1. TOP
  2. 知識・ノウハウ
  3. 雨漏りが再発したらやるべきことはただ1つ。腕の良い雨漏り修理屋やさんを見つけてください

雨漏りが再発したらやるべきことはただ1つ。腕の良い雨漏り修理屋やさんを見つけてください

度重なる雨漏りの発生に、うんざりしながらいつもの大工さんやハウスメーカーに電話をしていませんか?
もし、あなたの家が新築から10年以上経過しているなら、大工さんやハウスメーカーではなく、雨漏りが再発した瞬間に「腕の良い雨漏り修理屋さん」を探してください。
屋根の修理は想像以上に複雑ですし、雨漏り箇所を特定するだけで一苦労。
大工さんやハウスメーカーお抱えの業者さんでは手に負えないどころか、状況を悪化させる可能性すらあります。
だから、「激安屋根修理やさん」なんてもってのほかです。
雨漏りは家の寿命を刻一刻と短くする上に家族の健康を害する「家族の敵」なので、腕の良い屋根やさんを探して、しっかりと修理することが大切です。

1.雨漏りが再発する原因その1「原因箇所を特定できていないから」

なぜ、何度も雨漏りが再発するのかと言うと、しっかり雨漏り箇所を特定できていないからです。
雨漏りは、実際に水が漏れている真上で発生しているとは限りません。
水は思いもよらないルートを通って家の中に侵入します。
代表的な雨漏り箇所はこちらです。

・屋根

屋根の雨漏りは、防水シートの劣化、や破損が原因です。
瓦やスレートなどが破損したからと言ってすぐに雨漏りするわけではないのです。
だから、どこが雨漏りしているかを特定するのは非常に困難。
壊れた瓦の下の防水シートが破れているのであれば話は早いですが、そうでなければ原因特定は至難の技です。

・取り合い部

取り合いとは、部材と部材のつなぎ目のことです。
特に雨漏りが起こりやすいのが軒先の取合い部。
雨樋からの水はねなどで雨漏りが発生しやすくなります。

・バルコニーやベランダ

2階以上に設置されているバルコニーやベランダの防水処理が甘かったり、施工不良がある場合は、そこから雨水が侵入します。
ベランダに出るサッシの下部から水が入ることもあります。
排水溝の詰まりも雨漏りの大きな原因です。

・壁

外壁材が劣化したり、コーキングが劣化したりするとそこから雨水侵入することがあります。
サイディング貼りの住宅は要注意です。
寒冷地の場合、低温でサイディング自体がわれて雨漏れが発生することもあります。

・窓

意外と多いのが、窓からの雨漏り。
サッシの下、窓と外壁の取合い部から雨漏りすることが少なくありません。
特に天窓と出窓は雨漏りリスク大です。

このように、雨漏りは家中のどこでも発生する可能性があります。
雨漏り=屋根とは限らないので、しっかりと雨漏り箇所を見極めることが非常に大切なのです。
しかし、お値段を売りにした屋根業者さんは、原因を特定することなく「水漏れ箇所の真上修理する」などの杜撰な雨漏り箇所特定作業しかしないので、雨漏りが再発するのです。外壁が原因なのに、屋根を修理しても雨漏りは改善しませんよね。
雨漏りの箇所を特定するためには、専門性の高い知識と経験が必要不可欠なのです。

2.雨漏り再発の原因その2、「未熟な施工」

雨漏りが再発する2つ目の原因は、適切に修理していないから、です。
例えば、屋根材の下にある防水シート(ルーフィング)の劣化が原因で雨漏りしている場合、ルーフィングの葺き直し等が必要になりますが、業者によっては屋根材を修理してルーフィングには手をつけない場合があります。
そうすると、すぐに雨漏りが再発してしまうのです。
外壁のコーキングの劣化が原因の雨漏りの場合、コーキングの打ち直しが必須ですが、その際に、既存のコーキングを除去せずに上から新たなコーキングを施工するだけでは、隙間が空いてしまい遅かれ早かれ雨漏りが再発します。
そうならないためには、既存のコーキングを除去してから丁寧に施工しなければなりません。
このように、雨漏りの原因箇所を特定しても、正しく施工しなければ、雨漏りはそのうち再発してしまいます。
現在、住宅関連の職人さんも高齢化が進んでいる上に若年層が減少しているので、技術が受け継がれないことも原因の1つです。

3.雨漏り再発を繰り返すと家はボロボロ。家族はゴホゴホ

雨漏りの再発は、家の寿命を急速に短くします。
まずは雨漏り箇所の構造材は水によって徐々に腐食して強度が低くなる上に、シロアリを呼び寄せます。
日本の家は、いたるところに重要な柱が通っていますので、雨漏りをすればその中のどれかは影響を受けます。
さらに、再発するたびに原因を特定できないままあちこち修理すると、それだけ家の耐久性は下がります。
不要な部分を切ったりはったりすれば家も人間も弱ってしまいますよね。
さらに、雨漏りが何度も繰り返されると、建物の中の水分量が増えて、壁内にカビが繁殖します。
酷い場合は、内装の壁紙や天井板までカビだらけ。
家の中のカビは、アレルギー性鼻炎や、喘息、肺炎などの原因になることが知られており、特に小さなお子さんや高齢者は要注意です。
雨漏りを再発を繰り返すたびに、家と家族の健康が徐々に脅かされるのです。

4.雨漏りの再発防止は「腕の良い雨漏り修理屋さん」と出会うこと

ご自宅が度重なる雨漏りに悩まされている場合は、一刻も早く「腕の良い雨漏り修理屋さん」を探してください。
前回修理した業者さんに苦情を入れるのは良いですが、その業者さんに何回依頼しても雨漏りが改善される見込みは少ないです。
何故ならば、腕の良い修理屋さんなら1度の施工で原因を特定して、きちんと施工できるから。
前回修理した業者さんに文句を言いたくなるのはわかりますが、彼らが施工すれば同じことの繰り返しです。

雨漏り修理と言いながら、原因を特定せずに未熟な施工を繰り返していれば、雨漏りが改善されるどころか、ひどくなったり、別の不具合が発生したりする危険性もあります。
だからと言って、ご近所さんや親戚の「知っている業者を紹介してあげるよ」も危険。
彼らはたった1回の雨漏り修理の成功で「良い業者さんよ」と言います。
もちろんそうやって腕の良い業者さんに出会うこともありますが、再発している雨漏りのような難易度の高い修理をそつなくこなせるとは限りません。
だから、自分の手で腕の良い雨漏り修理屋さんを探してください。
探すポイントは「具体的なお値段を前面に出していないこと」と「再発防止」をしっかりと明記していることです。
特に「一律2万円!」などと現場も見ていないのに確定金額を書いている業者さんは避けましょう。
しっかりと自宅を

5.腕の良い雨漏り修理屋さんとの出会い方

腕の良い雨漏り修理屋さんに依頼したければ「屋根雨漏りのお医者さん」のように、全国の腕の良い職人さんとのネットワークがある専門家に依頼することをオススメします。
例に挙げた屋根雨漏りのお医者さんは、全国の厳選した職人さんと提携しているので、腕が良いことは間違いなし。
さらに、多くの雨漏り事例がストックされているので、様々な状況に対処できます。
一人親方が蓄積できる経験は限界がありますが、複数の職人さんが提携すれば、無数の雨漏り修理経験を共有できますよね。
豊かな経験を持つ職人さんが、事例を共有すれば、鬼に金棒です。
度重なる雨漏り箇所も経験と勘、そして確かな技術力で的確に修理できるのです。
しかも、工務店やメーカーを通すわけではないので、中間マージンが発生しません。
適正なお値段で高い技術力があるので、再発を繰り返す雨漏り修理に大金を投じることなく、解決できます。

まとめ

雨漏りが何度も再発するのは、原因箇所を特定できていない、もしくは適切に施工できていないからです。
雨漏りの原因は数え切れないほどありますし、家はいたるところに雨漏りリスクが潜んでいます。
雨漏りを1度でスパッと修理するためにには、専門的な知識と経験、技術力が必要ですが、なかなかインターネットや口コミでは、腕の良い業者さんには出会えません。
だから、屋根の雨漏りのお医者さんのように、全国の職人さんとネットワークを組んで、適正価格で修理をしてくれる団体を探してみましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

雨漏り修理WEB|雨漏り修理のプロ80人からのアドバイスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雨漏り修理WEB|雨漏り修理のプロ80人からのアドバイスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

亀岡亮介

亀岡亮介

屋根雨漏りのお医者さんグループ本部代表。
2010年に屋根雨漏りのお医者さんグループを立ち上げる。2017年現在、80数社の技術力を誇るメンバーを擁し、メンバーとともに、日々、雨漏り修理の問い合わせに対応している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 意外と多いベランダ雨漏り。ベランダは10年ごとに点検とメンテナンスを!

  • 築浅でも注意! 天窓(トップライト)からの雨漏りの危険性と対策

  • 築浅住宅でも雨漏りの危険はあります。雨漏りの原因とフルまとめ

  • 瓦屋根は雨漏りしにくいノーメンテナンス屋根? 瓦屋根のメリットデメリット

関連記事

  • 瓦屋根の雨漏りの原因は瓦じゃない? 意外と知らない瓦屋根の構造と雨漏りの原因とは

  • 今雨漏りしているあなたへ。雨漏りの応急処置はこれだけでオッケー!

  • 雨漏り修理を自分でやろうと考えているあなたへ

  • 屋根の塗装は本当に効果あり? 塗装の種類と効果とは?

  • 「雨漏りを保険で直しませんか?」という誘いに乗って保険金詐欺犯にならないために

  • 一緒にできるの?部屋のリフォームと屋根修理! 同時並行のメリットデメリットとは