悪徳業者による雨漏り修理のトラブル!悪徳業者を見分けるポイントを解説

雨漏り修理の提案 知識・ノウハウ
雨漏りの質問

訪問業者には注意?

屋根の修理の悪徳業者なんて、都市伝説で本当は実在しないでしょ?」って思っていませんか?

突然の訪問業者に無料調査をさせたら、どんどん話は進み、高額な修理費用をを払う羽目になったなど、雨漏り修理を含めた住宅リフォーム業界というのは、今もなお悪徳業者によるトラブルが多い業種です。

また、金銭面のトラブルだけでなく、しっかりと施行しない手抜き工事を行う業者もいるのです。
もし、そのような業者に頼んでしまったら雨漏りを修理するどころか悪化させてしったり、太陽光発電設備を設置する際に屋根に致命的な損傷を与える業者も少なくありません。

そこで今回は、悪徳業者の被害にあった事例や手口をもとに解説していきますので、是非参考にしてみて下さい。

目次

突然訪問してくる修理業者は危険!

訪問業者

雨漏り修理や、リフォーム工事で一番多いトラブルが、いきなり訪ねてきた訪問業者に修理・点検を依頼したことで起こっています。

悪徳業者は「近くで工事をしていてたまたま、お宅の屋根が気になった」「無料で調査を行っています」などと言って、なんとかして調査しようとしてきます。

無料だからといって調査させるのはもちろん、屋根に登らせるのも危険です。
屋根に登らせると、何をしているのか見えな上、壊れていると嘘をついたり、自ら屋根材などを壊し、あたかも壊れていたかのように言ってくる業者もいます。

訪問が来て心配になった方は、ご自身で調べて見つけた業者に調査をしてもらいましょう。業者の選び方については後ほど、見分けるポイントについて解説します。

↓雨漏りした際は、まずどこに連絡するのがいいのか知りたい方はこちらの記事で詳しく解説しています

実際にあった悪徳業者による被害の事例

悪徳業者の被害

当サイトにも、訪問できた修理業者が原因でのトラブルが多数寄せられています。

最初は、保険を使いやすくなる・大幅な割引をする・無料で行うなどを謳い、親切な対応で好印象の悪質リフォーム業者ですが、そのまま乗せられてしまうと高額な請求を支払うことになってします。
ここでは、実際にあった被害の事例をもとに、悪質リフォーム業者のよくある手口をお伝えします。

悪徳修理業者の被害事例①高額な修理費用を提示された

契約

雨漏り修理やリフォームというのは、規模や使う材料によって一概にいくらですとは言えないの現状としてあります。その弱みにつけ込んで悪徳業者は請求してきます。

こちらの被害は費用相場を知らないがために、割引きという言葉に乗せられ、契約してしまったケースです。

「突然訪問できた修理業者が、無料で点検してくれるとのことで診てもらったら、瓦がずれていると言われ急いで応急処置を行ってもらったら、翌日見積書と一緒に他の工事を勧められ、大幅に割り引くとのことだったので契約してしまった。後になって費用相場を見て、修理費用が高額な請求だと分かった」ケースです。

やはり、訪問の業者には気をつけましょう。
また、大幅な値下げは、しっかりと適正価格で施行している業者ではあり得ないことですので、大幅な値引きを持ちかけられた際には注意しましょう。心配な場合には他書と相見積もりを取ることをオススメします。

悪徳修理業者の被害事例②火災保険で修理できると言われたが自己負担が発生した

雨漏り修理の説明

「全額、火災保険を使い修理できると言われたので契約したが、実際には全額は降りず、自己負担が発生したが契約してしまったためトラブルになっているケースです。」

火災保険を使うには条件があり、もし使えたとしても全額は降りない可能性もあるので、しっかりとご自身でも火災保険について知る必要があります。

悪徳修理業者の被害事例③前金を払って逃げられてしまった

悪徳業者の被害

この方は、修理の前金として5万円を業者に支払ってしまい。その後業者の方と連絡が取れなくなってしまい逃げられてしまったケースです。

最初に工事費用の支払いを請求してくる業者もいますが、優良業者に多いのは工事完了後に全額支払うというものですので、事前に前金の発生や、全額最初に請求された場合はその会社のことを調べ警戒しましょう。

テレビ番組にも取り上げられた悪徳業者による衝撃雨漏り動画

こちらの動画は当サイトが撮影した動画ですが、先日テレビ番組にも取り上げられました。

なんと、太陽光発電のソーラーパネルを屋根に取り付ける際に、大きな釘を屋根に突き刺して貫通させてしまい、そこから雨水がザーザーと屋根裏に注ぎ込んでいるのです。

この雨漏りの原因は、ソーラーパネルを屋根に載せる際に固定するための釘の打ち方とコーキングです。動画の工事業者は「野地板固定」を採用していながら、きちんとした防水処理を行っていなかったのです。

これでは雨漏りするのは当然のこと。
穴をあけた箇所から水は入り放題になってしまいます。

ソーラーパネルの固定方法について解説

太陽光発電

ソーラーパネルを屋根に固定する方法は複数ありますが、屋根に穴を開ける方法は「野地板固定」と「垂木固定」の2種類です。

ソーラーパネルが原因で雨漏りが発生したら設置したソーラパネルを全ておろした上で、屋根材(瓦など)を剥がした上で、その下にある防水シートを交換する非常に大掛かりな工事が必要になる場合もありますのでご注意くださいね。

ソーラパネルの設置方法①野地板固定

野地板固定とは屋根材(瓦など)の下にある、薄い板に釘やネジをうって固定する方法です。

野地板は薄いため、ネジや釘では貫通してしまい雨漏りリスクが高くなりますが、きちんとコーキング等の防水処理をすれば雨漏りリスクは抑えられます。

そもそも、野地板固定は、太陽光パネルを支える力が少なく豪雪地帯や暴風地帯では使うことができませんし、メーカーによっては補償対象外なので、太陽光パネルの工事を行う際は工法についてしっかりと打ち合わせをしてください。

雨漏りリスクを低減させるためにも、ソーラーパネルをしっかり固定するためにも、屋根に穴をあける工法しか選択できない場合は「垂木固定」を選択しましょう。

ソーラパネルの設置方法②垂木固定

垂木固定とは、垂木と呼ばれる屋根の構造材にネジや釘を打つ方法です。
屋根には、屋根を支えるための垂木と呼ばれる木が骨のように張り巡らされています。
ちょうど屋根を上から見ると肋骨のような形状になっていて、その部分は野地板よりも分厚く釘やネジを打っても下まで貫通しません。
だから野地板固定よりも、格段に雨漏りリスクは低下します。
釘が貫通しないので、万が一雨水が侵入しても下から漏る可能性が低いのです。

ただし、垂木固定は、垂木がどこにあるかを機器などで把握しながら施行するため時間がかかり、野地板固定よりも費用が高くなります。
とは言っても大切な家が雨漏りをしてしまった時の経済損失に比べたら大したことはありませんので、しっかりとした施工をしてくれる業者さんと打ち合わせをして雨漏りリスクが低くなるソーラーパネルの固定法を選んでください。

↓ソーラパネルの雨漏りについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

悪徳業者はどう見分ける?

悪徳業者

悪徳業者に修理をされると、家がどんな目にあってしまうのかはだいたいお分かりいただけたと思います。
けど、「悪徳業者ってどの業者のことなの?どこに頼めば安心なの?」というのがほとんどの方の感想。
屋根の修理で検索すると無数に修理業者さんがヒットしますが、どこが良心的でどこが悪徳なのか、すぐには見分けがつきませんね。

そこで、簡単な見分け方をご紹介します。

・格安修理が売りの業者には要注意!

1つ目は、「屋根修理超格安、屋根修理定額◯万円」と謳っている業者です。
屋根を格安で修理、や屋根の修理がたったの5万円、などと「安さ」を前面に出している業者さんは避けてください。

ソーラーパネルの設置も屋根の修理も、専門知識が必要ですしある程度時間が拘束されますので、相場よりも明らかに安すぎる値段を提示してくる業者は、利益を出すために部材や作業時間などを削っています。
そもそも、屋根の修理料金は職人さんが屋根に登って現状を把握しなければ計算することはできません。
現場も見ずに修理代を提示するなんてもってのほかです。

・自宅に来るセールスマンもNG

インターネットではよく注意喚起されていますが「自宅にセールスに来る屋根業者」も避けてください。
そんなセールスマンに人件費を払っているということは、職人さんへの支払いが削られているということですよね。
火災保険が使えるなどと言って無駄な工事を行い、雨漏りを発生させることすらあります。
この2点に注意するだけで、悪徳業者率がかなり低くなりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

修理業者による被害への注意喚起

”「住まいるダイヤル*」は、法律に基づき、国土交通大臣から指定を受けた住宅専門の相談窓口です。2017 年度の電話相談は 28,142 件、そのうちリフォームに関する相談は 10,138 件で、相談全体の3割を超えています。”

出典:国民生活センター

国民の生活に関する相談窓口である、国民生活センターでは、日々、雨漏り修理やリフォーム工事に関するトラブル相談が多く寄せられています。
実際にトラブルにあった事例とともに注意喚起を促しているので一度チェックしてみるのも良いかもしれません。↓
http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201812_02.pdf

雨漏り修理の費用相場

雨漏り修理費用の相場

雨漏りの修理費用は、サイトに書かれている箇所と同じでも、規模や原因、施行方法、使う材料、業者によっても金額変わるため一概にいくらとは言えません。
ですが、おおよその目安を知っておくことで、提示された金額が高いのか、妥当なのかの判断基準になるかと思います。

基本的に、部分修理と言われるような応急処置程度の工事であれば10万円未満が相場と言えるでしょう。

大規模な屋根の葺き替えや、外壁全体の工事となると100万円を超える工事もあります。

もう少し箇所別に詳しくご紹介していきます。

修理箇所目安の費用
屋根葺き替え80~200万円
屋根カバー工法70~150万円
屋根・外壁塗装20~100万円
外壁全体70~200万円
ベランダ5~50万円
天井からの雨漏り</