天井の染みの原因は雨漏り?シミの原因の判別方法や対処法を解説

知識・ノウハウ

天井にできたシミは、雨漏り??

天井にシミができているんだけど、もしかして雨漏り?
でも、別に雨水が垂れてくるわけでもないし放っておいても大丈夫かな?

と考える方も多いのではないでしょうか?決して、天井から水が垂れてこないからといって放置して良いわけではありません。

実際に、天井から水が漏れてきたら「雨漏りだ!」と思うのは当たり前ですが、水が垂れてくる状態までいっていると重症です。

ところが、天井にシミが出来ているだけで、水が垂れてこない場合もあるのです。実際に、我々が調査しに現場に駆け付けると、そのシミは雨水が原因ではないことが多々あるのです。

もしも天井にシミが出来てしまった場合は、これからご紹介する「雨水以外の水漏れ」の可能性も視野に入れておきましょう。特に「雨が降っていないのに水漏れしている場合」は要注意です。

この記事では、雨水以外で天井にシミが出来てしまう原因をまとめ解説いたします。雨漏りとの見分け方や、雨漏りだった時の対処法もまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次

天井にできたシミ・雨漏りの原因

雨が降る以外にも、家の中で水漏れが発生する原因はいくつかあります。
雨が降っていない時でも雨漏りがする場合には、雨水以外の水漏れを疑ってみましょう。雨水以外で水漏れする原因は、主に5つあります。
次の章では、その原因について詳しく解説いたします。

天井にできたシミの原因は結露?

天井にできたシミの原因が、雨漏りだと思っていたら、実は結露だってケースが、かなり多いのです。

結露とは、暖かい空気中に含まれている水蒸気が、冷えることによって水に変わる現象です。よく冬の時期の窓などでよく見られる現象なため、まさか天井で結露が発生しているとは思いませんよね。

実は屋根裏の断熱が十分でない場合、結露は起こります。
特に結露しやすいのが「台所」「寝室」「室内干しをしている部屋」です。

実際に結露が起こったとしても、吸湿性の高い天井であれば、ある程度は吸収します。
ですが、ビニールクロスの天井の場合だと、ほとんど水分を吸収しませんので結露が大量に発生した日は、「ポツリポツリ」水分が落ちてくることがあります。もしビニールクロスの内側が結露してしまうと、クロスの剥がれが発生することも起こりえます。

杉板など自然素材の天井の場合、水分を吸収してくれますが、水分量が多すぎると「シミ」になってしまい、「もしかして雨漏りの痕?」という状態になってしまいます。

もし大雨でもないのに、「天井から水が垂れてきた場合」「天井にシミが出来た場合」には、まず結露を疑ってみましょう。窓に結露が大量発生している状態であれば、結露の可能性が高いです。

天井のシミや水漏れが結露だとわかったら、「除湿器」などを導入して結露しない環境を整えましょう。
特に最近建築した、高気密高断熱住宅で除湿器を使わずに洗濯物を干した場合は、結露する可能性が高いのでご注意ください。

雨漏りの水も、結露の水も結局は「同じ水」なので家を腐食させること・カビを発生させるなどの健康被害に影響を与えることには間違いありませんので早めに対処しましょう。

水道管の破裂や、サビによる水漏れ

雨が降っていないのに水が垂れてきた場合や、水の量が明らかに多い時は水道管の破裂を疑いましょう。

2階にお風呂やトイレ、洗面所がある場合、水道管が壁や天井に設置されていますが、凍結などでそれが破裂すると大量の水が漏れ出してしまいます。

基本的に水道管からの水漏れは、経年劣化によるものが多いですが、築浅住宅でも、寒冷地では水道管の凍結によって破裂が起きますので注意しましょう。

また、地震などの大きな衝撃が加わった時も破裂する場合がありますので、地震の後に水漏れが発生した場合は地震による破裂の可能性が高くなります。

水道管に「鉄」が使われていた場合、まったく衝撃が加わっていなくても、サビが原因で自然に漏れだすことがあります。

ここ数年に建築された住宅では、ポリエチレン管が主流になりましたが、一昔前までは、鉄管がメインでした。鉄管は、徐々に錆びますので、築20年以上経過している場合は、サビによる水漏れの可能性も高くなります。

水道管の破裂や経年劣化が原因で水漏れしている場合はお住まいの地域の「指定工事業者」に修理を依頼しましょう。

2階のキッチンやお風呂、トイレなどからの水漏れ

1階が雨漏りしていて、上に水回りがあるあたりがシミになっている場合は、2階の水回りからの水漏れの可能性が高くなります。具体的には、トイレやお風呂、洗面所などです。

排水管の接合部分や、ユニットバスの下にある配管の劣化、接合ミスなどが原因で水漏れが発生する場合があります。

築20年以上経過している住宅の場合は、経年劣化が考えられますが築浅住宅の場合は、施工ミスの可能性がありますので、ハウスメーカーや工務店に連絡をしましょう。

築10年以内の水漏れの場合は、建て主さんの負担ゼロで修繕してもらえます。

エアコンからの水漏れ

「床に水たまりが!」と屋根屋さんが急行すると、水たまりの真上に「エアコン」が設置されていることがあります。 その場合、雨漏りではなく、エアコンから水が漏れている場合がほとんどです。 エアコンは、ドレンと呼ばれる排水管のつまりなどが原因で水漏れを起こすことがあります。

エアコンの下に水たまりが出来ている場合は、天井ではなくエアコンをチェックしてみましょう。
水漏れが確認できたら、エアコンの修理業者さんや掃除業者さんに連絡をしてみてください。
購入して日が浅い場合は、購入店に相談しましょう。

害獣など動物の糞尿による雨漏り

それほど多くはありませんが、天井裏に住み着いているネズミやコウモリ、ハクビシンやタヌキなどの糞尿が漏れているのを、雨漏りと勘違いすることがあります。
特に、山間部や畑が近くにある古い住宅では、天井裏に野生動物が住み着くことがあります。最近では、都内でも見かけることが多くなり、空き家が多い地域の場合、空き家に住んでいた動物が引っ越してくることもあります。

漏れてくる水が臭い、色がついているなど「水」とは異なる場合、動物の糞尿を疑ってみてください。
夜間に不思議な物音がする、というお宅には知らない間に動物が住み着いている可能性があります。
家を建てたハウスメーカーや工務店、なじみの大工さんに天井裏を確認してもらい、動物の痕跡があったら害獣駆除業者に野生動物の駆除を依頼しましょう。

野生動物が住み着いていると、糞尿による被害だけでなく、病原菌による感染の危険性がありますし、断熱材を噛んで巣にするなど、住宅の機能を著しく低下させる行動をとります。気がついたら早めの対処を行いましょう。

結露での雨漏り対策について動画で解説!

※画像クリックで動画視聴できます。

他の雨漏りの知識については上記のバナーをクリックし動画をご視聴ください。

雨漏りの放置で引き起こる二次災害

雨漏りの放置は建物の内部を腐らせます。あまり酷くないからそのままでいいやの軽い気持ちが、気付いた時には悪化していて、高額な修理費用が発生してしまうのです。雨漏りの放置は、修理費用が高額になるだけでなく様々な二次災害・三次災害を引き起こします。

雨漏りが原因で引き起こる二次災害・三次災害は、主に5つあります。

・カビの発生
・シロアリの繁殖
・漏電
・木部の腐食
・金属部のサビ

これらの発生は、家の資産価値を下げるだけでなく、住んでいる方の健康被害にも悪影響を及ぼします。特にカビの発生は、ご年配の方や、小さなお子様、アレルギー体質の方がいるご家庭では気をつけなければなりません。また、天井裏などに配線がある場合にも注意が必要です。漏電によって火災など命に関わる危険性も出てきます。
雨漏りした際は早めの対処を心がけ、安く修理ができるうちに行ってしまいましょう。

雨漏りと水漏れの見分け方

水漏れはしているけど、雨漏りかどうかわからない場合は、次のチェックリストにあてはまるかどうか考えてみてください。

・雨が降っていない日も水が漏れる
・2階の下なのに水が漏れる
・漏れてきた水が生臭い
・エアコンの下だけ水がある
・生活は変わっていないのに水道料金が高くなった
・雨が降っていないのに大量の水が漏れてきた

これらのどれかに該当する場合は、雨漏りではなく水道管の破裂や、野生動物による被害、配管の劣化などが原因の水漏れが考えられます。

また、このどれにも該当しない場合、または判断がつかない場合は雨漏りの可能性がありますので、専門家に調査を依頼しましょう。

築10年以内の家であれば、雨漏りの場合でも施工業者の負担で修繕してもらえるので、ハウスメーカーなどに連絡をしてください。

 築年数が経過している住宅の場合は、雨漏り箇所や水漏れ個所を特定するまでに、専門的な知識と技術が必要になりますので、雨漏りの専門家に依頼することをおすすめします。

雨漏りについて、お悩みの場合は
雨漏りドクター カスタマーサービス 0120-994-119(9:00~20:00)まで電話をかけて頂き、「雨漏りについて相談したい」とお伝え頂ければ幸いです。
※ネットでのご相談をご希望の方は24時間対応のメールフォームをご活用ください。
※ご利用無料/全国対応/些細な事でも相談可

4.実際にトイレの配管が原因での雨漏りの事例

実際に、屋根雨漏りのお医者さんにご依頼をいただき、お客様のところに伺って修理させていただいた時のお話です。

このお宅は、「屋根から雨漏りがする」から見に来てくれ、ということでお伺いしました。築年数は25年くらいです。当時にしては珍しく鉄骨組で屋根が造られていました。

造り的に屋根の上に上がれるような状態ではなかったので、まず屋根裏に潜ってみました。
屋根裏で写真を何枚も撮影してみたのですが、どれだけ撮影しても雨漏りの箇所が見当たりません。おかしいな、と思いました。

しかし実際に、家の中ではボタボタと雨漏りしています。ただ、その雨漏りがしている場所は1階です。その上に2階があって、さらにその上に屋根裏があります。

奥様から、徹底的に見てくれと言われたので、1階の天井に穴を空けて、その天井裏を見てみました。
そうすると、一部がかなり雨漏りしている状態が見えます。
すごい勢いで水が漏れているのですが、この日、雨は降っていませんでした。

雨漏りにしてはおかしすぎるので、よく見てみると、ちょうどその上が手洗いになっていて、その配管の一部から水が漏れているのが見つかりました。

そこで、配管の周りをきちんと養生し、配管のジョイント部分もボンドを入れて確実に水漏れを止めたところ、この雨漏りも収まりました。

3.まとめ

最後に、もう一度、雨漏りかと思ったらそれ以外の原因だったというケースをまとめておきますね。

  • 結露
  • 水道管の破裂
  • 2階の水回りからの水漏れ
  • エアコンからの水漏れ
  • 動物の尿

これらが原因の水漏れは、注意深く観察すれば雨漏りではないことがわかります。
雨が降っていない時に急に水漏れがはじまったら、雨漏り以外の原因を疑ってください。

ただし、結露が原因の場合は、雨漏りと見分けがつかないこともありますので、雨漏り修理の専門業者に相談してみましょう。
彼らは「水漏れのプロ」なので、結露なのか雨漏りなのかをしっかりと調査した上で判断してくれます。
どちらにせよ、住宅内の水漏れは、家の寿命を縮めるだけではなく家族の健康を脅かすこともあるので、気付いた時の早めの対処が大切です。

※日本全国対応・お見積もりOK

雨漏り修理専門家

大塚万聡(おおつか)

この記事はあなたのお役に立ちましたか?
情報を他の人にシェアしましょう!

Share on twitter
Twitter
Share on facebook
Facebook