雨漏りが再発する原因と対処法について解説

天井のカビ 知識・ノウハウ
雨漏りの質問

修理してもらったのに、また雨漏りが再発した…

度重なる雨漏りの再発にうんざりしながらいつもの大工さんやハウスメーカーに電話をしていませんか?

もし、あなたの家が新築から10年以上経過しているなら、大工さんやハウスメーカーではなく、雨漏りが再発した瞬間に「腕の良い雨漏り修理屋さん」を探してください。

屋根の修理は想像以上に複雑で、雨漏り箇所を特定するだけで一苦労。
大工さんやハウスメーカーお抱えの業者さんでは手に負えない所か、状況を悪化させる可能性すらあります。
なので「激安屋根修理屋さん」なんてもってのほかです。
雨漏りは家の寿命を刻一刻と短くする上に家族の健康を害する「家族の敵」なので、腕の良い屋根やさんを探して、しっかりと修理することが大切です。

目次

雨漏りが再発する原因

雨漏り

雨漏りが再発する理由は、人為的なミスによるものが殆どです。
一度修理しているのに再発するということは、しっかりと雨漏りを直しきれていないケースが多いです。

さらに詳しく、雨漏りの原因を一つ一つ解説していきます。

雨漏りが再発する原因①「原因箇所を特定できていない」

屋根の清掃

なぜ、何度も雨漏りが再発するのかと言うと、しっかり雨漏り箇所を特定できていないからです。
雨漏りは、実際に水が漏れている真上で発生しているとは限りません。
水は思いもよらないルートを通って家の中に侵入します。

雨漏り再発の原因②「未熟な施工」

窓の雨漏り

雨漏りが再発する2つ目の原因は、適切に修理していないからです。
例えば、屋根材の下にある防水シート(ルーフィング)の劣化が原因で雨漏りしている場合、ルーフィングの葺き直し等が必要になりますが、業者によっては屋根材を修理してルーフィングには手をつけない場合があります。
そうすると、すぐに雨漏りが再発してしまうのです。

外壁のコーキングの劣化が原因の雨漏りの場合、コーキングの打ち直しが必須ですが、その際に、既存のコーキングを除去せずに上から新たなコーキングを施工するだけでは、隙間が空いてしまい遅かれ早かれ雨漏りが再発します。
そうならないためには、既存のコーキングを除去してから丁寧に施工しなければなりません。

このように、雨漏りの原因箇所を特定しても、正しく施工しなければ、雨漏りはそのうち再発してしまいます。
現在、住宅関連の職人さんも高齢化が進んでいる上に若年層が減少しているので、技術が受け継がれないことも原因の1つです。

代表的な雨漏りの原因箇所

雨漏りしやすい箇所

代表的な雨漏りの原因箇所は、主に5つです。

・屋根
・取り合い部
・外壁
・ベランダ・バルコニー
・窓・サッシ・天窓

雨漏りしやすい箇所①屋根材のひび割れ・浮き・ズレ

スレート屋根の劣化

屋根の雨漏りは、防水シートの劣化や破損が主な原因です。
瓦やスレートなどが破損したからと言ってすぐに雨漏りするわけではないので、どこが雨漏りしているかを特定するのは非常に困難です。
壊れた瓦の下の防水シートが破れているのであれば話は早いですが、そうでなければ原因特定は至難の技です。

雨漏りしやすい箇所②取り合い部からの雨漏り

屋根の接合部

取り合いとは、部材と部材のつなぎ目のことです。
特に雨漏りが起こりやすいのが軒先の取合い部。
雨樋からの水はねなどで雨漏りが発生しやすくなります。

雨漏りしやすい箇所②ベランダやバルコニー

雨漏りの散水試験調査

2階以上に設置されているバルコニーやベランダの防水処理が甘かったり、施工不良がある場合は、そこから雨水が侵入します。
ベランダに出るサッシの下部から水が入ることもあります。
排水溝の詰まりも雨漏りの大きな原因です。

ベランダでの雨漏りはこちらで詳しく解説しています↓

雨漏りしやすい箇所③外壁のクラック・コーキングの劣化

外壁のひび割れクラック

外壁材が劣化したり、コーキングが劣化したりするとそこから雨水侵入することがあります。
サイディング貼りの住宅は要注意です。
寒冷地の場合、低温でサイディング自体がわれて雨漏れが発生することもあります。

外壁についてはこちらの記事で詳しく解説しています↓

雨漏りしやすい箇所④窓やサッシ

引き違い窓

意外と多いのが窓からの雨漏り。
サッシの下、窓と外壁の取合い部から雨漏りすることが少なくありません。
特に天窓と出窓は雨漏りリスク大です。

このように、雨漏りは家中のどこでも発生する可能性があります。
雨漏り=屋根とは限らないので、しっかりと雨漏り箇所を見極めることが非常に大切なのです。
しかし、お値段を売りにした屋根業者さんは、原因を特定することなく「水漏れ箇所の真上修理する」などの杜撰な雨漏り箇所特定作業しかしないので、雨漏りが再発するのです。外壁が原因なのに、屋根を修理しても雨漏りは改善しませんよね。
雨漏りの箇所を特定するためには、専門性の高い知識と経験が必要不可欠なのです。

窓枠・サッシでの雨漏りについてはこちらの記事で詳しく解説しています↓

雨漏りの再発が引き起こす二次災害

雨漏りの二次災害

雨漏りの再発は、家の寿命を急速に短くします。

まずは雨漏り箇所の構造材は水によって徐々に腐食して強度が低くなる上に、シロアリを呼び寄せます。
日本の家は、いたるところに重要な柱が通っていますので、雨漏りをすればその中のどれかは影響を受けます。

さらに、再発するたびに原因を特定できないままあちこち修理すると、それだけ家の耐久性は下がります。
不要な部分を切ったりはったりすれば家も人間も弱ってしまいますよね。

さらに、雨漏りが何度も繰り返されると、建物の中の水分量が増えて、壁内にカビが繁殖します。酷い場合は、内装の壁紙や天井板までカビだらけ。
家の中のカビは、アレルギー性鼻炎や、喘息、肺炎などの原因になることが知られており、特に小さなお子さんや高齢者は要注意です。

雨漏りを再発を繰り返すたびに、家と家族の健康が徐々に脅かされるのです。

雨漏りの再発を防止するには?

ガルバリウム鋼板の修理

雨漏りの再発を防ぐためには、最初の業者選びが一番大切です。価格の安さだけで業者を選ばないでしっかりと見極めて依頼しましょう。
次の章でさらに詳しく解説していきます。

雨漏り修理の費用に関しての記事はこちらで解説しています。↓

しっかりと雨漏り調査を行い原因を突き止める

なぜ雨漏りするの?

雨漏りの調査は、基本的に目視と散水試験調査を使用して行われる場合が殆どです。
目視でちょろっと見ただけで、見積もりを出してしまう業者さんには注意が必要です。もちろん、目視だけで原因がわかることもありますが、それはプロが長年経験してきた雨漏りのパターンを熟知しているからこそ、できる技で一般の業者さんが見分けるのは難しいのが現実です。

その他の調査の仕方として、赤外線調査・発光液調査などが挙げられます。発光液調査に関しては、散水試験調査と一緒に行います。

このように、目視だけでなくしっかりと調査をしてくれる業者に頼むのが好ましいです。

それでは、一つ一つ雨漏りの調査方法をご紹介していきます。

雨漏りの原因を調査する方法①目視調査

屋根の雨漏り調査目視

この調査方法は、あらかじめ雨漏りしている箇所を予測してから、疑いがある箇所を目で見て確認するという調査方法になります。

この方法が使用できる方は、長年の雨漏り修理を経験しているプロだけです。あまり経験ない方が目視で調査をしてしまうと複数箇所で雨漏りしていた場合や、複雑な場合にしっかりと治せていないケースが起きてしまうのです。雨漏りの原因は単純なものばかりではないので、しっかりと散水等の調査を行って原因を確実に突き止めてもらいましょう。

雨漏りの原因を調査する方法②散水調査

雨漏りの散水試験調査

散水試験調査とは、雨漏りしている原因と思われる箇所にシャワーを使い水をかけ、雨漏りを再現することで原因を突き止める方法です。
雨漏りの原因が
複雑でも、水をかける順番を変えたりすることで特定でき、雨漏り修理のプロが散水試験を行うことで高確率で原因を特定できる調査方法になります。

雨漏りの原因を調査する方法③赤外線調査

Infrared-survey-rain-leak.jpg