選び方

雨漏りは信頼出来る業者に依頼する必要があります。

部分修理で済む筈の状態なのに全体的な修理を求められ高額な修理費用がかかってしまう事も。
また雨漏りは原因を見つけるのが非常に困難な為、きちんと修理出来てなくて時間経過と共に雨漏りが再発したり、被害が拡大してしまう事もあります。

損をしない雨漏り修理をする為に、何を重視して業者選びを行えばいいかを紹介します。

雨漏り修理専門の資格を持っている業者を選ぶ

雨漏り診断士や一級建築板金技能士等の資格を持った業者に依頼しましょう。

技術力が高い人に頼むと修理費用が高いイメージを持たれる方が多いかと思いますが、知識経験が多いからこそ安く修理する方法、確実に雨漏りを止める方法を知っています。

見積もりの内約を細かく説明してくれる

見積書の内約を細かくわかりやすく説明してくれる業者は信頼度が高いです。

見積もり書を素人が見た場合にもどのような材料を使い、どこにどのくらいの金額がかかっているのかを説明してくれる業者は安心出来ます。

「一式」等とあいまいな言葉を使わず細かく内約が書いてある見積書を出してくれる業者を信頼しましょう。

施行保証がある

雨漏りは再発が多い修理なのでしっかりとした業者は保証制度があります。

保証制度にも工事内容や規模により保証してくれる年数が異なるのが基本の為、保証制度がある場合には詳しく内容を担当者に聞いておきましょう。

屋根雨漏りのお医者さんでは全体修理だけでなく部分修理等の細かい修理も対応しております。

スタッフの中には30年以上雨漏り修理を専門としている者が多数在籍しており、スタッフの80%以上が一級建築板金技能士を所持しております。雨漏りの再発が心配な方や修理費用を抑えたいと考えている方は是非一度ご相談ください。ご相談はこちらから

雨漏り修理には火災保険が適用可能?

火災保険は火災だけでなく、自然災害が原因で建物に被害があった場合にも適用できる事があります。

自分に過失がある場合や経年劣化による雨漏りには適用出来ません。

火災保険に加入している場合にはまず自分の加入しているプランの内容を確認しましょう。

火災保険での雨漏り修理について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。火災保険で雨漏り修理が適用される?損しない申請の仕方

雨漏り修理にかかる、その他の費用は?

その他の費用として、場合によっては下記の費用がプラスになる場合があります。

  1. 足場代金
  2. 処分代金
  3. 調査料金
  4. 高所作業車等の機器の使用料金

A.雨漏り修理の足場代金

Aの足場代金ですが、足場の規模や種類にもよりますが、15~30万円程度を考えておいたほうが良いと思います。

原則として、高さ2m以上の場所で工事を行う場合は、足場を設置しなければなりません。雨漏りが原因で、その工事を行う場合には、原則として足場を設置すると考えて下さい。

ただし、足場をかけなくても工事ができる方法もあります。足場をかけることが困難な場合もありますので、足場を必ずかけるかといえば、そうとは限りません。

同じ工事箇所であったとしても、会社によっては、「足場をかけずに作業ができますよ」という会社もあれば、「必ずこの場所なら足場をかけさせてください」という会社もあるのです。

また、業者の中には、お客さんが安く済ませたいと思っているし、足場をかけなくてもできる仕事なのだから、足場はなしで仕事をしてあげたい、と考える業者もいます。

B.屋根材の処分代金

Bの処分代金についてです。
例えば、昔の瓦屋根であれば、瓦の下に10トン以上もの土が乗っている場合が結構あります。この土が、瓦の下に入ってしまう水を吸収し、雨漏りを防ぐ役割の一部を担っているのです。

しかし、築40年、50年となってくると、この大量の土が乗っているために、家の障子が開きにくくなったり、扉が開きにくくなったりします。

それだけ築年数が経ってくると、地震が起きた時に崩れてしまう確率も上がってくるのです。

そこで、そういった土が多く屋根に乗っている家で、屋根を葺き替える場合には、基本的にこの土を撤去します。

そうすると、さすがに10トン以上もの土を運ばなければならないとなると、それを持っていくためのダンプが必要になります。


10トンのダンプが入るような道沿いに家があれば良いですが、そんな家はあまり多くありません。2トンとか4トンのトラックで土を何度かに分けて運び、処分することが多いでしょう。

そうすると、それだけでもそれなりの金額がかかってしまいます。

C.雨漏りの調査料金

Cの調査料金ですが、これは会社によって、工事を頼んでくれたら調査料金はいただきません、というような会社もあるでしょうし、一律で調査をしたらいくらと料金が決まっている会社もあるでしょう。
屋根雨漏りのお医者さんでは、調査・見積もりは無料で行っています。

D.高所作業車等の機器の使用料金


Dの高所作号車等の機器の使用料ですが、これは、たとえば足場をかける代わりに高所作業車で作業をするほうが効率が良かったり、安くすむ場合があったりもします。
高所作業車を持っている会社であっても、それなりに値段が高いものですから、やはり使用料金は課金するはずですし、高所作業車を持っていない会社であれば、レンタルしてこなければなりませんので、10万円~の金額がどうしてもかかってしまいます。

雨漏り修理は、相見積もりを取るべきなのか?

※画像をクリックで動画視聴できます。

他の雨漏りの知識については上記のバナーをクリックし動画をご視聴ください。

※日本全国対応・お見積もりOK

雨漏り修理専門家

大塚万聡(おおつか)

この記事はあなたのお役に立ちましたか?
情報を他の人にシェアしましょう!

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook