窓枠・サッシから雨漏り!?原因と対処方法、補修方法について解説

窓サッシの雨漏り 未分類

すぐに窓・サッシの修理・メンテナンスや、雨漏りの調査・修理業者を探している方は、一度屋根雨漏りお医者さんのサイトをご覧ください。

雨漏り修理

この記事で分かること

窓・サッシの雨漏りの原因
雨漏りの補修方法
修理費用の相場

窓・サッシから雨漏りするのは何が原因?

雨が降ると窓枠から雨漏りするのはなぜ?

風が強い雨の日や、大雨が降ると窓枠・サッシから雨漏りしていたってことはありませんか??

また、気付いたら窓周りが濡れている経験はありませんか?

この記事では、窓枠・サッシから雨漏りする原因とその対処方法について詳しく解説していきます。

窓枠・サッシからの雨漏りの原因

窓枠の雨漏り

雨漏りと聞くと天井からポタポタ雨水が垂れてくる、天井に雨染みができているなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、窓サッシに雨漏りの症状が現れることもよくあります。

窓枠・サッシからの雨漏りは、直接窓やサッシ自体に原因があって起こっているとは限らないです。

窓枠・サッシ周辺の不具合によって間接的に雨漏りが起きていることが多いです。

また、逆に、窓・サッシから入り込んだ雨水が、別の箇所に影響を与えることもあります。

窓枠・サッシからの雨漏りでは以下のような原因で雨漏りが起きていると考えられます。

①コーキング・防水紙・防水テープの劣化
②外壁のひび割れ
③窓上のベランダ
④窓近くの雨仕舞いの劣化
⑤引き違い窓の隙間
⑥施工不良

窓枠サッシの雨漏りの原因①コーキング・防水紙・防水テープの劣化

窓枠・サッシ の劣化

コーキングとは、部材の隙間を埋めるためのゴム状の建材です。

窓枠やサッシ周辺にはもちろん、屋根や外壁、室内など至る所でコーキングは使用されています。

このコーキング材は、非常に劣化しやすく、雨・紫外線・温度変化によって硬くなると、ひび割れや剥がれなどといった劣化が生じ、隙間ができます。

そのサッシや窓枠の隙間から雨水が侵入することで、下地となっている防水紙や防水テープにもダメージを与える要因になります。

また、サッシを長年使用することで、地震や家の歪みの影響を受け、サッシ部品同士のつなぎ目部分に隙間が生まれます。

そうすると、窓やサッシのパッキンが剥がれたり浮いたりし雨漏りを誘発してしまうのです。

窓枠サッシの雨漏りの原因②外壁のひび割れ

外壁のひび割れ

外壁のひび割れも雨漏りする原因の要因です。

外壁材によっては屋根材同様に塗装によって防水効果をもたらしている物もあるため、その塗装が劣化により落ちてしまうと、耐水性を失い、水分を吸収してしまいます。
その水分を吸った状態で乾燥すると同時に外壁にひび割れが生じてしまうのです。

外壁の内部には防水シートが施されているため、少しのひび割れ程度でしたら問題ありませんが、窓枠・サッシ周りは施されていないこともあるため雨漏りしやすくなります。

窓枠サッシの雨漏りの原因③窓上のベランダや、換気扇、配管設備の不具合

笠木の雨漏り調査

雨漏りが発生している真上にベランダがある場合、そこから雨漏りが発生している場合があります。

ベランダで雨漏りが発生する原因としては、部材の隙間にあるコーキングの劣化・笠木の破損・防水塗装の劣化・排水溝の不具合などが挙げられます。

また、換気扇や配管設備などと、外壁の隙間から雨水が侵入し、外壁内部を伝って窓に影響を与えることもあります。

窓枠サッシの雨漏りの原因④窓近くの雨仕舞いの劣化

窓枠の雨漏り

窓の上などについている雨仕舞いや、水切り金具が劣化・破損することでも雨漏りは引き起こります。

何かの衝撃で破損した場合や、コーキングの劣化などで雨漏りが発生することがあります。

窓枠サッシの雨漏りの原因⑤引き違い窓の隙間

窓枠の雨漏り

二枚以上の窓が交差して開け閉めできるような窓のことを引き違い窓と呼ばれ、住宅の様々な箇所で使用されています。

大雨の際や台風などの強風時にはその隙間から入り込んでしまうことがあります。

不具合ではないので、雨戸を閉めるなどの対策で防ぎましょう。

窓枠サッシの雨漏りの原因⑥施工不良

雨漏り修理

まだ建物を建てたばかりで、窓枠・サッシから雨漏りする場合には施工不良を疑う必要があります。

窓やサッシを取り付ける際には、防水シートや防水フィルムを先に取り付けるなどして雨漏り対策を行っています。

ですが、防水シートを貼り忘れていたり、貼る場所を間違えていたりすると施工不良により雨漏りは発生します。

新築であっても施工不良の場合には雨漏りが発生するため、まずはじめに疑う必要があります。

窓サッシの雨漏りで原因特定が難しい例

窓サッシの雨漏り

雨漏りの修理をする際、まず雨漏りの原因となっている箇所を見つけることが大事です。
原因を見つけられないまま修理してしまうと、根本的な解決にはならず再び雨漏りしてしまうからです。

窓サッシからの雨漏りで原因の特定が難しい場合があります。
例えば、2階の窓が原因で、1階の天井に雨染みができてしまっているケースです。

このように、雨漏りしている箇所とは、原因箇所が違う場合、特定が一気に難しくなります。

窓枠・サッシからの雨漏り修理方法

コーキング補修

少ししか雨漏りしていないからということで雨漏りを放置してしまうと被害が拡大して建物の内部にまで腐食が起きてしまうこともあるため、早めに修理を行いましょう。

窓枠・サッシからの雨漏りの修理方法は以下のような方法になります。

外壁クラックの修理

外壁のひび割れ

外壁のひび割れが原因で起きている場合、雨水が侵入しないように修理を行う必要があります。

修理方法としては、コーキングやモルタルで雨水の侵入口を埋める方法が一般です。

修理する際は、しっかりとサンダーなどを使用してからクラックを埋めるような業者に依頼しましょう。

塗装だけで修理を済ませてしまう業者には注意が必要です。

塗装が劣化した際に再度隙間が生じて雨漏りが発生してしまいます。

外壁の張り替え

外壁の修理

外壁材に大きな損傷や変形が見られる場合、外壁材内部の下地にまで雨漏りの被害が及んでいるため、外壁の張り替えなど大規模な工事が必要になる場合があります。

サッシ周りの防水紙や防水テープの劣化が原因の場合にも、外壁を解体して補修を行うことで根本的な解決が可能です。

コーキングの打ち直し・ゴムパッキンの交換

コーキング補修

コーキングが劣化して雨漏りが発生している場合には、コーキンングを打ち直す必要があります。

打ち増しという方法もありますが、下のコーキングが剥がれてしまえば一緒に剥がれてしまうためお勧めいたしません。

しっかりと打ち直しをしてくれる業者に依頼しましょう。

また、ガラス部分のゴムパッキンの交換が必要な場合もあります。

窓・サッシ自体の交換

コーキングをしてもダメな場合や、構造的にも補修が難しい場合には、窓サッシ自体を交換する場合があります。

交換する際は、今まで使用していた窓サッシよりも気密性・断熱性の高い窓にすることで、将来、窓サッシから雨漏りが引き起こるリスクを減らすことができます。

屋根雨漏りのお医者さんの無料点検なら、お住まい全体をチェックし、総合的な診断を行います。
ぜひお気軽にご相談ください!

窓枠サッシ雨漏りの応急処置方法

雑巾

窓枠・サッシで雨漏りが発生した際は、要らなくなったタオルや雑巾で拭き取ったり、新聞紙や吸水シート・ペットシートなどで吸い取る方法がおすすめです。

カーテンや、小物・電気器具がある場合には外し、濡れて被害が広がらないよう移動させましょう。

雨漏りの原因が分かっている場合には、防水テープをはり、一時的に凌ぐのも一つの手です。

手っ取り早く効果がありそうな防ぎ方の一つとして、雨戸を閉めるというものがありますので、雨が降っている際は試してみるのをお勧めいたします。

コーキング材を使用した窓やサッシの補修

よくホームセンターなどでコーキング材が売られており、Youtubeなどで簡単そうにやってのける動画を視聴することで自分でもできる!と思ってしまう方もいますが、根本的な原因、家の構造を理解していないまま使用するのは危険です。

適当にサッシの隙間をコーキングで塞いでしまうと、行き場をなくした雨水が別の場所に流れ、他の箇所で雨漏りを引き起こすことがあるので、無闇にコーキングを使用するのは控えましょう。

雨水の出口を塞いでしまうと、雨漏り修理業者を呼んだ場合に原因究明が難しくなったりする要因にもなります。

窓枠・サッシの雨漏りの修理費用相場

雨漏り修理の費用

窓枠・サッシからの雨漏り修理費用は、雨漏りの原因や発生箇所・業者によって大きく変わります。
大まかな目安として参考にしてみてください。

窓の交換工事が必要な場合には、修理費用の目安は約20~50万です。

雨仕舞いの修理であれば、修理費用の目安は約5~30万ほどです。

窓まわりのコーキングの打ち直しで済むようであれば、修理費用の目安は約3~10万です。

防水シートの張り替え工事が必要となる場合には外壁材を剥がす必要があるため高額になります。
修理費用の目安は約30~100万です。

原因によって修理費用は大きく異なるため、正確な修理費用が知りたい方は信頼できる優良な雨漏り修理専門業者に見積もりを依頼することをオススメいたします。

窓・サッシからの雨漏り まとめ

まとめ

窓枠・サッシからの雨漏りの多くは、コーキングの劣化によるものが多いですが、その他にも原因は多々あります。

コーキングによる修理方法は、打ち増しでなく、打ち替えをしてくれる業者を選びましょう。

少しの雨漏りだからいいやと放置してしまうと被害が拡大してしまい気付いた頃には修理費用が高額にかかってしまうことになってします。

ですので雨漏りの初期段階で気づき早めに修理を行ってしまいましょう。

火災保険が使用できる場合もありますので、保険対応してくれる業者に見てもらうことをお勧めしています。

屋根雨漏りのお医者さんでは、全国で無料調査・保険対応も行っていますので、業者選びの候補の一つに入れていただければ幸いです。

兵庫県の雨漏り修理業者柴田

こんにちは
屋根雨漏りのお医者さん兵庫県担当の柴田です。
弊社は、雨漏り修理専門のプロ集団で構成された会社です。
私自身は、基幹技能士・一級建築板金技能士など数多くの資格と表彰状を保有して活動しております。

総合実績11万件以上で皆様の知る建物を数多く修繕してきました。

タイトルとURLをコピーしました